LMS(学習管理システム)とは?機能・おすすめサービス・活用シーンまで総解説

LMS(学習管理システム)は、効果的で効率的な学習管理が可能となるシステムとして、企業の研修や大学の講義、医療現場などで活用がすすんでいます。
そうした状況から、今後LMSの活用を考えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、LMSとはどんな意味なのか、機能、使い方、導入のメリット・デメリットを活用事例とおすすめのLMSサービスの比較を含めて解説します。

記事をお読みいただき、LMSに対する理解を深めてもらえたらと思います。

LMS(学習管理システム)とは?

LMSとはLearning Management Systemの略で、学習管理システムを意味します。

具体的にはe-Learningを実施する際のプラットフォームとなるシステムのことを指します。

LMSを導入することで、教育機会を提供する教育担当者は「学習教材」や「進捗状況」、「学習成果」などを一元管理できます。

教育を受ける受講者は「受講」、「受験」、「教育担当者への問合せ」などの学習に関する一連の活動を行う、企業専用の管理画面ポータルサイトや社内ポータルサイトとして活用できます。

 LMS開発の背景

LMS開発が必要とされるようになった背景には、eラーニングの普及がありました。

インターネットの普及などに伴い、オンラインでのeラーニングの学習環境が生まれたことにより、企業がeラーニングを採用する機会が拡大しました。

eラーニングの活用増加に従い、eラーニングを管理運営する研修担当者などの業務負担が大きくなりました。そのため管理システムであるLMSのニーズが高まり、開発が進んだのです。

関連記事:LMSの歴史と背景

LMSのの近年の傾向

LMSは近年、学習機会だけを扱うだけではなくなっています。受講生の学習促進やモチベーション維持を目的として、教育担当者からの学習指導や受講生間のコミュニケーションを可能にする機能なども実装されています。
主なコミュニケーション機能には下記の機能などがあります。

機能詳細
掲示板/FAQ機能管理者からの「お知らせ」の掲示や、受講者からの「よくある問合せ」の掲示などを行う機能
メッセージ送信機能管理者から進捗率の低い社員への「学習促進」や、学習結果を踏まえた「学習指導」につながるメッセージを送信する機能
チャット/つぶやき機能受講生同士、または教育担当者も交えて、学習モチベーションの維持につながるコミュニケーションを促す機能
ライブ配信機能受講者に講座の映像と音声をライブで配信し、遠隔地での受講や拠点間を結んだ受講を可能にする機能

関連記事:進捗管理とコミュニケーション機能

LMSの機能

この章では、LMSの機能について「受講者向け機能」と「管理者向け機能」に分けて紹介します。

受講者向けの機能

機能詳細
講座閲覧・登録機能受講者が受講可能な講座を閲覧し、その中から受講希望、受講必須講座の履修登録を行う機能
学習機能受講者が履修登録した講座の動画やスライドなどの教材を閲覧して、学習時間や進捗率を確認する機能
受験機能受講者が学習成果を確認するテストの受験、レポート課題の提出、テストの成績やレポートの評価を確認する機能
その他の機能受講者が受講者向けのメニューにログインする機能や管理者に不明点を問い合わせる機能

管理者向けの機能

機能詳細
講座管理機能人事が講座の登録・編集、教材の作成・編集、講座と教材の紐づけを行う機能
受講者管理機能人事が受講者の登録、受講者と講座の割り当て、受講可能期間の設定を行う機能
履修管理機能人事や上司が受講者の学習状況や成績の確認、教育担当が提出されたレポートの採点や評価を行う機能
その他の機能人事や上司が管理者向けのメニューにログインする機能、受講者からの問い合わせに回答する機能

LMSが導入・活用されているシーン

この章では、LMSが具体的にどんなシーンで使われているかを3つ紹介します。

・企業の研修にLMSを導入・活用
・大学の講義など学習環境向上にLMSを導入・活用
・医療現場のチーム制診療支援にLMSを導入・活用

企業の研修にLMSを導入・活用

企業研修でのLMSの導入事例としては、仕事に必要な各種のビジネス・スキル、プロジェクト・マネジメント・スキル、ITスキルなどの育成のための研修や、プロフェッショナルとしての模範的行動(コンピテンシー)や法令遵守(コンプライアンス)の習得のための研修などがあります。

LMSを導入することで体系的、計画的に管理する仕組みを作ることができます。

サムトータル・システムズ社の提供するLMS「SumTotal Learn」は、多くのクローバル企業に採用されているソリューションです。

ここでは、SumTotal Learnの活用事例を紹介します。

ITコンサルタントA社
従業員向けの学習ツールとして最新のシステムを利用して効果的にスキルアップをはかることを目的として、サムトータル・システムズ社の提供するLMS「SumTotal Learn」を導入しました。

