エンゲージメントを向上させる施策5選【取り組み事例を元に解説】

企業と従業員の絆や愛着心、結びつきなどの関係性を育む「エンゲージメント向上」への取組みが、企業と従業員を成長させる施策として注目されています。
グローバル化で競争が激化し、労働人口の減少などが深刻な現代において、企業の力となる従業員のエンゲージメントを向上させることは、必須ともいえる課題になっています。

そこでこの記事では、エンゲージメント向上施策の取り組み事例を元に、従業員一人ひとりの貢献意欲を高め、企業が共に成長していくにはどのような施策が必要なのかを詳しく解説します。

この記事を読むことでエンゲージメント向上に向けての施策について手がかりを見つけることができるはずです。

目次

エンゲージメント向上とは?

エンゲージメントが高い従業員は企業の理念やビジョンへの理解度・共感度が高く、企業が成功するために自発的に行動しようとする行動意欲に満ちているといわれます。

つまり、エンゲージメントが高い従業員が多い企業は、企業への愛着と貢献意欲の高さから離職率が低く、業務へのモチベーションも高くなるわけです。

こうした従業員に関するエンゲージメントを「従業員エンゲージメント」と呼びます。

「従業員エンゲージメント」の向上は、離職率を低下させるだけでなく企業の売上向上にも寄与します。

この章ではエンゲージメントの概要と従業員エンゲージメントの向上について解説します。
参考:社員の定着に繋がるエンゲージメントとは? エンゲージメント向上のポイント

エンゲージメントとは?

エンゲージメント(engagement)とは、直訳すると「契約」や「約束」を意味する単語です。
人事領域において使用する場合は、従業員が企業に抱く「愛社精神」「思い入れ」「貢献意欲」を指します。

従業員(社員)エンゲージメントと向上について

「従業員エンゲージメント」とは、従業員の企業への理解や信頼を意味する言葉で、会社への貢献の意欲を持っている状態を指します。
従業員エンゲージメントが高い従業員が多い企業は、企業への愛着と貢献意欲の高さから離職率が低く、業務へのモチベーションも高いといわれています。

「従業員エンゲージメント」の向上は、離職率を低下させるだけでなく企業の売上向上にも寄与します。
従業員と企業がお互いを理解し、信頼できる状況を構築するために、企業側は自社の理念やミッションをさまざまな形で伝え、従業員と直接意見交換をおこなう場を設けるなどの努力が必要でしょう。

従業員は、賃金や労働環境の良さだけを目的として自社にいるわけではありません。
従業員エンゲージメントの向上に取り組み、従業員の企業への愛着が深まれば、従業員と企業のつながりもより深まるでしょう。

「従業員エンゲージメント」と似た意味を持つ言葉に「従業員満足度」「モチベーション」があります。

従業員満足度は、従業員にとっての“居心地の良さ”に着目しており、信頼度を指標とする従業員エンゲージメントとは異なります。またそれ自体が企業の業績向上に寄与するものではありません。

モチベーションは「動機」を意味する言葉です。
日本では、意欲ややる気といった意味合いで用いられることが多くみられます。
ビジネスにおいては、業務への意欲を指します。
モチベーションが高い従業員は、やる気には満ち溢れていますが必ずしも企業に愛着を持っているわけではありません。

「従業員エンゲージメント」は、主に次の3つの要素で構成されています。

・企業の理念やビジョンの理解度
・企業の理念やビジョンへの共感度
・企業が成功するために自発的に行動しようとする行動意欲

従業員エンゲージメントの向上で具体的には以下の5つのメリットが得られます。

・企業の業績が向上する
・従業員のモチベーションが高まる
・職場の雰囲気が良くなる
・顧客満足度が向上する
・離職率が低下する

※従業員エンゲージメントについての詳細は下記のリンクをご覧ください。
人事ポータルサイト【HRpro】「従業員エンゲージメント」の意味や向上による効果とは? 従業員満足度やモチベーションと何が違う?

