人材育成の課題を解決するフレームワークとは?活用のポイントを解説

人材育成をより効果的に行うためには、フレームワークの活用が欠かせません。
ひとことで人材育成といっても、企業が必要とする人材は部門や担当業務によって異なり、課題に対してスピーディーに計画を立て実行していくためには、プランの枠組みとなるフレームワークが必要なのです。
そこで今回は、日々直面する課題を解決するための具体的なフレームワークについて、また戦略的な人材育成のための活用ポイントを紹介します。

目次

人材育成にはフレームワークが必要

フレームワークとは、物事を捉える枠組みのことです。
たとえば、人材育成の業務でテーマ別の研修や階層別の研修を考える際に、フレームワークで現状の業務を棚卸して分析し最適な形を見出すことにより効率化が上がりまた生産性も上がります。

企業が目標とするのは育成のビジョンではなく、あるべき人材に向けた育成・研修計画です。
それを達成するための考えや概念をフレームワークで考えていくことで具体的な道筋が見えるわけです。

また、人材育成においてはコスト、育成効果、育成人材の見える化など多種多様な課題を抱えており、枠組みがあることによって、経営者・人事担当者など人事に関わるメンバーで共通認識が確立しやすくなります。

フレームワーク活用のポイント

フレームワークは物事を捉える枠組みであり、あることを整理して分析し整理することで新しい発見や物事が整理されるツールですが、フレームワーク自体はあくまで枠組みであり、自社の人材育成に最適なツールとして準備されているわけではありません。

経営者・人事担当者など人事に関わるメンバーが自社の人材育成の課題解決のためにフレームワークを活用する際には、既存のフレームワークの中から自社にあった枠組みを選択したのちに、カスタマイズしていくことが重要となります。
フレームワークを有効に活用するためには下記の4つのポイントが考えられます。

1.自社のビジョンにあわせた理想の人物像を明確にする

人材育成の目標は、実務的な視点でみると部門や担当業務によって異なりますが、企業経営の俯瞰的な視点で考えると、社員を自社のビジョンにあわせた理想の人物に育成することになるでしょう。
そのためには、自社のビジョンにあわせた理想の人物像を明確にする必要があります。

2.ポジションや業務にあわせた理想の人物像を明確にする

人材育成の目標は、実務的な視点でみると部門や担当業務によって異なります。
幹部候補やマネージャーなどのポジションや企画、営業などの部門・担当業務にあわせた理想の人物像を明確にすることも重要です。

3.フレームワークは場面で使いわけながら実践を繰り返す

フレームワークは、人材育成の課題解決に向けて計画を立て実行していくためのツールです。
企画や計画段階でフレームワークを埋めるだけで完了ではありません。
実務の場面ではさまざまな問題が発生します。フレームワークは場面で使いわけながら実践を繰り返す必要があります。

4.フレームワークを最適な形にアレンジする

フレームワークを実際の実務の場面で使いわけながら実践を繰り返し、人材育成の目標達成に向け効果が見られたかどうかを検証した結果をもとに、ポジションや担当業務に最適な形に改善しアレンジを継続していく事も重要です。

人材育成のフレームワーク事例3選

人材育成の課題を解決するためのフレームワークとしては下記の3つがあげられます。

SMARTの法則
SMARTの法則は、目標を達成するためには5つの成功因子があるとする考えをもとに目標設定の段階から5つの成功因子を取り入れるフレームワークです。

①Specific(明確性):設定した目標が明確で具体的か
②Measurable(計量性):目標の達成率・進捗度が測定できるか
③Assignable(割り当て設定):役割・権限が適切に設定されているか
④Realistic(実現可能性):現実的な目標を設定しているか
⑤Time-related(期限設定):具体的な期限が設定されているか

ロバート・カッツの理論
ロバート・カッツの理論は、管理職に求められるスキルをまとめた理論ですが、 新人を含む誰にでも適用でき、育成方法の検討のフレームワークとして活用されています。
ロバート・カッツの理論では、必要とされるスキルを3つとしています。

①コンセプチュアルスキル:問題解決のための具体的な筋道を立てるスキル
②ヒューマンスキル:対人関係能力
③テクニカルスキル:特定の業務を進めていく上でのスキル・知識

思考の6段階モデル
思考の6段階モデルは、教育学者のベンジャミン・ブルームが提唱したもので、人が物事を理解し成長する基本を6段階であらわしたモデルです。

①記憶:事実、方法などの知識を持っている段階
②理解:内容を解釈したり、言い換えたり説明できる段階
③応用:知識を他の場面にも活用できる段階
④分析:全体を俯瞰して、構成する要素を分類し、説明する段階
⑤評価:内容を分析・批評する段階
⑥創造:5段階までの能力を活かして新しいものを生み出す段階

まとめ

◆ フレームワークとは、物事を捉える枠組みのこと。

◆ 人材育成のように、企業経営のために現在から将来に向けてどのような人材が必要なのかといった理想の人物像を考えたり、現状を分析したりする業務を行う際にはフレームワーク(枠組み)があると、メンバーの思考が加速する。

◆ 既存のフレームワークの中から自社にあった枠組みを選択したのちに、カスタマイズしていくことが重要である。

◆ 人材育成の課題を解決するためのフレームワークとしてはSMARTの法則、ロバート・カッツの理論、思考の6段階モデルの3つがあげられる。

Recommend おすすめ記事
サムトータルのソリューション
人材の可能性を引き出したい!
今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
サムトータルのソリューション詳細はこちら
ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
PAGE TOP