第3回 ハイパフォーマー分析が「健康経営」に繋がる?!その理由とは?【中編】

2018.11.02 
463
第3回 ハイパフォーマー分析が「健康経営」に繋がる?!その理由とは?【中編】

みなさんこんにちは。
このコラムでは「健康経営」というキーワードを中心に、人事関連の様々なトピックについて考えていきます。

第3回ではHP/ハイパフォーマー(LP/ローパフォーマ―)分析と健康経営とのかかわりについてお話を進めています。前編では、HP(LP)分析の基本的な進め方と留意点について中心に述べました。
今回は、特にHP分析に焦点を当てて、健康経営との関連性を論じていきたいと思います。それでは始めましょう。
前編ではこちらのHP分析の結果の図を掲載しました。
HP(LP)分析のアウトプットイメージ図
この架空の事例では、HPは特性Aと特性Dが他の特性に比べてより高いという全体としての傾向が見られましたね。

次にすべきことは、一般的には次の2つになるかと思います。
◇現時点ではHPでないと評価されている従業員の中から、特性Aと特性Dが比較的高い人員を探索し、HP候補として選抜する。
◇HP候補群の選抜・育成と並行して、特性Aと特性Dを優先的に伸ばすための全社員向け研修プログラムを設置する。
ここまではみなさんも想定できるお話かもしれません。

そして、ここからが中編のメインパートです。
健康経営の文脈において、私たちが発見すべきは…この記事の続きはダウンロード資料にてご覧いただけます。

「健康×経営ラボ」は健康経営と生産性向上について考える、
カシオヒューマンシステムズ株式会社が運営するメディアです。
経営や人事に携わる方はもちろん、マネジメントに携わる方にも役立つ情報を更新しています。

参考リンク

関連記事

close