エンゲージメントが注目されるようになった背景

近年エンゲージメントが注目されるようになった背景には、日本企業をとりまく社会環境の変化があります。
経済の低迷などで変化のときを迎えている終身雇用や年功序列の見直し、高齢化社会による人手不足の影響、従業員の価値観の多様化を受け、企業は自社に必要な人材を確保するために、エンゲージメントを向上させる必要性が生じています。

終身雇用や年功序列の見直し

日本において終身雇用や年功序列の見直しがすすむ中で、企業の多くは成果主義や実力主義へと変わっています。
その影響で、人材の流動化が進み、従業員が転職を検討する機会が増え、市場価値の高い優秀な人材がより条件のいい企業へ流れていく傾向が高くなります。

そのため、企業は従業員の離職率を抑えるためにエンゲージメントに注目するようになってきました。

高齢化社会による人手不足

総務省統計局の統計(2021年9月15日現在推計)によると日本の総人口は、前年と比べて51万人減少している一方で、65歳以上の高齢者人口は22万人増加して過去最大になっています。
2021年の高齢者の総人口に占める割合では、日本(29.1%)は世界で最も高い国となりました。
2020年国勢調査によると、経済活動を担う生産性年齢人口(15~64歳)は前回5年前の国勢調査より減少しています。

企業にとって働き手である生産性人口の減少は人手不足を招きます。
離職率を抑えるとともに、今いる人材の能力や生産性をたかめるためにエンゲージメントが必要なのです。

従業員の価値観の変化

近年従業員の働き方に対する価値観が多様化してきています。
企業から給与をもらい、出世して昇格によって昇給していくといった画一的な価値観だけではモチベーションをあげることは困難です。

多様な価値観を持った従業員がやりがいをもって働くためには、企業の理念やビジョンに共感し、働くことの意義を共有し、ワークライフバランスに合った働き方を選択できる職場環境や人事制度が必要です。
そのために、企業への理解や信頼を高めるエンゲージメント向上が注目されるようになったわけです。
参考:エンゲージメントは社員の定着に繋がっているのか?具体的な導入事例と実績

エンゲージメント向上で得られるメリット

エンゲージメントが向上することによって得られるメリットは大きく分けて次の4点になります。

離職率が低下し、人材が定着しやすくなる

エンゲージメントの高い従業員は、離職率が低い傾向にあります。
エンゲージメント向上は企業への理解や信頼を高め、企業の理念やビジョンとの共感を促します。
企業の理念やビジョンと働く意義が共感している従業員は離職する可能性は低くなるでしょう。
参考:
離職率の低い企業の社員に対するエンゲージメント向上施策とは?1on1コミュニケーションの重要性
離職率が高い企業の共通点は?コロナ禍で考える社員エンゲージメントの向上施策

また、エンゲージメント向上にともなって、エンゲージメントが高い従業員が増えることで、企業の一体感が強まります。
企業全体が活気あふれる状態であれば、企業に貢献してくれる優秀な人材も職場を離れることは考えないはずです。

従業員の仕事の成果や質が向上する

エンゲージメント向上は、従業員本人のモチベーションアップにもつながります。
在籍する企業に対しての愛着や目標への共感から、自分の業務に価値を見出し、業務にも積極的に取り組めるようになるのです。

企業のために何をすべきかを考え、従業員自身が自発的に業務に取り組むようになることで従業員の仕事の成果や質が向上します。

業績アップにつながる

エンゲージメント向上は、企業の業績アップにつながります。
エンゲージメントが高い従業員が増えれば、それにともなって業績も上昇していくでしょう。

エンゲージメントと企業の業績には相関関係があり、エンゲージメント向上によって営業利益率や労働生産性が向上するとの研究結果もあります。

企業の評判が上がり、人材が集まりやすくなる

従業員が積極的に業務に参加するようになれば、顧客満足度も向上します。
顧客が求める質の高い製品やサービスを提供できる企業に対して、顧客側は良い感情を持つようになり、企業の評判も上がるでしょう。

また、エンゲージメントの高い従業員が多い職場は、自然と雰囲気も良くなり、職場の雰囲気が良い企業は評判となり、人材が集まりやすくなります。

エンゲージメントを向上させる施策5選

エンゲージメントを向上させる施策は、企業の現状によってさまざまな方法が考えられます。
この章では一般的に効果が期待できる5つの方法を紹介します。

・企業理念・ミッションを浸透させる
・業務内容に適した人材を雇用または昇進させる
・ワークライフバランスを推進する
・適正な給与支給やインセンティブ、評価・表彰などを充実させる
・エンゲージメントを測定して常に把握と改善をおこなう

