離職率の低い企業の社員に対するエンゲージメント向上施策とは?1on1コミュニケーションの重要性


優秀な人材を採用し、自社で長く活躍できる社員として定着させていくことはとても大切です。
人材の成長なくして企業の成長はありえません。
しかし、現代は少子化により労働人口が減少してきています。また終身雇用は崩れ、転職を前提としたキャリア形成なども当たり前になっています。

このような時代においては、優秀な人材を自社に定着させ、長期的な視点で育成していくことのハードルは上がっているといえるでしょう。
そんな中、離職率の高い企業もあれば低い企業もあります。
離職率が低く、社員が定着している企業はどのような施策を実施しているのでしょうか?
この記事では「社員のエンゲージメント向上」という視点で離職防止策について見ていくことにします。

目次

エンゲージメント向上と離職率の関係

「離職防止には社員のエンゲージメント向上が大切だ」という認識が広がり「社員のエンゲージメントを上げよう」と考える企業が増えています。
しかし、そもそもエンゲージメントとは何であり、離職率とはどのような関係があるのでしょうか?
まずはその点を明らかにしていきたいと思います。

「エンゲージメント」とは、企業やブランド、商品やサービスなどに対する「愛着」「思い入れ」であるとされています。
社員の持つエンゲージメントについていえば「エンゲージメントが高い状態」とは、具体的には「この会社が好きだ」「この会社で成長したい」「この会社に貢献したい」「この会社で働くことが楽しい」といった心理状況を指します。

社員のエンゲージメントが高いことには以下のメリットがあるとされます。

・社員のモチベーションが高まる
・会社の業績が上がる
・会社の雰囲気が良くなる
・離職率が下がる

4つに分けて示しているものの、それら全ては繋がっています。
モチベーション高く仕事に打ち込めており、会社の業績も好調、社内の雰囲気も良い…そのような状態であれば「離職したい」という気持ちが起こりにくいことは容易に想像できるでしょう。

エンゲージメント向上のための施策例

離職防止におけるエンゲージメントの重要性はわかりました。
それでは社員のエンゲージメントを上げていくには、具体的にどのような取り組みをすればよいのでしょうか。
社員のエンゲージメント向上には以下のような取り組みが有効だとされています。

・自社の理念やビジョン、社会に対する貢献などを共有する
・社内コミュニケーションを活性化する
・適切な人事評価・フィードバックを実施する
・社内制度や環境の見直し・改善をする
・社員エンゲージメントを定期的にサーベイする

このような施策を実際に行い、社員のエンゲージメント向上を実現した企業の例も見てみましょう。

多様な働き方を推進し離職率を削減(サイボウズ株式会社)

サイボウズ株式会社は「100人いたら100通りの働き方」があってよいという考え方に基づき、多様な働き方を実現するために、在宅勤務・人事評価・休暇などの制度や、情報共有クラウド・ビデオ会議などのツール、多様な個性を重視する風土などを整え、離職率を下げると同時に、採用・教育コストの削減を実現しています。

表彰会を実施して評価に対する満足度を向上(ブランディングテクノロジー株式会社※旧社名:株式会社フリーセル)

ブランディングテクノロジー株式会社では、休暇制度や各種手当など働きやすい環境づくりや質の高い研修制度を採用し、各事業で優秀な成果を出した社員を表彰する表彰制度を設けることで、評価に対する満足度を向上させています。

1on1の振り返りで仕事にやりがいを感じてもらう(グリー株式会社)

グリー株式会社では、成長支援制度という名のもとに、社員の高い成長を実現するためにさまざまなプログラムを採用しています。
そのなかのひとつとして「1on1」があり、最低でも月1回は上長と1on1の個人面談を実施し、社員の目指す姿と現状とのギャップを振り返ることで、やりがいのある仕事へのチャレンジにつなげています。

エンゲージメント向上・離職防止のためには「1on1コミュニケーション」が大切

エンゲージメント向上のための施策例を前項で見ましたが、ここでは「1on1コミュニケーション」に注目したいと思います。
というのも、社員が高いエンゲージメントを持つ前提として、社内でコミュニケーションが十分にとれ、上司や同僚との間に信頼関係ができていることが重要だからです。

大勢の社員が参加するミーティングとは異なり、上司と部下の1on1のミーティングでは、お互い周りを気にせず自然体に近い形で話ができます。

このような1on1ミーティングは、週1回〜月2回程度、1回30分ほどの時間で行われるのが一般的です。
このような取り組みをする企業は増えており、『ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法』という本は日本の人事部「HRアワード2017」書籍部門で優秀賞を獲得しました。

上司が部下の心理状況を把握し、抱えている悩みや課題に対してアドバイスをしたり、成長を評価できます。
1on1ミーティングによって、社内制度や環境面での課題が浮かび上がることもあるでしょう。
それらを改善することで、社員全体のエンゲージメント向上につながる可能性があります。

1on1で向き合うことで深い信頼関係が構築でき、社内全体のコミュニケーションが活性化していくことが期待できます。
上司が部下について理解を深めることができれば、部下の能力をより活かせるようになるでしょう。
そうなれば、部下もこれまで以上にやりがいを持って仕事に取り組めるようになるはずです。
このような状況を作り出せれば、結果的に離職率も低下するのです。

まとめ

◆社員のエンゲージメントが高ければ、離職率は下がる。エンゲージメントには自社への愛着や思い入れといった意味があり、離職を防ぐこと以外にも、以下のようなメリットがある。

・社員のモチベーションが高まる
・会社の業績が上がる
・会社の雰囲気が良くなる

◆社員のエンゲージメントを向上させるのに有効な施策は複数あるが、中でも重要なのが1on1のコミュニケーションである。
1on1のコミュニケーションを取り入れることで社員のエンゲージメントを向上させ、優秀な人材が定着しやすい環境をぜひ実現しよう。

Recommend おすすめ記事
サムトータルのソリューション
人材の可能性を引き出したい!
今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
サムトータルのソリューション詳細はこちら
ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
PAGE TOP