第1回「健康経営」で本当に何かが変わるのか?【後編】

2018.08.22 
1,088
第1回「健康経営」で本当に何かが変わるのか?【後編】

みなさんこんにちは。
このコラムでは「健康経営」というキーワードを中心に、人事関連の様々なトピックについて考えていきます。

第1回「健康経営」で本当に何かが変わるのか?【前編】
第1回「健康経営」で本当に何かが変わるのか?【中編】

前編中編では、「健康経営」という言葉について私が考えるツッコミどころを好き勝手に述べてきました。
この後編では、それらの議論を踏まえたうえで、真の健康経営とはどうあるべきかについて、私の考えを述べたいと思います。

中編で述べたように、従業員の健康と生産性の向上との直接の因果関係はハッキリとは実証されていないと私は認識しています。
しかしそれは因果関係がないということを意味するのではなく、それ以前に「健康」と「生産性」を明確に定義・測定できていないことに起因するのではないでしょうか。
そもそも何をもって「健康」を表現するかはわかりませんし、「生産性」の定義も様々です。

これらの曖昧な概念を指標にして可視化すること、そして可視化された指標をコンパスにしながら、健康と生産性のどちらもが高いレベルでバランスした状態を実現させることこそが、真の健康経営なのではないかと個人的には考えています。

仕事に没頭し、健康を害してまで結果を出すのは持続的な取り組みとは言えません。
一方で、“神モード”に入ってノリに乗って仕事しているときの勢いは大事にしたいですよね。
また、特に若い時期は時間をかけてじっくり取り組むことも、将来的な成長には必要不可欠です。

そして、時間を忘れて働いたときは、しっかり休む。
すべての従業員がこのバランスを上手く取ることができれば…この記事の続きはダウンロード資料にてご覧いただけます。

「健康×経営ラボ」は健康経営と生産性向上について考える、
カシオヒューマンシステムズ株式会社が運営するメディアです。
経営や人事に携わる方はもちろん、マネジメントに携わる方にも役立つ情報を更新しています。

参考リンク

関連記事

close