LMSとは?eラーニングの学習管理システムLMSの機能を紹介

効果的で効率的な人材教育が可能になるシステムとしてLMSの導入が注目されています。
企業では、教育機会の提供という枠を超えた、戦略システムの一部としての運用も検討したいところです。
今回は、LMSについて、学習管理システムの機能面も含めてご紹介します。

目次

LMS(学習管理システム:Learning Management System)とは

LMSの 正式名称はLearning Management Systemで、学習管理システムといわれています。
具体的にはe-Learningを実施する際のプラットフォームとなるシステムのことをさします。LMSを導入することで、教育機会を提供する教育担当者は、「学習教材」や「進捗状況」「学習成果」などを一元管理できます。教育を受ける受講者は、「受講」「受験」「教育担当者への問合せ」などの学習に関する一連の活動を行う企業専用の管理画面ポータルサイトや社内ポータルサイトとして活用できます。

 LMS開発の背景

通信環境や社内ネットワークが整備される以前は、企業が社員へ提供するe-Learningは、CD-ROM等を使ったパソコン学習でした。

パソコン学習では、学習の開始や進捗管理は個々の受講者に委ねられ、受講者のモチベーション維持が難しいという課題がありました。

また教育担当者は、受講者の実態を把握できないため、効果の検証や教育内容の改善を行うこともできませんでした。

通信環境や社内ネットワークが整備されてオンラインで教材を配布し、受講者を管理するようになってからは、新たな課題としてデータの無断利用の防止や受講者別の講座・教材の設定が必要となりました。
しかし企業の教育担当者が、ネットワークやシステムの知見を持ってそれらに対応することは困難である現実がありました。
LMSは、そうした課題を解決するために開発されたのです。

【参考】LMSの歴史・生まれた背景やLMSを企業が重要視する理由とは

LMSの機能

LMSの機能は、「受講者向け」と「管理者向け」の2つに大別できます。

受講者向け機能
・講座閲覧・登録機能
受講者が受講可能な講座を閲覧し、その中から受講したい、しなければならない講座の履修登録を行う機能

・学習機能
受講者が履修登録した講座の動画やスライドといった教材の閲覧して、学習時間や進捗率を確認する機能

・受験機能
受講者が学習成果を確認するテストの受験、レポート課題の提出、テストの成績やレポートの評価を確認する機能

・その他の機能
受講者が受講者向けのメニューにログインする機能や管理者に不明点を問合せる機能

管理者向け機能
・講座管理機能
人事が講座の登録・編集、教材の作成・編集、講座と教材の紐づけを行う機能

・受講者管理機能
人事が受講者の登録、受講者と講座の割り当て、受講可能期間の設定を行う機能

・履修管理機能
人事や上司が受講者の学習状況や成績を確認したり、教育担当が提出されたレポートの採点や評価を行う機能

・その他の機能
人事や上司が管理者向けのメニューにログインする機能、受講者からの問合せに回答する機能

LMS導入のメリット

LMSの導入によって、企業は受講者と管理者の各々に、以下のメリットをもたらすことができます。

受講者のメリット
・学習の開始から終了までの流れが理解しやすい
・学習の進捗率やテスト結果がリアルタイムに表示され、モチベーションを維持しやすい
・学習履歴を閲覧できるため、得意分野や苦手分野を把握できる
・企業によっては時間と場所(IP制限など無い場合)を選ばず受講が出来る

管理者のメリット
・人事部門の導入メリットとして、一からシステムを構築する必要がないため、コストの抑制や迅速な導入が可能になる
・人事部門のメリットとして、受講者ごとの進捗状況やテスト結果を閲覧、抽出できる
・部下を現場で指導する上司として、個別指導に役立てられる
・受講者の学習時間の集計やテストの添削が自動化され、業務負荷が軽減される
・データをサーバ上で一元管理できるため、受講者や教材の管理が容易になる

LMSの近年の傾向

LMSは近年、学習そのものを扱うだけではなくなっています。受講生の学習促進やモチベーション維持を目的として、教育担当者からの学習指導や受講生間のコミュニケーションを可能にする機能なども実装されています。

主なコミュニケーション機能
・「掲示板/FAQ機能」は、管理者からの「お知らせ」の掲示や、受講者からの「よくある問合せ」の掲示などを行うことができます。
・「メッセージ送信機能」は、管理者から進捗率の低い社員への「学習促進」や、学習結果を踏まえた「学習指導」につながるメッセージを送信することができます。
・「チャット/つぶやき」機能は、受講生同士の、または教育担当者も交えて、学習モチベーションの維持につながるコミュニケーションを促すことができます。
・「ライブ配信」機能は、受講者に講座の映像と音声をライブで配信し、遠隔地での受講や拠点間を結んだ受講を可能にすることで受講者、管理者ともにメリットを享受できます。

【参考】ラーニングマネジメント上で重要となる進捗管理とコミュニケーション

LMSの機能を高める近年の傾向

現在e-Learningの標準規格として「SCORM(Sharable Content Object Reference Model)」規格が世界中で広く採用されています。
「SCORM」に準拠したLMSであれば、「SCORM」に準拠した教材を利用できます。

開発が始まった当初のLMSは、サービスプロバイダー各社が独自の仕様で設計してきたため、それらの間に互換性がありませんでした。
そのため、LMS間の相互利用を可能にする仕様を定義した「SCORM」が策定されたのです。
さらに最近では、企業が戦略システムの一環としてLMSを他のシステムと連携させる傾向がみられます。

例えば、SSOでの利便性向上を目的とした社内ポータルサイトとの連携や、大規模な企業内研修の運用効率を向上するための人事データベースとの連携などが挙げられます。今後は、複数のシステムの学習履歴を一箇所で管理することも求められるでしょう。
蓄積した教育ビッグデータ「LRS(Learning Record Store)」を分析し、その結果をHRMで活用することが期待されています。

まとめ

・効果的で効率的な人材教育が可能になるシステムとしてLMSの導入が注目されている
・LMSとは、e-Learningを実施する際のプラットフォームとなるシステムのこと
・LMSの導入によって、企業は受講者と管理者の各々に、メリットをもたらすことができる
・LMS活用は、教育機会の提供という枠を超えた、戦略システムの一部としての運用も検討したい

Recommend おすすめ記事
サムトータルのソリューション
人材の可能性を引き出したい!
今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
サムトータルのソリューション詳細はこちら
ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
PAGE TOP