注目が集まるSaaSとは? SaaSの意味や特徴、メリット・デメリットを解説!

近年、日本で関心が高まっているSaaSビジネス。SaaSとは、インターネットを通じてソフトウェアをユーザーに提供するサービスです。

ソフトウェアを利用するインフラ環境や、インストールせずともインターネットからアクセスするだけでサービスを利用できる便利さが魅力ですが、昨今のDX(デジタルトランスフォーメーション)化により市場は急拡大、現在も成長し続けている分野の一つとなっています。

新型コロナウイルス感染症の影響によりさらに需要が増しているSaaSとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。この記事では、SaaSの言葉の意味や読み方、導入のメリット・デメリットやSaaSのビジネスモデルなどについて詳しく解説します。

目次

1.SaaSとは何か

1.1 SaaSとは

SaaSとは「Software as a Service」の略で「サース」と読みます。
従来はユーザーがパッケージの購入後にインストール・複製・起動させて利用していたプログラムをクラウド化させ、アプリケーションのソフトウェアをサービスとして提供することを指しています。

サーバーやネットワークなど、すべてが自社保有のものではなく、サービス事業者が提供するインターネット上のサービスを利用することが特徴です。

インターネット環境があれば、さまざまな場所からアクセスし、利用することができます。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレワークやリモートワークが急速に発展した社会情勢において需要は拡大し、システムの運用が必要ないSaaSを導入する企業が増えている状況です。

1.2 SaaS・PaaS・IaaSの違い

SaaSはアプリケーションソフトウェアを使うためのクラウドサービスですが、類似のサービスとしてPaaS・IaaSがあります。

PaaS(パース)とは、「Platform as a Service」の略称であり、主にインターネットを通じてシステムやアプリケーションを開発するためのOSやミドルウェアなどのプラットフォームを提供しているクラウドサービスです。

IaaS(イアース/アイアース)とは、「Infrastructure as a Service」の略称であり、主にインターネットを通じてサーバーやネットワークなどのインフラを提供しているクラウドサービスです。

SaaS・PaaS・IaaSの主な違いは、「提供されているサービスの範囲」にあります。

クラウドサービスは深い層から「ネットワーク」「ストレージ」「サーバー」「OS」「ミドルウェア」「アプリケーションソフトウェア」の6つのレイヤーに分けられます。

すべてのレイヤーをカバーしているのがSaaSで、サーバーまでをカバーしているのがIaaSです。

カバーされているレイヤーの範囲が広ければ広いほど、運用管理や構築の手間を抑えられます。
一方で、カバーされているレイヤーの範囲が狭ければ狭いほど、カスタマイズ性が高くなります。

1.3 SaaS・PaaS・IaaSのどれを導入するべきか

ここではニーズにあわせてSaaS・PaaS・IaaSのどれを導入すべきか解説します。

既に完成されている高い機能を持つアプリケーションを使いたい場合には、SaaSを利用することをおすすめします。

一方、自分にとって使い勝手の良いアプリケーションを自ら開発して運用したい場合や、そもそもアプリケーションを開発すること自体が目的の場合には、PaaSやIaaSを導入した方がよいでしょう。

アプリケーション開発に集中したい場合や、より手軽に人工機能やIoTなどの高度なアプリケーションの開発に取り組みたい場合には、既に開発環境が整えられているPaaSの導入がおすすめです。

開発環境の構築から運用管理、アプリケーション開発までをすべて自らの手で行いたい場合には、カスタマイズ性の高いIaaSを選ぶことが最適な場合が多いです。

参考
SaaSとは?読み方や意味、代表的なビジネスモデルについて解説
SaaS・PaaSs・IaaSの違いについて分かりやすく解説

2.SaaS導入のメリット・デメリット

この章では、SaaSを導入することで得られるメリットとデメリットについて解説します。

2.1 SaaS導入によるメリット

SaaSを導入することで得られるメリットとしては、以下の5つが挙げられます。

●簡単かつスピーディーに導入できる
パッケージ版のアプリケーションソフトウェアを利用するためには、ハードウェアやミドルウェアを用意して、アプリケーションソフトウェアをインストールする必要があります。

SaaSを導入することで、インターネットに接続してアカウントを作成するだけで、簡単かつスピーディーに導入できます。

●インターネット環境があればデバイスを問わず使用できる
SaaSのほとんどは、インターネット環境さえ整っていれば、パソコンはもちろん、タブレットやスマートフォンでも使用できます。

複数のデバイスから1つのデータに同時にアクセスしたり、編集したりすることも可能です。デバイスのうちの1つが破損しても、データが失われることが無い点も特筆に値するでしょう。

