SaaS・PaaSs・IaaSの違いについて分かりやすく解説

「SaaS」「PaaS」「IaaS」は、いずれもクラウドサービスの提供形態を指す用語です。

しかし、それぞれの用語がどのようなサービスを指すのかについては、すみわけが曖昧で分からないという人も多いでしょう。

そこで今回は、SaaS・PaaS・IaaSの違いについて分かりやすく解説します。

まず、はじめにSaaS・PaaS・IaaSそれぞれについて、概要、メリット、デメリットを解説しましょう。

目次

SaaSとは

SaaS(サース)とは、「Software as a Service」の略称であり、主にインターネットを通じて文書作成ソフトやコミュニケーションツール、ファイルの保管・共有ストレージなどのアプリケーションソフトウェアを提供しているクラウドサービスです。

SaaSの具体例

Google WorkspaceやMicrosoft Office 365、Dropbox、Slack、Zoomなどが、SaaSの具体例として広く知られています。

SaaSの主なメリット

SaaSの主なメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

●システムの運用管理や構築の手間がほとんどかからない。
●自動でアップデートが行われるため、常に最新の機能を使える。

SaaSの主なデメリット

一方、SaaSの主なデメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

● カスタマイズ性が低い。
● メンテナンス期間中などには一時的にサービスを使えなくなる場合がある。

PaaSとは

PaaS(パース)とは、「Platform as a Service」の略称であり、主にインターネットを通じてシステムやアプリケーションを開発するためのOSやミドルウェアなどのプラットフォームを提供しているクラウドサービスです。

PaaSの具体例

Google App Engine(GAE)やMicrosoft Azure、Amazon Web Service(AWS)などが、PaaSの具体例として広く知られています。

PaaSの主なメリット

PaaSの主なメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

●簡単に高機能なシステムやアプリケーションの開発ができる。
●開発環境の整備やメンテナンスの手間がかからないため、コーディングなどの開発作業に集中できる。

PaaSの主なデメリット

一方、PaaSの主なデメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

● 開発環境を自由にカスタマイズできない。
● 使用できるプログラミング言語が限定される。

IaaSとは

IaaS(イアース/アイアース)とは、「Infrastructure as a Service」の略称であり、主にインターネットを通じてサーバーやネットワークなどのインフラを提供しているクラウドサービスです。

IaaSの具体例

Google Compute Engine(GCE)やAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)などが、IaaSの具体例として広く知られています。

IaaSの主なメリット

IaaSの主なメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

●カスタマイズ性が高い。
● サービスに柔軟性がある。

IaaSの主なデメリット

一方、PaaSの主なデメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

● 使いこなすためには高度な専門知識が必要。
● セキュリティ対策なども自分で行う必要がある。

SaaS・PaaS・IaaSの主な違い

SaaS・PaaS・IaaSそれぞれの概要、メリット、デメリットを解説しましたが、SaaS・PaaS・IaaSの主な違いは、「提供されているサービスの範囲」にあります。

表:提供されているサービス比較




クラウドサービスは深い層から「ネットワーク」「ストレージ」「サーバー」「OS」「ミドルウェア」「アプリケーションソフトウェア」の6つのレイヤーに分けられます。

すべてのレイヤーをカバーしているのがSaaSまでをカバーしているのがIaaSです。

カバーされているレイヤーの範囲が広ければ広いほど、運用管理や構築の手間を抑えられます。
一方、カバーされているレイヤーの範囲が狭ければ狭いほど、カスタマイズ性が高くなります。

SaaS・PaaS・IaaSのどれを導入するべきか

SaaS・PaaS・IaaSの主な違いは、「提供されているサービスの範囲」ですが、ここではニーズにあわせてどれを導入すべきか解説します。

既に完成されている高い機能を持つアプリケーションを使いたい場合には、SaaSを利用することをおすすめします。

一方、自分にとって使い勝手の良いアプリケーションを自ら開発して運用したい場合や、そもそもアプリケーションを開発すること自体が目的の場合には、PaaSやIaaSを導入した方がよいでしょう。

アプリケーション開発に集中したい場合や、より手軽に人工機能やIoTなどの高度なアプリケーションの開発に取り組みたい場合には、既に開発環境が整えられているPaaSの導入がおすすめです。

開発環境の構築から運用管理、アプリケーション開発までをすべて自らの手で行いたい場合には、IaaSを選ぶことをおすすめします。

まとめ

SaaS・PaaS・IaaSの違いを分かりやすくまとめると次のようになります。

◆SaaSはアプリケーションソフトウェアを使うためのクラウドサービス

◆PaaSはプラットフォームを使ってアプリケーション開発ができるクラウドサービス

◆IaaSは開発環境の構築からアプリケーション開発までを自分でカスタマイズできるクラウドサービス

SaaS・PaaS・IaaSのどれを選択すべきか悩んだ際には、自分がクラウドサービスに求めているものは何かをよく吟味し、よりニーズを満たしてくれるクラウドサービスを選択してください。

【著者プロフィール】
「ラーニング・イノベーションLABO」編集部
人事領域において人材開発やDX・ITにおけるクリティカルな情報をお届けします。
また、人事担当者の方々が日々抱える人材育成、人材開発における課題を整理し解決していくメディアを目指しています。
人材開発の先にある、社員の方一人一人の自己開発型人材の実現を目指し気づきと学びを提供するべく情報をお届けしていきます。
メルマガ会員登録で最新のマーケティング情報やトレンド情報、
イベント情報などをメールマガジンにて配信いたします。

    お名前
    E-MAIL (半角英数字)

    サイトでご紹介しているテーマやソリューションについて、
    ご相談等ありましたらお気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせ
    Recommend おすすめ記事

    Ranking 人気記事ランキング

    サムトータルのソリューション
    人材の可能性を引き出したい!
    今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
    サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
    「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
    サムトータルのソリューション詳細はこちら
    ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
    PAGE TOP