CBT試験とは?コロナ渦でニーズが高まる、安全かつ効果的に試験を行う方法

従来の一斉試験に変わる新たな試験方式として最近注目されているのが、CBT試験です。これは受験者が自宅近くの試験会場(テストセンター)に足を運んで、コンピューターで受ける試験のこと。コロナ禍においてさまざまな試験が中止や延期を余儀なくされる中、安心して受験できるCBTは、多くの試験で採用され始めています。

この記事では、CBT試験の概要やPBT・IBTとの比較、注目される理由、試験の主催者と受験者双方にとってのメリット、導入事例などを詳しく解説いたします。

CBT試験とは?

CBT試験とは、「Computer Based Testing」の略で、コンピューターを用いた試験方式のことを指します。受験者は指定されたテストセンター(試験会場)に足を運んで、会場に置かれたコンピューターを使用して受験。ディスプレイに表示された問題に対して、キーボードやマウスを使って選択肢から選んだり、答えを入力するなどして解答し、その後、人の手を介さずに自動で採点が行われるという仕組みです。

昨今では幅広い分野で導入が進んでおり、国家試験や民間の資格検定をはじめ、就職・転職活動時に実施するSPI試験、企業が独自に実施する社内試験など、さまざまな場面で活用されています。

また、CBTとは異なる試験方式にPBTとIBTがあります。PBTは「Paper Based Testing」の略で、回答を答案用紙に鉛筆で書き込む方式です。多くの人にとって馴染みのある方式ではありますが、自宅の最寄り駅にあるテストセンターで、好きな時間に手軽に受けられるCBTと比較すると、特定の場所や時間に制限されるなどデメリットは少なくありません。

一方のIBTは「Internet Based Testing」の略で、CBTと同じくコンピューターを用いて場所や時間に制限されず自由に受験できる方式です。PBTと比較すれば利便性は圧倒的に高いと言えますが、なりすましやカンニングといった不正行為の防止が難しく、厳密性・公平性が保たれないという欠点があります。

なぜ今、CBT試験が注目されているのか?

昨今なぜ、CBT試験の導入が進んでいるのでしょうか。大きな要因としては、やはり新型コロナウイルスの感染拡大が挙げられます。企業では、従業員の感染リスクを最小化すべくテレワークが導入され、社内会議や採用面接、商談などが続々とオンライン化。また、学校でも授業はオンライン方式に切り替わりました。そうした中、従来のように特定の日時に大人数が集合する検定試験や認定資格などの試験も中止・延期を余儀なくされ、多くの主催者はそれまでの開催方式を変更せざるを得なくなったのです。

そこで注目されたのが、CBT試験でした。CBTは、同じ空間・時間に集まるPBT試験と違い、異なる空間・時間に分散することが可能です。しかも多くのテストセンターでは、10名程度の小規模、かつ感染予防対策を十分に講じた上で行われるため、コロナ禍でも安心して受験できます。

そしてもう一つ、CBTの普及が進んでいる背景となっているのが、ICT(Information and Communication Technology/情報通信技術)の進化と、それに伴うペーパーレス化の加速です。ICTの発展を通じて、インターネットやコンピューターを活用した試験方式がより手軽に安全に実現できるようになりました。さらに政府が積極的にICT化・ペーパーレス化を推進していることも、従来の紙の筆記試験からCBT試験へと移行する大きな追い風となっています。

主催者にとってのメリット

CBTはコロナ禍でも安心して受験できるのが強みですが、その他にもさまざまなメリットがあります。まずは主催者側にとってのメリットから見ていきましょう。

・コスト削減
テストセンターは全国各地に点在しており、試験のために会場や試験官を手配する必要がありません。また、テストに必要な資材も備わっているため、それらにかかるコストが削減できます。さらに試験問題はコンピューターから出題されるため、問題用紙の印刷や郵送するコストも発生しません。

・業務の効率化
上述のように会場準備や問題用紙が不要となるため、資材の準備・発送・管理などの業務が基本的に不要となります。また、申込受付、受験料の決済、採点・集計、結果通知、データ管理などの一連の試験にかかわる事務作業も効率化が可能です。特に採点・集計業務に関しては、問題形式が選択式であれば自動的に行われ、瞬時に結果を出すことができます。

・不正行為や問題漏えいなどのリスクを回避
テストセンターの受付では、運転免許証などによる本人確認や顔認証システムによって、なりすましの不正行為を防ぐことができます。また、試験問題をランダムに出題したり、受験者ごとに異なる問題を出題したりすることで、他人から答えをこっそりと聞くような行為はできない仕組みになっていますし、監視カメラや試験監督の巡回もあるため、メモや会話などによるカンニング行為自体もできません。さらにコンピューターが問題を出題するため、問題用紙の紛失や問題の漏えいといったリスクもなくなり、採点も試験終了後に自動的に行われるため、採点者による人為的なミスも発生しません。

・動画や画像、音声が使用可能
動画、画像、音声などを使った問題を出題することができるため、出題のバリエーションを増やすことができます。また、マークシートや記述式の試験だけでなく、スピーキングやヒアリングの試験にも対応できるため、主催者側で新しい試験の創設・実施を検討できるようになるでしょう。さらに、CTA技術(受験者の正誤に合わせて出題する問題の難易度を変え、少ない問題でより正確に受験者の能力を計測できる試験モデル)を用いれば、受験者の能力を高い精度で測定することも可能です。