それでは順番に説明していきます。

企業理念・ミッションを浸透させる

企業理念・ミッションを従業員に浸透させることは、エンゲージメント向上で最も重要です。
その理由は、従業員が企業の理念やビジョンに共感することで、エンゲージメントが高まり、企業が成功するために自発的に行動しようとする行動意欲が形成されるためです。

具体的な取り組みとしては、企業理念やミッションを明確にして、経営トップから従業員に浸透を図ることです。
経営トップ自らが企業理念・ミッションを従業員に浸透させるための主体となることは、エンゲージメントを向上させる基本として多くの企業で実施されています。

業務内容に適した人材を雇用または昇進させる

業務内容に適したエンゲージメントが高い人材を雇用したり、選抜して適材適所に配置することは、企業のエンゲージメントを向上させます。
その理由はエンゲージメントが高い人材が、企業の進むべき方向を示す企業理念やミッションを理解し、企業が成功するために自発的に行動するためです。
エンゲージメントが高い人材を雇用または選抜してビジネスの敵材適所に配置することで、生産性が上がりビジネスが成功する可能性が高まります。

ワークライフバランスを推進する

従業員の働き方に対するニーズに対応できるように、ワークライフバランスを推進することは、エンゲージメント向上につながり、企業の生産性を高めます。
その理由は、従業員の価値観が多様化しているため、価値観に合った働き方を提案していくことでエンゲージメントが高まる可能性があるためです。

多様な価値観を持った従業員がやりがいをもって働くためには、働く環境であるワークライフバランスを推進する必要があります。
価値観に合った働くための環境が整うことで、従業員のエンゲージメントは向上し、その結果企業の生産性が高まります。

適正な給与支給やインセンティブ、評価・表彰などを充実させる

適正な報酬や評価・表彰制度を充実させることで、従業員のモチベーションが上がりエンゲージメントが向上します。
その理由は、報酬や評価・表彰を適正におこなうことで、従業員の企業に対する理解や信頼が高まるためです。
報酬や評価・表彰を適正であれば、従業員は納得感をもって受け入れることができます。
エンゲージメントは、企業に対する理解や信頼がなければ高まることはありません。
そのため、報酬や評価・表彰を適性におこない、制度を充実させることで、エンゲージメント向上につながる可能性が高まるわけです。

エンゲージメントを測定して常に把握と改善をおこなう

エンゲージメント向上のためには、エンゲージメントを測定して常に把握と分析をおこなう必要があります。
その理由は、エンゲージメント向上は、長期間にわたり継続して実施する取り組みであるためです。
具体的には、効果を継続して測定し、常に把握と分析をおこない、エンゲージメントを低下させる障害を特定して改善していきます。
エンゲージメント向上は短期間で終了する一時的な施策ではなく、長期間継続して改善をおこなうことが重要なのです。

エンゲージメント向上に成功した企業事例

すでにエンゲージメント向上の施策に取り組み、成功を収めている企業の取り組み事例は、非常に参考になります。
この章では以下の企業のエンゲージメント向上施策の取り組み事例を順番に説明していきます。

・リクルートホールディングス
・三承工業(SUNSHOW GROUP)
・ソニー
・エーザイ

リクルートホールディングス

リクルートホールディングスのエンゲージメント向上は、「高度専門人材の確保と定着」を目的としたものです。
背景には、近年のデジタル化とグローバル化があります。
デジタル化とグローバル化の中で企業が成長していくためには、ITエンジニアのような高度専門人材や国際法務・税務などの専門家を確保していくことが重要です。
リクルートホールディングスでは、社外から積極的に高度専門人材を採用するとともに、同社の強みであるバリューが希薄にならないように職場環境の整備やバリューの浸透をはかるエンゲージメント強化を実施しています。
具体的には、エンゲージメントサーベイで現状を把握し、職場単位のディスカッションの結果を活用して、バリューの浸透のための課題を見つけ、改善しながら実行を継続しています。
参照:経済産業省 企業の戦略的人事機能の強化に関する調査 137~142ページ

三承工業(SUNSHOW GROUP)

三承工業株式会社(SUNSHOW GROUP)では、働き方改革として、従業員の生きがい、やりがい、働きがいのある職場づくりを実行してきています。
また、働き方改革をSDGs推進に結びつけ、SDGsの取り組みのひとつである「8:働きがいも経済成長も」着目して、ダイバシティ化や職場環境改善を実行しました。

