あなたの会社の成長を後押しするHRテックとは?AIとRPAがもたらす生産性向上


世界的に生産年齢人口が低下していく中、日本企業が勝ち残るためには、今いる社員を育て、活用しながら生産性を上げていかなければなりません。
そこで注目されているのがHRテクノロジー(HRテック)です。

今回は、HRテックの概要から導入の背景、活用のポイントなどについてご紹介します。

目次

HRテックとは

HRテックとは、「HR(Human Resource):人的資源」と「テクノロジー(Technology)」を掛け合わせた造語で、人工知能(AI)・ビッグデータ・クラウドなどの先端テクノロジーを駆使し、採用・育成・評価・配置のあらゆる人事業務を効率化させ、質の向上を目指すサービスです。

これまでの人事システムと異なる点は、大きく分けて次の2点です。
・クラウドやビッグデータ解析、ロボティクス、AI 、VR、ARなど最先端技術を活用
・インターフェイスや操作性が大きく改善され、大幅な生産性向上が見込める

経営戦略の上で人事が果たす役割が世界的に重要視されるようになり、HRテックの普及が加速したといわれています。 日本においてもHRテック市場は拡大を続けています。

参考:
・HRテックとは?人事の生産性向上におすすめのツールを紹介

HRテック導が求められる背景

企業の人事担当者は、従来は過去の経験や勘をもとに人事評価を行うことが多々ありました。
しかし最近はそういったことは大幅に減り、経験や勘とは異なる科学的な人事の評価が重視されるようになりました。

さらに人事評価で扱うデータに関しては、昨今グローバル化やダイバーシティが進んでいることもあり、多角的な見方をしながら評価することが求められています。
「この人は性格が良い」、「この人はいい大学を出ている」、「この人は営業成績が良い」といった表面的なことだけでなく、プロセスやアウトプットも評価に組み入れることが重要となります。

また、より広範なデータの収集やパーソナライゼーションを行い、個人個人に合った形の評価・分析をしていかなければなりません。
そのためHRテックを活用して、主観と経験と勘に頼らない、データに基づいた根拠のある判断をしていくことが求められています。

参考:
・経営プロ× 日経 “人財を活かす” 経営変革フォーラムVol.3 激変する時代を勝ち抜く、先進のマネジメントと人材育成

HRテックの近年の傾向

今まではインターネットでは当たり前だったビッグデータは、HRの分野ではなかなか実現されていませんでした。
旧来のシステムはビッグデータを扱える仕様ではなかったので、ビッグデータ活用のためには、システムのデータベースを根本から入れ替える必要が出てくるため、従来のHRシステムではビッグ・データベースは使われていませんでした。

しかし最近ではHRデータのビッグデータ化が進み、分析もAIが行うという流れが進んでいます。
これまでのHRデータはというと、住所・氏名・年齢から始まり、入社時期・給与額・職務経歴・受けてきた評価、といった履歴情報が中心でした。

今後は、履歴以外のあらゆる情報が追加されていくことになります。例えば、趣味や言葉遣い、歩き方の癖など、どう使うと有用なのかわからない情報でも、その人にまつわるデータは、とにかく何でも入れていくようになるはずです。

そして大量にビッグデータ化された情報からその人の人物像、能力などをAIが見極めます。
従来は、ある人を評価する場合、その関係者、つまり上司や同僚、担当する顧客、友人などの意見から導き出すしかありませんでしたが、すべてがビッグデータ化されると、AIを介して問い合わせることが可能となります。

「この人のここが知りたい」、「この人はいったいどのような人なのだろう」などと質問すれば、膨大なデータを元に、瞬時にAIが論理的な答えを出してくれるでしょう。

また人事評価に限らず、教育に関して言えば、個人個人によってカリキュラムを自動化することも可能です。
つまり、その人の将来のキャリアパスを見据えて、その人の教育カリキュラムはこうあるべきだ、とAIが自動的に判断し、作成を行うことも可能です。

また、従来のタレントマネジメントでは、限られたデータベースの中から最適な人材を選ぶという方法しかありませんでした。
例えば、スペイン語を話せる人を探す場合、スペイン語を話せるというデータをある人が持っていれば、当然結果としてその人の名前が出てきます。

しかし、昨今の人材発掘は、そのような単純な話ではなくなってきています。
例えば、「営業の人間だが、実は絵を描くのが上手い」というようなデータは、今までのタレント・データベースには入れづらかったものですが、ビッグデータでは問題ありません。
このように、一人一人に対して、今までは入力されなかった情報がいろいろな角度から膨大に蓄積されていきます。
そのため、複合的な条件から思いもよらない、すなわち今まで埋もれていた有能な人材の発掘も、ビッグデータを活用したHRテクノロジーによって実現することが可能となります。

参考:
・HRサミット2018 最新のHRテックとその応用
・「働き方改革とHRTech 最前線」講演録 最新のHR テックとその応用

HRテックによる生産性の向上

生産性向上とは、限られた人的リソース・時間の中で生産性の向上を目指すことです。生産性向上を語るうえで、「労働生産性=総労働量分の付加価値総額」という計算式は外せません。
「付加価値総額」を増大させるためには、高付加価値業務の優先度を向上させる必要があり、一方の「総労働量」を低減させるためには、業務の整理・シンプル化が必要です。