「SumTotal Learn」のメリットは、ユーザーインターフェイスが工夫されているため、eラーニングを活用して学習する従業員が、自分自身で学習進捗や能力の向上を確認できる点です。そのため、意欲的にスキルアップができています。

従業員が、プロフェッショナルな人材として学習しスキルアップすることで、顧客満足度を向上させるメリットも確認できています。

研究開発 B社
従業員向けの福利厚生を目的としたeラーニングのツールとして、サムトータル社の提供するLMS「SumTotal Learn」を導入しました。

もっとも大きな活用メリットとして、以前使用していたeラーニングシステムと比較すると、最先端の技術が取り入れられているため使いやすく、現場でも受講する従業員が増加した点があげられます。

航空会社C社
社内で構築した学習コースの効率化を目的として、サムトータル社の提供するLMS「SumTotal Learn」を導入しました。「SumTotal Learn」を活用して、学習コースに参加した数千人の従業員の「進捗状況」「学習成果」を管理しています。

LMS「SumTotal Learn」の活用メリットは、従業員の学習環境を大きく拡大出来たことです。サムトータル・システムズ社が提供するAndroid(アンドロイド)、iPhone(アイフォーン)用のモバイルアプリを使用しモバイルプラットフォームでコンテンツを数千人の従業員に向け展開できています。

大学の講義など学習環境向上にLMSを導入・活用

教育の分野においてもDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進で、LMSの導入が始まっていましたが、新型コロナウイルスの影響により、キャンパスでの講義が困難になった事で、さらにその必要性は高まりました。

現在では多くの大学などで、講義などの学習環境向上にLMSが導入され活用がすすんでいます。

LMSでは、インターネットが接続できれば、PC・スマートフォン・タブレットなどのモバイルから利用できる環境を整えています。
LMSを活用して、オンライン講義、教材の閲覧、テストの受験、課題の提出、成績の確認、掲示板の投稿、メールの送信などが実施されています。

また、講義においてアンケートによる対話を行うことで参加型授業を実現しています。
大人数の学生が参加する講義でも、一括での出席管理が可能なうえ、講義に必要な様々な資料も公開できるため、授業運営の生産性の向上が可能となっています。

【LMSを導入・活用している主な大学一覧】

医療現場のチーム制診療支援にLMSを導入・活用

医療現場では、長時間勤務や主治医制による一部の医師への負担の大きさが課題となっており、働き方改革を推進するうえで、「チーム制医療支援」が提案されています。チーム制医療支援を可能とするためには、医療における業務や看護へのナレッジマネジメントや情報共有が必要となります。

そこで、蓄積されたナレッジを経験の浅い若手医師や初期臨床研修医が学習できる場としてLMSの導入・活用がすすんでいます。知識とスキルに不安を抱く研修医などはeラーニングで、事前に診療に必要な基礎事項の確認などの知的スキルを獲得することができるわけです。

出典:教育システム情報学会  JSiSE2017 第42回全国大会
8月24日(木)企画セッション/医療・看護・福祉領域におけるICT等活用教育(2)
「医療におけるチーム制診療支援としてのグループウェア・LMS 活用方法」

LMSの使い方

この章では自社LMSサービスの使い方を、ステップ形式で解説します。

・組織・受講者の登録

はじめに、LMSサービスに企業や学校の組織を登録していきます。組織の部門や部署に変更があった場合は、変更や削除を随時行います。組織の部署などにおいて受講者の進捗を確認するマネージャーなどを設定していきます。組織構造に関わらず、受講者の属性に合った学習を割り当てるためのグループ設定をするケースもあります。次に、登録した部署やグループに受講者を登録していきます。

組織・受講者のLMSサービスへの登録は、手動で登録することもできますが、データから登録できるLMSの機能を使います。

・コンテンツ登録

組織・受講者の登録が完了したら、講座などのコンテンツを登録します。たとえば、講座であれば、講座を所属させるカテゴリー、講座ID、講座名、講師名、講座の概要などの基本情報のほか、講座の重要度、教材情報、テストの合否などの情報を登録します。