●システムの構築・運用・管理の手間がかからない
クラウドサービスには、SaaSの他にも、サーバーやネットワークなどのインフラまでを提供しているIaaS(イアース/アイアース)や、OSやミドルウェアなどのプラットフォームまでを提供しているPaaS(パース)があります。

IaaSを導入する場合にはシステムの構築・運用・管理の多くを自らの手で行わなければなりませんが、SaaSを導入する場合にはそれらをすべてサービス提供者に任せることができます。

●自動でアップデートが行われるため、常に最新の機能・サービスを使える
パッケージ版のアプリケーションソフトウェアをアップデートするためには、新しいバージョンを改めて購入し、手動でインストールする必要があります。

SaaSの場合には自動でアップデートが行われるため、常に最新の機能・サービスを使うことができます。

●料金はリーズナブルなサブスクリプション方式であることが多い
高度な技術が結集しているアプリケーションソフトウェアは、あまりにも高価で手を出すことがはばかられることも多いでしょう。

SaaSの料金はリーズナブルなサブスクリプション方式であることが多いため、気軽に利用できます。また、無料期間が設けられていることが多く、お試しで利用しやすい点も、大きなメリットといえるでしょう。

2.2 SaaS導入によるデメリット

一方で、SaaSを導入することのデメリットとしては、以下の5つが挙げられます。

●セキュリティ対策が必要
SaaSのセキュリティレベルは基本的には高いと言ってよいですが、万全であるとは限りません。
また、SaaSはインターネット上で使用するアプリケーションソフトウェアであるため、ユーザーのミスによってデータを流出させてしまう可能性も否めません。

SaaSを導入する際には、デバイス自体のセキュリティ対策はもちろん、人為的なミスを防ぐためのマニュアルを用意するなどの対策も練っておきましょう。

●カスタマイズ性が低い
PaaSの場合にはアプリケーションソフトウェアの開発、IaaSの場合にはOSやミドルウェアの構築からアプリケーションソフトウェアの開発までを自らの手で行うことができます。
しかし、SaaSの場合はそれらを行うことができないため、カスタマイズ性が高いとは言えません。

●障害やメンテナンスによって利用が制限される場合がある
パッケージ版のアプリケーションソフトウェアはデバイス自体に問題が発生しない限り使用できます。

しかし、SaaSの場合には、サービス提供者が管理しているシステムに障害が発生したり、サービス提供者がメンテナンスを行ったりすると、その間の利用が制限されてしまう場合があります。

●別のサービスに乗り換える際のデータ移行が難しい
SaaSにはさまざまなサービスがありますが、そのほとんどは連携性がありません。
そのため、データの移行が難しく、別のサービスへの乗り換えに大きな手間と時間、コストを要する場合があります。

●ランニングコストがかさむ場合がある
気軽に利用できるのがサブスクリプション方式を採用しているSaaSの魅力ですが、長い目で見るとランニングコストがかさんでしまう場合があります。

SaaSにすべきかパッケージ版にすべきか迷った際には、しっかりとコスト計算を行い、より高いコストパフォーマンスを得られる方を選択しましょう。

参考
SaaS導入のメリット・デメリット、最近話題のSaaSモデルについて解説

3.SaaSモデルとは

SaaSモデルとは、インターネット上でサブスクリプション方式のアプリケーションソフトウェアを提供するビジネスモデルを指す言葉です。

近年のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進とともに市場規模が急激に拡大しています。

●SaaSモデルのトレンド
2020年に端を発した新型コロナウイルス感染症の流行により、SaaSモデルはますます盛り上がりを見せており、トレンドとしては、以下の7つがあげられるでしょう。

・オンライン営業
・オンライン組織
・ノーコード・ローコード
・APIエコノミー
・セキュリティ
・トランザクション
・IoT

●SaaSモデルのビジネスで成功している主な企業
SaaSモデルのビジネスで成功している主な企業としては、以下の5つがあげられます。

・Google
・Microsoft
・Salesforce
・Adobe
・Sansan

●SaaSモデルのビジネスに取り組むことで得られるメリット
SaaSモデルのビジネスに取り組むことで得られるメリットとしては、以下の3つがあげられます。

・サブスクリプション方式と導入の手軽さの相乗効果により、より多くのユーザーを獲得できる。
・長期的に見れば、パッケージ版よりも高い収益を見込める。
・収益の予測が容易になるため、長期的な視点を持って事業運営ができるようになる。

●SaaSモデルのビジネスに取り組むことでこうむるデメリット
SaaSモデルのビジネスに取り組むことでこうむるデメリットとしては、以下の3つがあげられます。

・軌道に乗らないうちはキャッシュアウトに悩まされる可能性がある。
・ユーザーの心がサービスから離れないよう、常にアップデートをし続けなければならない。
・ユーザーの満足度を高めるため、カスタマーサポートに注力しなければならない。