そのための一つのアプローチとしてHR Tech、特にRPA(プロセス自動化)を活用することが効果的です。
RPAとは数年前に米国のRPA協会にて使われ始めたバズワードであり、ロボットによるホワイトカラーの業務代行の取り組みを表す言葉です。
RPAは、別名「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」とも呼ばれ、人手不足に悩む企業の新たな労働者として注目を集めています。

しかし、今ある仕事をすべてRPAに移行する必要はありません。
まずは現状の業務を見直して、非効率な、もしくは複雑すぎるプロセスをシンプル化し、効率化していくことが重要です。
単純作業はアウトソーシングを利用し、一方で単純作業の自動化や、ピーク時の人員不足をシステムに任せるなど、RPAを活用することで、単純作業からスタッフを開放し、より戦略的かつ高付加価値な業務にシフトしていくことができます。

参考:
・「働き方改革とHRTech 最前線」講演録 RPAがもたらす生産性向上
・「働き方改革とHRTech 最前線」講演録 働き方改革とHR Tech の活用

HRテック活用のポイント

現在の日本企業がHRテックを活用するポイントとしては、大きく分けて「人事部門のリテラシーの向上」と「DX」という2つの活用促進ポイントがあります。
ただし、HRテックを有効に活用するためには、活用をしていくための土壌を作ることが重要です。
土壌ができてこそ人事業務にHRテックを効果的に活用することができます。

まずHRテック活用のための土壌をつくるためには次の3つの点に注目する必要があります。

・改善したい業務領域とその課題から検討する。
・人事戦略におけるHRテックの位置付けと運用体制を明確にする。
・人事業務を向上するための目標を設定する。

人事部門のリテラシーを向上させるHRテックの活用例 HRテックが活用される領域は、主に「採用管理」「労務管理」「育成管理」「組織管理」があります。
HRテック導入は、人事部門をはじめ、組織や従業員にとっても有益な改善につながるのです。

それぞれの人事管理における活用例は以下になります。

 採用管理におけるHRテックの活用例

・面接官の評価基準のブレをなくす
・正確な人事評価を行う
・自社に最適な人材を選別する
・スケジュール管理や採用候補者との連絡などの管理業務のシステム化

育成管理におけるHRテックの活用例

・研修システムの分析と改善
・エンゲージメントの測定

労務管理におけるHRテックの活用例

・勤怠、休暇などの様々な労務管理データの一元管理
・給与計算等の日常業務のシステム化

組織管理におけるHRテックの活用例
・社員の人事基本情報の管理
・社員のスキル、経験、資格、評価などの一元管理
・社員の目標管理 差し迫ったDX

参考:
・HRテックとは?人事の生産性向上におすすめのツールを紹介

人事の生産性向上に役立つツール

HRテックは多くのベンダーが人事の生産性向上に役立つツールを提案しています。
ここでは、「採用管理」「育成管理」「組織管理」という人事の3つの重要な業務に活かせるツールを紹介します。

 採用管理の生産性向上

・HARUTAKA(ハルタカ)
クラウド上に蓄積された動画を見て候補者を選考できる録画動画選考や、候補者が離れた場所にいても管理画面上で時間を調整してリアルタイムでの面接を可能にするライブ面接機能など、採用活動の生産性向上に役立ちます。

育成管理の生産性向上

・SumTotal Talent Expansion® suite
蓄積されてきた組織全体の知識や経験をビックデータ化し、従来のeラーニング・システムやタレント・マネージメント・システムの問題点を解決します。
自発的かつ継続的に人材を育成することにより、「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
Core AIを活用した研修内容の質問の自動配信やリマインド、受講者同士でディスカッションできるオンラインフォーラムなどの機能をもちます。
個々の社員の学習状況やスキルを見える化し、人材育成だけでなく人事評価の指標としても活用可能です。

組織管理の生産性向上

・Oracle HCM Cloud
人材・組織管理に必要なすべてのデータがひとつのデータベースで管理されており、必要な情報がリアルタイムにアクセスでき、容易な分析が可能です。

・SAP SuccessFactors
人材にかかわるあらゆる情報を一元的に管理し、人材戦略を立てやすいビューとして見せるシステムです。 AIによる幹部候補選出機能もあります。

・WILL CANVAS
従業員に対する意識調査をベースに組織の現状を可視化し、自律的な組織変革につなげるクラウドサービスです。 組織のありたい姿の明確化やKGI、KPIの設定をサポートし、KPI達成に向けた施策選択・進捗管理やレポートをクラウドでリアルタイムに確認できます。

参考:
・HRテックとは?人事の生産性向上におすすめのツールを紹介

まとめ

本記事ではHRテックについて解説しました。

新型コロナウイルスの影響により、企業におけるDXの促進が求められています。
新型コロナウイルス収束のめどが立たない中、ウィズコロナの時代を勝ち残っていくためには、人事業務の効率化を加速させる必要性があります。DX促進の解決策としてHRテックの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

Recommend おすすめ記事
サムトータルのソリューション
人材の可能性を引き出したい!
今いる社員を大事に育て、組織を強くしたい。
サムトータルのラーニングと人材開発ソリューションで
「教育と育成によって進化する組織」を実現します。
サムトータルのソリューション詳細はこちら
ラーニングを中心とする人材育成ソフトウェア 変化する社会と仕事のためのソリューション
PAGE TOP