三承工業株式会社(SUNSHOW GROUP)は、他のSDGsの取り組みも含め第2回「ジャパンSDGsアワード」でSDGs特別賞を受賞しています。
三承工業株式会社(SUNSHOW GROUP)の事例の特徴は、従業員の強みを活かして、社内で課題解決チームをつくり取り組みをおこなっている点でしょう。

たとえば、SDGsの取り組みのひとつである「8:働きがいも経済成長も」をテーマとしている「チーム夢子」では以下の取り組みを実行しています。

・出産後の職場復帰として子供と職場に出社するカンガルー出勤
・在宅ワークの実現
・資格取得制度の導入
・メンタルヘルスケアの実施

参考:三承工業株式会社(SUNSHOW GROUP)ホームページ

ソニー

ソニー株式会社では、人材戦略の一環としてエンゲージメントを重要な柱のひとつとして取り組みを実施しています。
具体的には、人材戦略のフレームワークにAttract(人材獲得)、Develop(人材育成)とともにEngage(社員エンゲージメント)を設定しています。

人材戦略は現在から将来にかけての経営戦略に不可欠であることから、ソニー株式会社では、人材戦略について、経営陣が関わり、人材戦略のフレームワークについて、取締役会でも論議を行い、社員エンゲージメントのスコアを経営幹部チームの報酬に組み込んでいます。

また、ソニー株式会社のエレクトロニクス事業及びゲーム事業では、2017年より米Glint Inc.社のサーベイに移行し、グローバルを含む約6万人の社員を対象にしたサーベイ結果を即日集計かつマネジャーに提供できるようにしました。
その結果、マネジャーとメンバーによる継続的な対話とタイムリーなアクションをおこなう土台を構築し、人事施策とエンゲージメントの関連性を解析し人事施策の改善につなげています。

参照:

経済産業省 持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会報告書~人材版伊藤レポート~人事ポータルサイト
【HRpro】人事ポータル継続的な対話とタイムリーなアクションによる組織風土改革を可能にした、ソニーの社員エンゲージメントサーベイ「BE Heard」

エーザイ

エーザイ株式会社では、働き方改革の目的を「社員が主体性を最大限発揮できる働き方を実現し、エンゲージメント向上とアウトプットの最大化による労働生産性の向上」として、下記の取り組みを実施しています。

・ワークスタイル
働く場所・時間の柔軟性を高める環境整備や制度の改定として「リモートワークの推進」「フレックスタイム制度のコアタイム廃止」「タイムマネジメントの推進」「自己啓発・社会貢献休暇の新設」を実施しています。

・休暇制度
安心して働き続けられる休暇制度として「介護・看護と仕事の両立支援」「病気の治療と仕事の両立支援」をおこなっています。

・エンゲージメントサーベイを実施
全世界の社員約1万人を対象にエンゲージメントサーベイを実施し、サーベイによって企業理念の浸透度や会社へのエンゲージメントの状況を把握し改善に努めています。

参照:

エーザイ株式会社ホームページ
経済産業省 持続的な企業価値の向上と人的資本に関する研究会報告書~人材版伊藤レポート~

エンゲージメント向上が失敗する3つの理由

エンゲージメント向上に成功した事例がある反面、失敗した事例もあります。
この章では失敗しないための注意点として失敗した下記の事例を順番に説明していきます。

・企業理念が従業員に共有できず、意識に差異がある
・スコアだけに着目しすぎる
・従業員のエンゲージメント疲れ

企業理念が従業員に共有できず、意識に差異がある

企業理念は従業員が明確に理解できるものでなければなりません。
理念がずれているため失敗した事例があります。
また、企業理念を決めただけで従業員に浸透させる施策がないため失敗した事例もあります。
企業理念は従業員に向けて何らかの取り組みを継続しなければ浸透せず、エンゲージメント向上にはつながりません。

スコアだけに着目しすぎる

エンゲージメントを高めることが、いつの間にかエンゲージメントを定量化したときのスコアを高めることにすり替わってしまい、エンゲージメントサーベイのスコアだけにこだわりすぎて、エンゲージメント向上のための本質の見直しにつながっていない失敗例があります。

