エンゲージメントを向上させるには?成功例と失敗例を様々な視点から解説

企業と従業員の絆や愛着心、結びつきなどの関係性を表す「エンゲージメント」が、企業と従業員を成長させる指標として注目されています。
グローバル化で競争が激化し、労働人口の減少などが深刻な現代において、企業の力となる従業員のエンゲージメントを向上させることは、必須ともいえる課題になっています。

そこでこの記事では、エンゲージメント施策の成功例と失敗例をもとに、従業員一人ひとりの貢献意欲を高め、企業が共に成長していくにはどのような取り組みが必要なのかを詳しく解説します。

目次

エンゲージメントとは?

エンゲージメント(engagement)とは、直訳すると「契約」や「約束」を意味する単語です。
人事領域において使用する場合は、従業員が企業に抱く「愛社精神」「思い入れ」「貢献意欲」を指します。

エンゲージメントが注目されるようになった背景
近年エンゲージメントが注目されるようになった背景には、日本企業をとりまく社会環境の変化があります。
経済の低迷などで変化のときを迎えている終身雇用や年功序列の見直し、またグローバル化による企業間競争の激化、さらには高齢化社会による人手不足の影響を受け、企業は自社に必要な人材を確保するために、エンゲージメントを向上させる必要性が生じています。

エンゲージメント向上で得られるメリット
エンゲージメントが向上することによって得られるメリットは大きく分けて次の4点になります。

・離職率が低下し、人材が定着しやすくなる
・従業員の仕事の成果や質が向上する
・業績アップにつながる
・企業の評判が上がり、人材が集まりやすくなる

エンゲージメントを向上させる方法とは?

エンゲージメントを向上させる方法は、企業の現状によってさまざまな方法が考えられます。
この章では一般的に効果が期待できる方法を紹介します。

企業理念・ミッションの浸透
企業理念やミッションを明確にして、経営トップから社員に浸透を図ることはエンゲージメントを向上させる基本として多くの企業で実施されています。

業務内容に適した人材を雇用または昇進(適材適所への人材配置)
業務内容に適したエンゲージメントが高い人材を雇用したり、選抜して適材適所に配置することは、企業のエンゲージメントを向上させます。

ワークライフバランスを推進する
従業員の働き方に対するニーズに対応できるように、ワークライフバランスを推進することは、エンゲージメント向上につながり、企業の生産性を高めます。

適正な給与支給やインセンティブ、評価・表彰などの制度の充実
適正な報酬や評価・表彰制度を充実させることで、従業員のモチベーションが上がりエンゲージメントが向上します。

エンゲージメントを測定して常に把握と改善を行う
エンゲージメント向上のための取り組みは、長期間にわたり継続して実施する必要があります。その際にはエンゲージメントを測定して常に把握と分析をおこない、エンゲージメントを低下させる障害を特定して改善していく必要があります。

エンゲージメント向上の成功例

すでにエンゲージメント向上の取り組みを実施し、成功を収めている企業の成功事例は、非常に参考になります。
この章ではエンゲージメント向上の成功例を紹介します。

リクルートホールディングス
リクルートホールディングスのエンゲージメント向上は、「高度専門人材の確保と定着」を目的としたものです。

背景には、近年のデジタル化とグローバル化があります。
デジタル化とグローバル化の中で、企業が成長していくためにはITエンジニアのような高度専門人材や国際法務・税務などの専門家を確保していくことが重要です。

リクルートホールディングスでは、社外から積極的に高度専門人材を採用するとともに、同社の強みであるバリューが希薄にならないように職場環境の整備やバリューの浸透をはかるエンゲージメント強化を実施しています。

具体的には、エンゲージメントサーベイで現状を把握し、職場単位のディスカッションの結果を活用して、バリューの浸透のための課題を見つけ、改善しながら実行を継続しています。

三承工業(SUNSHOW GROUP)
三承工業株式会社(SUNSHOW GROUP)では、SDGsの取り組みのひとつである「8:働きがいも経済成長も」着目して、ダイバシティ化や職場環境改善を実行しました。
三承工業株式会社(SUNSHOW GROUP)は、他のSDGsの取り組みも含め第2回「ジャパンSDGsアワード」でSDGs特別賞を受賞しています。

ソニー
ソニー株式会社では、人材戦略のフレームワークにAttract(人材獲得)、Develop(人材育成)とともにEngage(社員エンゲージメント)を設定しています。
また、従業員エンゲージメントのスコアを経営幹部チームの報酬に組み込んでいます。

エーザイ
エーザイ株式会社では、全世界の社員約1万人を対象にエンゲージメントサーベイを実施しています。
サーベイによって企業理念の浸透度や会社へのエンゲージメントの状況を把握し改善に努めています。

エンゲージメント向上の失敗例

エンゲージメント向上に成功した事例がある反面、失敗した事例もあります。
この章では失敗しないための注意点として失敗した事例を紹介します。

企業理念が従業員に共有できず、意識に差異がある
企業理念は従業員が明確に理解できるものでなければなりません。
理念がずれているため失敗した事例があります。
また、企業理念を決めただけで従業員に浸透させる施策がないため失敗した事例もあります。
企業理念は従業員に向けて何らかの取り組みを継続しなければ浸透せずエンゲージメント向上にはつながりません。

スコアだけに着目しすぎる
エンゲージメントを高めることが、いつの間にかエンゲージメントを定量化したときのスコアを高めることにすり替わってしまい、エンゲージメントサーベイのスコアだけにこだわりすぎて、エンゲージメント向上のための本質の見直しにつながっていない失敗例があります。

従業員のエンゲージメント疲れ
エンゲージメントを常に意識することを余儀なくされ、従業員の重荷になってしまい、結果的にエンゲージメント向上につながらない失敗事例があります。
エンゲージメント向上のための方法は、企業ごとに取り組み方や施策の優先順位に違いがあることを知っておくことが失敗しないためのポイントです。

まとめ

◆企業の業績アップに直結するエンゲージメントはこれからますます重要になっていくと予想される。

◆従業員との結びつきや信頼関係を強固にするために、成功例と失敗例を踏まえ、自社にとって最適な取り組みを進めていくことが大切となる。

◆まずは現在のエンゲージメントを把握し、問題点の改善や見直しから検討・工夫してみよう。

Recommend おすすめ記事
サムトータルのソリューション
人材の可能性を引き出したい!
今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
サムトータルのソリューション詳細はこちら
ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
PAGE TOP