参考
SaaS導入のメリット・デメリット、最近話題のSaaSモデルについて解説

4.SaaSとAPI連携

4.1 APIとは?

APIとは「Application Programming Interface」の略称でソフトウエア同士のプログラムを共有する仕組みです。

APIが提案される以前は、プログラムAとプログラムBが搭載されたソフトウエアを両方同時に使いたい場合、直接共有ができませんでした。
そのため、共有するための新しいプログラムを開発する必要があったのです。

APIを活用すれば、それぞれのソフトウエアをデータベース上の同じプログラムとして使用できるわけです。

APIは、ソフトウエア(アプリケーション)をつなぐことによって、機能性を拡張させ、ユーザーが便利に使えるようにするためのものです。
たとえば「Aソフト」でチャット機能を使用しながら「Bソフト」でデータを収集、「Cソフト」でデータを解析することが可能となります。

このように、APIでアプリケーション同士を連携することを「API連携」といいます。
近年は自社で開発しているサービスを外部から連携できるようにAPIを公開する動きが活発化しています。

一方、日本に視点を合わせると米国、英国、ドイツといった欧米諸国と比較してAPI認知は決して高いとはいえない実態があります。
APIを活用すれば、バックオフィス作業の効率がよくなるメリットがあります。

次節ではAPI連携のメリットとバックオフィスで活用する事例を具体的にみていきましょう。

4.2 SaaSとAPIを連携するメリットは?事例も紹介

ここでは、API連携のメリットとバックオフィスで活用する事例を紹介します。

SaaSとAPIを連携するメリットは大きく分けて次の3点です。

・自社に導入したSaaSごとのデータを1つに統合できる
・データを統合することで、リアルタイムの社内共有が実現でき、意思決定もスムーズに行える
・コスト削減・業務の効率化につながる

APIを活用すれば、バックオフィス作業の効率がよくなります。
たとえば、経理、総務、人事などの部門で有効に活用し、業務の効率化ができる事例があります。

会計ソフト
会計ソフトと口座・クレジット利用履歴のシステムを連携し、帳簿入力作業を解消できます。

人事関連の基本情報ソフト
労務・給与・社会保険・勤怠・経歴・評価状況などの他システムと連携し、情報を一元化します。

採用管理ソフト
履歴書データ取得・オファーレター作成・日程調整の採用管理ソフトとコミュニケーションツール(Slack)やWEB面接サービスソフト、人事労務管理ソフトなどを連携します。

4.3 SaaSとAPI導入のポイントと注意点

SaaSとAPIは企業にとって魅力的なツールですが、導入するにあたっては注意すべきポイントがあります。

複数のデータを統合する際には、不正確データに注意します。
たとえば、名前・電話番号・住所などのデータが相違している場合、顧客ひとりに対していくつものデータがバラバラに存在してしまうことが考えられます。

データクレンジングなどを行っておき、連携失敗の影響が顧客に及ばないようにすることがポイントです。

また、API開発企業が提供を停止したり、仕様を変更したりすると、サービスに不具合が生じる可能性があることも知っておきたいポイントです。

参考
SaaSとAPIの連携で企業のバックオフィスが変わる!企業が導入する時のポイントとは

5.まとめ

本記事では、SaaSについて解説しました。
SaaSの拡大によって商品やサービスを販売してビジネスが完了する時代から、商品やサービスをユーザーが利用している期間は継続課金できる新たな収益確保システム(サブスクリプションモデル)へシフトする取り組みは、今後もますます進んでいくと言えるでしょう。

既存パッケージのリプレースを検討している方は、ぜひSaaS方式のサービスの導入も検討してみてはいかがでしょうか。

なおSaaSを導入する場合であっても、SaaSモデルのビジネスに挑戦する場合であっても、今回紹介した両者の視点からのメリット・デメリットをしっかりと押さえておくことが重要です。

【著者プロフィール】
「ラーニング・イノベーションLABO」編集部
人事領域において人材開発やDX・ITにおけるクリティカルな情報をお届けします。
また、人事担当者の方々が日々抱える人材育成、人材開発における課題を整理し解決していくメディアを目指しています。
人材開発の先にある、社員の方一人一人の自己開発型人材の実現を目指し気づきと学びを提供するべく情報をお届けしていきます。
Recommend おすすめ記事
サムトータルのソリューション
人材の可能性を引き出したい!
今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
サムトータルのソリューション詳細はこちら
ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
PAGE TOP