人事実務

  • 人事実務

    2018年6月号

    人事実務

    毎月1日(月1回発行、年間12冊)
    A4判変型・毎号82頁
    年間購読料 46,980円(税込・送料サービス)
    発行:株式会社産労総合研究所

最新号の内容

特集 テクノロジーは働き方改革をどう進める

解説 「拡張労働力の活用」による生産性改革 福村直哉

 福村直哉

◎インタビュー  RPAとは何か

大角暢之

◎事例1 住友林業グループ

◎事例2 サッポロビール

◎事例3 富士通マーケティング

次号の内容

特集 外国籍社員の採用

◎インタビュー1

世界中の人材に、日本企業で活躍してもらうには
フォースバレーコンシェルジュ 柴崎洋平

◎解説

外国籍人材を採用するにあたって知っておくべきこと
行政書士法人 KIS 近藤法律事務所 近藤秀将

◎事例

モバイルファクトリー/琉球インタラクティブ ほか

◎インタビュー2

外国人留学生が日本で就業するには
ソーシャライズ 中村拓海
連載

◎企業の採用最前線

東京海上日動システムズ

◎就職・キャリア支援の取組み

横浜市立大学

ほか

概要

景気状況、労働力の不足、労働者意識等の変化により、人事の仕事は大きく変革していくことが予測されています。

「人事実務」は、特に「働き方改革」と「キャリア形成支援」の重要性に着目した誌面展開を行っています。

長期的な視点で、組織の推進力となる戦略的人事施策を見据えながら、人事担当者が直面する日々の課題解決のヒントとなる情報提供を行います。

特集では、近年の人事管理における重要課題をタイムリーに設定し、詳細な解説記事や、関連する企業・団体等の事例(各2〜3社程度)取り上げています。

連載記事では、近年の人事担当者がふまえておくべき事象について、大学教授、弁護士、社会保険労務士、税理士など、豊富な執筆陣が解説しています。

企業の推進力として、人材施策に積極的に取り組む経営者・人事担当者にお届けする戦略人事推進マガジンです。

社名 株式会社産労総合研究所
本社 〒112-0011
東京都文京区千石4-17-10 産労文京ビル
03-5319-3636
代表 代表取締役社長 平 盛之
資本金 1,000万円
従業員数 80名
事業内容 定期刊行誌・書籍出版、セミナー事業、コンサルティング事業
HP https://www.e-sanro.net/