コーン・フェリー 日本の3ブランド統合と、新経営体制に関するお知らせ

コーン・フェリーは、2019年8月1日に日本の3法人、日本コーン・フェリー・インターナショナル株式会社、コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社、フューチャーステップ・ジャパン株式会社を統合します。

【2019年6月27日 コーン・フェリー・ジャパン株式会社

統合後の新社名は、「コーン・フェリー・ジャパン株式会社」となり、今後3社の事業については、コーン・フェリー・ジャパン株式会社が全てを継承することになります。

グローバルな組織コンサルティングファームのコーン・フェリー(NYSE: KFY)は、2019年8月1日を効力発生日として、日本における三つの法人、日本コーン・フェリー・インターナショナル株式会社、コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社、ならびにフューチャーステップ・ジャパン株式会社を統合することを、当該3社の取締役会および株主総会にて正式決定いたしました。統合後の新社名は、「コーン・フェリー・ジャパン株式会社」となり、今後3社の事業については、コーン・フェリー・ジャパン株式会社が全てを継承することになります。
また、コーン・フェリー・ジャパン株式会社の新しい経営体制は、日本共同代表に、滝波 純一および五十嵐 正樹が就任いたします。 (旧)日本コーン・フェリー・インターナショナル株式会社の代表の妹尾 輝男、(旧)コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社の代表の高野 研一は退任し、コーン・フェリー・ジャパン株式会社の会長にそれぞれ就任し、(旧)フューチャーステップ・ジャパン株式会社の代表の福岡 武彦は退任いたします。

【日本共同代表プロフィール】
滝波 純一
京都大学工学部卒・同大学院応用システム科学修士、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)経営学修士(MBA)
東レ株式会社、ボストン・コンサルティング・グループを経て、コーン・フェリーに入社。シニア クライアント パートナーとして、金融、医薬品、消費財、流通、情報通信、等の幅広い業界に対し、組織改革、リーダーシップ開発、グローバル人事制度設計、M&A支援等、コンサルティング経験を豊富に有する。

五十嵐 正樹
慶応義塾大学法学部卒
株式会社トーメンにて米国駐在(デンバー、シカゴ、ロサンゼルス)期間含め一貫して産業機械ビジネスに従事。その後、米Factory Automation企業の日本法人代表兼アジア太平洋地域のリージョナル・ヘッド、グローバルエグゼクティブ・サーチ企業を経て、コーン・フェリーに入社。シニア クライアント パートナーとして、産業財全般における外資系・日系企業のCEO及び上級管理職の採用プロジェクトを統括。

【コーン・フェリーについて】
コーン・フェリーは、グローバルな組織コンサルティングファームです。
クライアントが戦略と人材をシンクロナイズさせることで優れたパフォーマンスを発揮する支援をします。企業の組織構造やポジションとその責任を設計し、クライアントの戦略を実現する人材の採用・選抜を支援します。同時に、社員の処遇・育成・動機付けといった課題についてもコンサルテーションを提供します。

会社概要

会社名コーン・フェリー・ジャパン株式会社
業務内容・組織デザイン
・アセスメント&サクセッション
・タレントアクイジション(人材採用)
・リーダーシップ開発
・報酬制度&福利厚生

-各種調査診断・分析サービス
-研修、トレーニングプログラム
-報酬比較調査
-社員エンゲージメント調査
URLhttps://www.kornferry.com/jp

お問い合わせ先

コーン・フェリー PR&Marketing 川崎晃一
Tel: 03-6267-3600 (代表)/Email:koichi.kawasaki@kornferry.com
広報代理 株式会社グッドアングル 真角暁子
E-mail:masumi@goodangle.co.jp

コーン・フェリー・ジャパン株式会社 その他のリリース

コーン・フェリーとJリーグ 競技力と経営力の相関に関する調査(TCMS) を共同で実施 (2019.5.23)
コーン・フェリーとクアルトリクス、新しいパートナーシップを発表 (2019.4.16)
コーン・フェリー「2019年度 世界の報酬動向」調査結果を発表 (2019.2.8)
コーン・フェリー 社員エンゲージメントアワード2018 -日本企業から三菱商事株式会社が受賞 (2018.12.20)
コーン・フェリー・ヘイグループ 「2018 年度 世界の報酬動向」調査 (2017.1.16)