従業員のエンゲージメント疲れ

エンゲージメントを常に意識することを余儀なくされ、従業員の重荷になってしまい、結果的にエンゲージメント向上につながらない失敗事例があります。
エンゲージメント向上のための方法は、企業ごとに取り組み方や施策の優先順位に違いがあることを知っておくことが失敗しないためのポイントです。

エンゲージメント向上が学べるおすすめのセミナー

エンゲージメント向上について学ぶためにセミナーを受講するのも良い方法でしょう。

この章では、従業員のエンゲージメントを高めたいと考えている企業経営者や人事担当者におすすめのセミナー内容を3つ紹介します。

エンゲージメント向上についてのセミナーを探すには、日本最大級の人事ポータルサイト【HRpro】セミナー検索で簡単に検索簡単に検索できます。

・エンゲージメントを高め、成果を上げるための人事評価働きやすい環境整備英テーマとしたセミナー。

・エンゲージメントを高める人事制度や1on1コーチングなどの具体策を専門家が解説するセミナー

・エンゲージメント向上のために人事担当が取り組むべき戦略を解説するセミナー

※おすすめのセミナーの詳細は下記ページからご覧になれます。
人事ポータルサイト【HRpro】「社員のエンゲージメントを高めたい」課題のセミナー一覧

エンゲージメント向上を助けるおすすめのツール

この章ではエンゲージメント向上を助けるおすすめのツールを3つ紹介します。

・TUNAG
・Unipos
・THANKS GIFT

それでは順番に説明していきます。

株式会社スタメン(TUNAG)

ツール名TUNAG
企業名株式会社スタメン
主な機能プロフィール機能
タイムライン機能
社長動画の配信
利用状況管理
費用 要問い合わせ


(参照元:https://tunag.jp/ja/

環境に左右されない強い組織を目指すために、エンゲージメント経営の実践を通じて会社の成長や成功を支援するエンゲージメント経営プラットフォームです。

Unipos株式会社(Unipos)

ツール名Unipos
企業名Unipos株式会社
主な機能ピアボーナス(感謝・称賛)
タイムライン機能
組織コンディション事前察知レポート
費用 要問い合わせ

(参照元:https://unipos.me/ja/

従業員同士が「貢献に対する称賛のメッセージ」と「少額のインセンティブ」を送り合う仕組みであるピアボーナス(感謝・称賛)機能によってポジティブな体験が組織の心理的安全性を高め、強い組織をつくります。

株式会社Take Action(THANKS GIFT)

ツール名THANKS GIFT
企業名株式会社Take Action
主な機能ありがとうカード
オリジナル理念コイン
MVP表彰機能
チームワーク/離職可能性分析
費用 要問い合わせ

(参照元:https://thanks-gift.net/

上司部下や従業員同士で「感謝」「称賛」を伝えあうことができる「ありがとうカード」機能や企業理念に沿った行動に対しコインとメッセージを沿えて贈りあうことができる「オリジナル理念コイン」機能を活用して、組織と従業員の相互理解を高めるコミュニケーションプラットフォームです。

(まとめ) 自社に合ったエンゲージメント向上施策を

企業の業績アップに直結するエンゲージメントはこれからますます重要になっていくと予想されます。

従業員との結びつきや信頼関係を強固にするために、成功事例と失敗理由を踏まえ、自社にとって最適な取り組みを進めていくことが大切です。

まずは現在のエンゲージメントを把握し、問題点の改善や見直しから検討・工夫してみましょう。

【著者プロフィール】
「ラーニング・イノベーションLABO」編集部
人事領域において人材開発やDX・ITにおけるクリティカルな情報をお届けします。
また、人事担当者の方々が日々抱える人材育成、人材開発における課題を整理し解決していくメディアを目指しています。
人材開発の先にある、社員の方一人一人の自己開発型人材の実現を目指し気づきと学びを提供するべく情報をお届けしていきます。
メルマガ会員登録で最新のマーケティング情報やトレンド情報、
イベント情報などをメールマガジンにて配信いたします。

    お名前
    E-MAIL (半角英数字)

    サイトでご紹介しているテーマやソリューションについて、
    ご相談等ありましたらお気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせ
    Recommend おすすめ記事

    Ranking 人気記事ランキング

    サムトータルのソリューション
    人材の可能性を引き出したい!
    今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
    サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
    「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
    サムトータルのソリューション詳細はこちら
    ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
    PAGE TOP