第2回 「生産性×健康経営」について考える【後編】

2018.09.03 
615
第2回 「生産性×健康経営」について考える【後編】

みなさんこんにちは。このコラムでは「健康経営」というキーワードを中心に、人事関連の様々なトピックについて考えていきます。

前回の第1回(前・中・後編)では「健康経営で本当に何かが変わるのか?」という問いについて考えてきました。

「健康経営で本当に何かが変わるのか?」(前編)はこちら
「健康経営で本当に何かが変わるのか?」(中編)はこちら
「健康経営で本当に何かが変わるのか?」(後編)はこちら

「生産性×健康経営」について考える【前編】「生産性×健康経営」について考える【中編】では、「生産性」についての全体像、ならびにそれを向上させる上での課題についての私の考えを述べました。
後編では生産性と健康経営の関係性について、主に「人間としての限界」の側面から論じていきたいと思います。

中編が少し長かったので、今回は短めでお送りします。

皆さんは「プレゼンティーズム」という言葉をご存知でしょうか。
健康経営を語る上ではいろいろなところで出てくるキーワードです。
近いうちにこの「健康×経営ラボ」でも紹介されると思います。
山下・荒木田(2006)(注1)によると、プレゼンティーズムの定義は「出勤している労働者の健康問題による労働遂行能力の低下であり、主観的に測定が可能なもの」であり、その「先行要因は職場要因と個人要因に分類され、健康問題を抱えた労働者の出勤するか否かの判断に影響を与えるもの」とされています(下線は筆者加筆)。

(注1)
山下未来・荒木田美香子, 「Presenteeism の概念分析及び本邦における活用可能性」, 2006, 『産業衛生学雑誌』 48, pp. 201-213.

要するに、職場環境や個人的な理由による身体的・精神的な不調のために、労働生産性が低下している状態、と言えるでしょう。

このプレゼンティーズムは…この記事の続きはダウンロード資料にてご覧いただけます。

「健康×経営ラボ」は健康経営と生産性向上について考える、
カシオヒューマンシステムズ株式会社が運営するメディアです。
経営や人事に携わる方はもちろん、マネジメントに携わる方にも役立つ情報を更新しています。

参考リンク

関連記事

close