HRのグローバル最前線。 ISO30414がHRMに及ぼす 影響とこれからの人事

目次

資料概要

<概要>
近年、企業や組織を構成する「人」に対する考え方が大きく変化している。かつては「人件費」に代表されるようにコストそのものと捉えられていた。しかし、現在は人的資本(Human Capital)という考え方が根付き、競争優位性の源泉、アセットそのものと捉えられている。一方、人的資本の組織への貢献度合いを示す共通指標は長らく存在しなかったが、2019年1月に人事・組織のマネジメント標準規格「ISO30414」が公開された。

●なぜ新たなHRM規格が必要になったのか
●ISO30414の概要
●ISO30414によるHRMのガイドライン
●日本の人事が抱える現状と課題
●HRテクノロジーの早期活用が望まれる
●まとめ

    ※フォーム送信後、資料ダウンロードボタンが表示されます。

    会社名
    (全角)
    部署名
    (全角)
    役職
    お名前(漢字)
    (全角)
    E-MAIL
    (半角英数字)
    電話番号
    (半角数字ハイフンなし)
    Webサイト
    お問い合わせ内容

    個人情報の取扱いについて

    個人情報の取扱いについて をお読みいただき、『「個人情報の保護について」に同意します。』のチェックボックスにチェックを入れ、『入力確認画面』へおすすみください。
    「個人情報の保護について」に同意します。

    Recommend おすすめ記事
    サムトータルのソリューション
    人材の可能性を引き出したい!
    今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
    サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
    「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
    サムトータルのソリューション詳細はこちら
    ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
    PAGE TOP