また、講座などに必要な教材がある場合は登録し、アップロードをしていきます。外部データが必要な場合は、URLを登録します。

・コンテンツ配信

コンテンツの登録が完了したら、受講者に合わせてコンテンツをメールなどで配信します。

LMS名主な機能料金
SumTotal Learn・集合研修、e-Learning、資格認定教育、外部研修管理
・出欠・成績管理
・会場・備品・講師などのリソース管理
・ユーザー管理
・各種レポート作成
要お問い合わせ
Learning Ware・ユーザー管理
・連絡管理
・研修管理
・動画配信
・初期費用 200,000円
ユーザー数に応じた月額費用 20,000円からの「ユーザー数プラン」など複数プランあり
KnowledgeDeliver・受講者・教材管理
・学習状況管理
・スキル・資格管理
・動画作成・配信機能
・550,000円(税込)/100ユーザー
・1,100,000円(税込)/1000ユーザー
・3,300,000円(税込)/サーバ(ユーザー数無制限)
CAREERSHIP・受講状況管理
・配信や進捗の管理
・研修、スキル管理
・動画ストリーミング配信
要見積り

関連記事
LMSの選び方のポイント

SumTotal Learn(サムトータル・システムズ株式会社)

SumTotal Learnは、数多くのグローバル企業に採用されているサムトータル・システムズ社が提案するLMSです。

グローバルな顧客対応や、標準で8言語(オプションで20言語以上)に対応しています。
SumTotal Learnの特徴は、強力な学習プラットフォーム、簡易なオペレーション、ユーザーインターフェイスの使いやすさ、コラボレーションやアクセスの容易さがあります。

特徴主な機能料金
・グローバル対応
・強力な学習プラットフォーム
・簡易なオペレーション
・ユーザーインターフェイスの使いやすさ
・コラボレーションやアクセスの容易さ
・集合研修、e-Learning、資格認定教育、外部研修管理
・出欠・成績管理
・会場・備品・講師などのリソース管理
・ユーザー管理
・各種レポート作成
要お問い合わせ

SumTotal Learn公式サイト

Learning Ware(株式会社プロシーズ)

Learning Wareは、導入企業2,400社以上、利用者累計100万人を突破したLMSです。

充実したセキュリティ対策と大規模な運用で、大手企業や官公庁から高評価を得ています。

18年の運用実績におけるノウハウを活かした、eラーニングから集合研修をカバーする研修管理機能や、数万人単位の大規模なユーザーにも対応できるクラウド対応、グローバルな展開を可能とする多言語対応、外部人事システムとのAPI連携などが特徴です。

特徴主な機能料金
・大規模なユーザーにも対応できるクラウド対応
・多言語対応
・API連携
・ユーザー管理
・連絡管理
・研修管理
・動画配信
・初期費用 200,000円
・ユーザー数に応じた月額費用 20,000円からの「ユーザー数プラン」など複数プランあり

Learning Ware公式サイト

KnowledgeDeliver(株式会社デジタル・ナレッジ)

KnowledgeDeliverは、2,000以上の企業や学校の学習管理実績があるLMSです。

教材作成から、受講生の学習管理、運用管理を一元管理し、マルチデバイスでの学習を実現します。

ユーザーニーズに合わせた新機能追加などのバージョンアップを年4回実施しており、ユーザーニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

ASP、オンプレミス、DKクラウド、パブリッククラウドなど、導入形態が豊富で、運用サポートやセキュリティ対策が万全なところが特徴です。

特徴主な機能料金
・年4回のバージョンアップ
・ニーズに合わせたカスタマイズ
・豊富な導入形態
・運用サポートやセキュリティ対策が万全
・受講者・教材管理
・学習状況管理
・スキル・資格管理
・動画作成・配信機能
・550,000円(税込)/100ユーザー
・1,100,000円(税込)/1000ユーザー
・3,300,000円(税込)/サーバ(ユーザー数無制限)

KnowledgeDeliver公式サイト

CAREERSHIP(株式会社ライトワークス)

上場企業売上TOP100社のうち、47%が導入した統合型システムです。

企業が抱える学習管理システムの悩みである、複雑な組織構造にシステム対応できていないケースに対する解決策として、多機能かつ開発不要な多くの人事システムとの連携実績があります。

使いやすいインターフェイス、多言語対応、マルチデバイス、高度なセキュリティ、高稼働率などが特徴です。

特徴主な機能料金
・使いやすいインターフェイス
・多言語対応
・高度なセキュリティ
・高稼働率
・受講状況管理
・配信や進捗の管理
・研修、スキル管理
・動画ストリーミング配信
要見積り

