カオナビ、人事データの抽出・分析が素早く行える 新機能『SHEET GARAGE』を10月24日(水)よりリリース

株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役社長 柳橋 仁機、以下「当社」)は、現場でも人事データの抽出や分析が素早く行える機能『SHEET GARAGE』を 2018年10月24日(水)よりリリースします。

【2018年10月24日 株式会社カオナビ

SHEET GARAGE の概要

『SHEET GARAGE(シートガレージ)』は、クラウド人材管理ツールである『カオナビ』上に登録されている社員情報のうち、比較・分析したい項目を各自が付与された権限の範囲内でデータの一括出力や閲覧ができる機能です。


本機能のリリースにより、各社は『カオナビ』の管理者権限を持たない社員でも、与えられた権限の範囲内でデータのダウンロードが可能となり、役職やポジションに適うデータ分析をもとにした人材マネジメントを行うことができます。セキュリティ面においても、権限の範囲を越えた情報がダウンロードされる心配もないため、安全に利用することができます。


■SHEET GARAGE のリリースによってできること
@『カオナビ』で管理する項目ごとに、複数の社員情報をまとめて閲覧し、分析に活用
例)「評価情報」を管理している場合
各社員の評価情報をまとめて閲覧できるため、従業員同士の比較が容易くできるようになります。さらに、指定した社員の評価情報を一括でダウンロードし、分析に活用することができるため、人材配置や抜擢に役立ちます。


A数値データの平均値・合計値がわかり、定量的に組織の分析をすることが可能例)「残業時間」を管理している場合
『カオナビ』上の社員情報に毎月の残業時間を入力・更新すると、『SHEET GARAGE』上に一人あたりの平均・合計の残業時間が自動で反映されます。個々の平均残業時間が視覚化され、マネジメントに活用することができます。


■SHEET GARAGE のリリースの背景・今後の展望
SHEET GARAGE は『カオナビ』を活用するお客様の抱える課題を解決すべく、開発した機能です。当社は、お客様の声をヒントに課題解決・改善を重ね、更なるお客様満足度の向上・各企業の業務効率化を支援します。そして、各企業への働き方改革の推進に向け、2020 年には導入企業3,000 社を目指します。

【人材マネジメントプラットフォーム『カオナビ』とは

『カオナビ』は、顔写真が並ぶシンプルな画面から一 元化された人材情報をクラウド上で簡単に共有できるプラットフォームです。社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの人材情報を一元管理して可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった人材マネジメント業務をサポート。あらゆる人材マネジメントの課題を解決し、企業の働き方改革を実現する HR テクノロジーサービスとして、2012 年のリリース以降、業種・業態を問わず 1,100 社以上の経営者や現場のマネジメント層に選ばれています。

会社概要

会社名株式会社カオナビ
業務内容人材マネジメントツール『カオナビ』の製造・販売・サポート
URLhttp://www.kaonavi.jp/

お問い合わせ先

株式会社カオナビ 広報担当:松下・宮地
TEL: 03-5775-3823 FAX:03-5775-3824 Mail: pr@kaonavi.jp

株式会社カオナビ その他のリリース

「SPI3」を社員のマネジメントに本格活用カオナビ、適性検査の「SPI3」の正式提供開始 (2018.9.19)
日本初!カオナビが人材紹介会社の求職者データベースと社内人事システムの直接連携を実現 (2018.8.23)
「人材データプラットフォーム構想」発表 (2018.8.14)
人事評価業務の「脱エクセル」を実現して、評価業務期間を2週間から1週間に半減させた飲食企業の事例 (2018.11.15)
カオナビ、人材データプラットフォーム構想の実現に向け、β版「KAONAVI HELLO」をリリース (2018.10.11)
『顔と名前の一致』が社員のパフォーマンスに及ぼす影響について共同研究実施 (2018.9.26)
カオナビに関わるすべての企業や人の共創・交流の場 「カオナビのWA」 発足記念ユーザーミーティング開催 (2018.5.23)
株式会社オープンハウス、カオナビを導入 (2016.3.9)
株式会社モバイルファクトリーがカオナビを導入 (2016.3.30)
日本最大規模のホットヨガ「LAVA」を運営するベンチャーバンク社が、カオナビ」を導入 (2016.4.21)
日本国内最大級の低価格ストックフォトを運営するピクスタ社がカオナビを導入 (2016.4.13)
史上最速で東証一部に市場変更したエイチーム社がカオナビを導入 (2016.4.6)
株式会社ディー・サインがカオナビを導入 (2016.3.16)
Syn.ホールディングス株式会社、カオナビを導入 (2016.3.2)
ニスコム株式会社、カオナビを導入 (2016.2.10)
株式会社ブロッサム、カオナビを導入 (2016.2.3)
ソネット・メディア・ネットワークス株式会社、カオナビを導入 (2016.1.27)
eコマースサイト「Oisix(おいしっくす)」を運営するオイシックス株式会社、カオナビを導入 (2016.1.20)
スマホゲームセカンダリ市場トップの株式会社マイネットが、カオナビを導入。 (2016.1.7)
ラグビーU20日本代表ヘッドコーチ中竹竜二氏、代表選手選抜ツールとしてカオナビを導入。 (2016.1.7)
株式会社リッチメディア、カオナビを導入。 (2015.9.9)
ビル総合管理業の新生ビルテクノ株式会社、カオナビを導入。 (2015.9.16)
公益財団法人岡山県環境保全事業団、カオナビを導入。 (2015.10.14)
株式会社ビデオリサーチ、「カオナビ」を採用。 (2014.10.6)