第2回 「生産性×健康経営」について考える【中編】

2018.09.03 
460
第2回 「生産性×健康経営」について考える【中編】

“It takes all the running you can do, to keep in the same place.”
「その場にとどまり続けるためには、全力で走り続けなければならない」
-赤の女王(不思議の国のアリス)

みなさんこんにちは。
このコラムでは「健康経営」というキーワードを中心に、人事関連の様々なトピックについて考えていきます。

前回の第1回(前・中・後編)では「健康経営で本当に何かが変わるのか?」という問いについて考えてきました。

「健康経営で本当に何かが変わるのか?」(前編)はこちら
「健康経営で本当に何かが変わるのか?」(中編)はこちら
「健康経営で本当に何かが変わるのか?」(後編)はこちら

また第2回 「生産性×健康経営」について考える【前編】では、「生産性」というものについて自分なりに整理してみました。
今回は一歩踏み込んで、生産性について考える上で、ネックとなる論点について考えてみます。

私は、生産性には常にマイナスの引力が働いていると思っています。
常に下がる気マンマンなのだということです。
特に生産性を低下させるような行為を故意に行わなくても、技術やノウハウ、システムの陳腐化や、スタッフの異動・退職などの恒常的なイベントによって、生産性には常に下への引力が働きます。
多かれ少なかれ、読者のみなさんにも思い当たるフシがあるのではないでしょうか。
冒頭の赤の女王のコメントのとおり、常に走り続けないと現状維持できないということです。
その部分を指摘している赤の女王、分かってますね。

ここで再確認です。
生産性を向上させるために必要なのは…この記事の続きはダウンロード資料にてご覧いただけます。

「健康×経営ラボ」は健康経営と生産性向上について考える、
カシオヒューマンシステムズ株式会社が運営するメディアです。
経営や人事に携わる方はもちろん、マネジメントに携わる方にも役立つ情報を更新しています。

参考リンク

関連記事

close