HRテックとは?人事システムの違いや導入ポイントなど生産性向上におすすめのツールを紹介

人事業務に最新のテクノロジーを導入する「HRテック(HR(Human Resource):人的資源」「テクノロジー(Technology)」を掛け合わせた造語)が世界的に注目され日本でも多くのベンダーがツールを提案しています。
テクノロジーの進歩が加速している中で、現在そして将来に向けてAIやビッグデータ解析といったテクノロジーを活用することで、人事業務を効率化し、質を向上させていくことが、企業の経営戦略として求められています。

そこで今回はHRテックとこれまでの人事システムとの違い、導入のポイント、生産性向上のためのツールを紹介します。

目次

HRテックとはなにか。これまでの人事システムとの違い

HRテックとは、 人工知能(AI)、ビッグデータ、クラウドなどの先端テクノロジーを駆使し、採用・育成・評価・配置のあらゆる人事業務を効率化させ、質の向上を目指すサービスです。

これまでの人事システムと異なる点は、大きく分けて次の2点です、

・クラウドやビッグデータ解析、ロボティクス、AI 、VR、ARなど最先端技術を活用する点
・インターフェイスや操作性が大きく改善され、大幅な生産性向上が見込める点

世界的に、経営戦略の上で人事が果たす役割が重要視されるようになり、HRテックの普及が加速したといわれています。
日本においてもHRテック市場は拡大を続けています。

HRテックの活用のポイント

現在の日本企業がHRテックを活用するポイントとしては、大きく分けて「人事部門のリテラシーの向上」と「コロナ影響下でのDX」という2つの活用促進ポイントがあるでしょう。

ただし、HRテックを有効に活用するためには、活用をしていくための土壌を作ることが重要です。
土壌ができてこそHRテックが人事業務に効果的に活用できるのです。

まずHRテック活用のための土壌をつくる

HRテック活用のための土壌をつくるためには次の3つの点に注目する必要があります。

・改善したい業務領域とその課題から検討する。
・人事戦略におけるHRテックの位置付けと運用体制を明確にする。
・人事業務を向上するための目標を設定する。

人事部門のリテラシーを向上させるHRテックの活用例

HRテックが活用される領域は、主に「採用管理」「労務管理」「育成管理」「組織管理」があります。
HRテック導入は、人事部門をはじめ、組織や従業員にとっても有益な改善につながるのです。
それぞれの人事管理における活用例は以下になります。

採用管理におけるHRテックの活用例

・面接官の評価基準のブレをなくす
・正確な人事評価を行う
・自社に最適な人材を選別する
・スケジュール管理や採用候補者との連絡などの管理業務のシステム化

育成管理におけるHRテックの活用例

・研修システムの分析と改善
・エンゲージメントの測定

労務管理におけるHRテックの活用例

・勤怠、休暇などの様々な労務管理データの一元管理
・給与計算等の日常業務のシステム化

組織管理におけるHRテックの活用例

・社員の人事基本情報の管理
・社員のスキル、経験、資格、評価などの一元管理
・社員の目標管理

差し迫ったDX コロナ影響下における促進

新型コロナウイルスの影響により、企業におけるDXの促進が求められています。
新型コロナウイルス収束のめどが立たない中、ウィズコロナの時代を勝ち残っていくためには、人事業務の効率化を加速させる必要性があります。
DX促進の解決策としてHRテックの活用が有効なのです。

人事の生産性向上に役立つツール

HRテックは多くのベンダーが人事の生産性向上に役立つツールを提案しています。
ここでは、「採用管理」「育成管理」「組織管理」という人事の3つの重要な業務に活かせるツールを紹介しましょう。

採用管理の生産性向上

HARUTAKA(ハルタカ)

クラウド上に蓄積された動画を見て候補者を選考できる録画動画選考や、候補者が離れた場所にいても管理画面上で時間を調整してリアルタイムでの面接を可能にするライブ面接機能など、採用活動の生産性向上に役立ちます。

育成管理の生産性向上

SumTotal Talent Expansion® suite

蓄積されてきた組織全体の知識や経験をビックデータ化し、従来のeラーニング・システムやタレント・マネージメント・システムの問題点を解決します。
自発的かつ継続的に人材を育成することにより、「教育と育成によって進化する組織」を実現します。

Core

AIを活用した研修内容の質問の自動配信やリマインド、受講者同士でディスカッションできるオンラインフォーラムなどの機能をもちます。
個々の社員の学習状況やスキルを見える化し、人材育成だけでなく人事評価の指標としても活用可能です。

組織管理の生産性向上

Oracle HCM Cloud

人材・組織管理に必要なすべてのデータがひとつのデータベースで管理されており、必要な情報がリアルタイムにアクセスでき、容易な分析が可能です。

SAP SuccessFactors

人材にかかわるあらゆる情報を一元的に管理し、人材戦略を立てやすいビューとして見せるシステムです。
AIによる幹部候補選出機能もあります。

WILL CANVAS

従業員に対する意識調査をベースに組織の現状を可視化し、自律的な組織変革につなげるクラウドサービスです。
組織のありたい姿の明確化やKGI、KPIの設定をサポートし、KPI達成に向けた施策選択・進捗管理やレポートをクラウドでリアルタイムに確認できます。

まとめ

・人事業務に最新のテクノロジーを導入するHRテック(HRTech)がグローバルで注目され日本でも多くのベンダーが人事の生産性向上に役立つツールを提案している。

・HRテックとは、 人工知能(AI)、ビッグデータ、クラウドなどの先端テクノロジーを駆使し、採用・育成・評価・配置のあらゆる人事業務を効率化させ、質の向上を目指すサービスである。

・現在の日本企業がHRテックを活用するポイントとしては、大きく分けて「人事部門のリテラシーの向上」と「コロナ影響下でのDX」という2つの活用促進ポイントがある。

 

Recommend おすすめ記事
サムトータルのソリューション
人材の可能性を引き出したい!
今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
サムトータルのソリューション詳細はこちら
ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
PAGE TOP