・試験の開催頻度を増やせる
テストセンターは通年で利用できるため、試験を開催する回数を増やすことが可能です。また、試験回数を増やしたとしても、受験者ごとにランダムに問題を出題できるため、問題の鮮度は低下しません。さらにCBT試験は問題の持ち出しがないため、過去問題も有効に活用することができます。

受験者にとってのメリット

CBT試験は、受ける側にとってもさまざまな利点があります。果たしてどんなメリットがあるのか、受験者の視点で見てみましょう。

・受験機会が増える
PBT試験では、受験日や受験会場が特定の日時や場所に限定されてしまうため、受験者の都合によって、受験をあきらめざるを得ないケースもあります。一方、CBT試験の場合、全国各地にあるテストセンターから最寄りの会場を選んで利用できる上、都合の良い日時に試験を受けられるようになるため、受験機会が格段に増えることが期待できます。

・利便性が向上する
CTB試験は受験機会が増えるだけでなく、直前の申し込みや受験会場と日時の変更ができるなど、受験者の都合に合わせやすいのが特徴です。また、試験はキーボード、マウス、マイクなどを用いて回答するため、筆記用具が不要なほか、回答を修正するのもキー操作で簡単に行えます。

・受験結果がすぐに出る
解答は受験後に自動的に採点され、その場もしくは短期間で試験結果が分かります。そのため、結果が出るまでの不安を感じる時間が少なくて済み、また受験後の学習計画も立てやすくなるでしょう。

CBTに向いている試験とは?

CBT試験は主催者側、受験者側の双方に数多くのメリットがありますが、すべての試験で適用できるわけではありません。CBT、PBT、IBTそれぞれに向き・不向きはあります。CBTに関しては自動的に採点を行うため、マークシート方式で実施する試験に適していると言えるでしょう。また、1会場あたり数十台程度のPC環境で実施されるケースが多いため、全国各地で年間を通じて行われる随時試験が向いています。

逆に、1会場に数百人を集めて受験させる一斉試験の場合、全員分のPCを用意することなどを考えると、紙で行うPBT方式のほうが良いかもしれません。他にも、採点者が回答を読んで正誤を採点する問題や、回答が複数ある問題、論述式の問題などは、PBTのほうが適しています。一方、IBT方式に関しては、厳密性を求めない簡易テストや学習の成果・理解度を測定するアセスメントテストなどが向いているでしょう。

CBT試験の導入事例

続いて、実際の導入事例をご紹介します。CBTは、民間資格から国家資格まで幅広い分野にわたって導入が進んでいます。さらに、従業員数の多い企業においても、全国の拠点で働く従業員や協力会社のスタッフなどを対象とした社内試験等で活用されるケースが増えてきています。以下は、主な導入事例です。

・日本漢字能力検定(2~7級)
CBT試験を導入したことで、年3回の試験日に縛られず、都合の良い日に受検することが可能となりました。テスト会場は、47都道府県に150箇所以上が設置されています。

・実用英語技能検定(準1~3級)
従来は一次試験(リーディング、ライティング、リスニング)と二次試験(スピーキング)と別日程で開催していましたが、CBT試験を採用している英検S-CBTは1日で完了します。

・その他の主な検定・試験
日商簿記検定(2・3級)、秘書検定(2・3級)、ITパスポート試験、日商プログラミング検定、日商ビジネス英語検定、金融業務能力検定、日本農業検定などが導入しています。

・株式会社リクルート
関連会社を含む全従業員を対象とした大規模社内試験に導入。CBTを使って、コンプライアンス教育の効果測定などを通年にわたり実施しています。

まとめ

◆コロナ禍をきっかけにCBT試験が注目され、導入を検討する試験の主催者が増えている。

◆全国に拠点がある企業やリモートワークを実施している企業においても、社内試験で受験者を同じ会場に集めることが難しいため、CBT試験を導入する動きが水面下で加速している。

◆従業員が気軽に受験でき、かつ厳密性・公平性を担保した社内試験の構築にCBT方式は最適と言える。CBTが必要とされる背景やメリットなどを理解し、導入を検討してみよう。

【著者プロフィール】
「ラーニング・イノベーションLABO」編集部
人事領域において人材開発やDX・ITにおけるクリティカルな情報をお届けします。
また、人事担当者の方々が日々抱える人材育成、人材開発における課題を整理し解決していくメディアを目指しています。
人材開発の先にある、社員の方一人一人の自己開発型人材の実現を目指し気づきと学びを提供するべく情報をお届けしていきます。
メルマガ会員登録で最新のマーケティング情報やトレンド情報、
イベント情報などをメールマガジンにて配信いたします。

    お名前
    E-MAIL (半角英数字)

    サイトでご紹介しているテーマやソリューションについて、
    ご相談等ありましたらお気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせ
    Recommend おすすめ記事

    Ranking 人気記事ランキング

    サムトータルのソリューション
    人材の可能性を引き出したい!
    今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
    サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
    「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
    サムトータルのソリューション詳細はこちら
    ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
    PAGE TOP