CAREERSHIP公式サイト

LMS導入のメリット・デメリット

この章ではLMS導入のメリット・デメリットを解説します。

LMS導入のメリット

まずは受講者・管理者それぞれのメリットを解説します。

受講者のメリット
・受講状況が把握しやすい
LMSの受講状況管理機能を使うことで、学習の開始から終了までの流れが把握しやすくなります。
・モチベーション維持が可能
LMSでは、学習の進捗率やテスト結果がリアルタイムに表示され、モチベーションを維持しやすくなります。
・得意分野・苦手分野の把握ができる
LMSでは、学習履歴を閲覧できるため、受講者自身が得意分野や苦手分野を把握することができ、学習計画に活かすことができます。
・場所を選ばず受講ができる
企業によっては時間と場所(IP制限など無い場合)を選ばず受講ができます。

管理者のメリット
・コスト抑制・迅速な導入
人事部門の導入メリットとして、一からシステムを構築する必要がないため、コストの抑制や迅速な導入が可能になる点があります。
・進捗状況やテスト結果を簡単に抽出できる
LMSを使うことで、受講者ごとの進捗状況やテスト結果を簡単に閲覧、抽出できます。
・個別指導に役立てられる
LMSによって、従業員の学習度合いが簡単にデータ表示できます。部下を現場で指導する上司として、データを個別指導に役立てることができます。
・業務時間の軽減
LMS導入によって、受講者の学習時間の集計やテストの添削が自動化され、担当者の業務負荷が軽減されます。
・受講者や教材の管理が容易になる
データをサーバ上で一元管理できるため、受講者や教材の管理などさまざまな管理が容易になります。

LMS導入のデメリット

次に受講者・管理者それぞれのデメリットを解説します。

受講者のデメリット
・LMSでは分かりにくい学習がある
LMSでは、動画を使った学習などができますが、実技研修の場面などでは、実際に対面で学習する場合と比べると、分かりにくいケースがあります。

・インターネット環境が必要
受講者がLMSで学習するためには、LMSに対応するパソコンやスマートフォンなどのデバイスとインターネット環境が必要になります。

・人的ネットワークを作りにくい
オンライン上で学習するLMSは、集合研修と異なり、リアルでのコミュニケーションをとることができません。LMSの機能を使って、オンライン上でコミュニケーションをとることは可能ですが、集合研修と比較すると人的なネットワークを作りにくい傾向があります。

管理者のデメリット
・従業員のパソコンスキルが必要
LMSのコンテンツを学習するためには、パソコンやスマートフォンなどのデバイスを操作するスキルが必要となります。管理者は、対象の受講者が簡単に操作できるLMSサービスを選択する必要があります。

・コンテンツ作成に時間と労力がかかる
LMSのコンテンツを企業や大学で作成するには、時間と労力がかかります。

・集合研修より強制力が弱い
LMSは、受講者が時間と場所を選ばず受講できるメリットがある一方で、集合研修と比較すると強制力は弱く、受講者の自主性が求められる学習システムになります。

LMSについてまとめ

LMSとは、Learning Management Systemの略で、学習管理システムを意味します。
LMS(学習管理システム)は、効果的で効率的な学習管理が可能となるシステムとして、その機能を使って企業の研修や大学の講義、医療現場などで活用がすすんでいます。
LMSの使い方は、組織・受講者の登録、コンテンツ登録、コンテンツ配信のステップで実行します。

今後も、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進や新型コロナウイルスの影響で、LMSの導入やリニューアルが拡大するでしょう。

今回はおすすめのLMSサービス4個を比較しました。
そのひとつであるサムトータル・システムズ社が提供する「SumTotal Learn」は、強力な学習プラットフォーム、簡易なオペレーション、ユーザーインターフェイスの使いやすさ、コラボレーションやアクセスの容易さが認められ、数多くのグローバル企業に採用されているLMS(学習管理システム)です。

「SumTotal Learn」にご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

サムトータル・システムズ社の提供するLMS「SumTotal Learn」

【著者プロフィール】
「ラーニング・イノベーションLABO」編集部
人事領域において人材開発やDX・ITにおけるクリティカルな情報をお届けします。
また、人事担当者の方々が日々抱える人材育成、人材開発における課題を整理し解決していくメディアを目指しています。
人材開発の先にある、社員の方一人一人の自己開発型人材の実現を目指し気づきと学びを提供するべく情報をお届けしていきます。
メルマガ会員登録で最新のマーケティング情報やトレンド情報、
イベント情報などをメールマガジンにて配信いたします。

    お名前
    E-MAIL (半角英数字)

    サイトでご紹介しているテーマやソリューションについて、
    ご相談等ありましたらお気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせ
    Recommend おすすめ記事

    Ranking 人気記事ランキング

    サムトータルのソリューション
    人材の可能性を引き出したい!
    今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
    サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
    「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
    サムトータルのソリューション詳細はこちら
    ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
    PAGE TOP