第1回「健康経営」で本当に何かが変わるのか?【中編】

2018.08.17 
963
第1回「健康経営」で本当に何かが変わるのか?【中編】

みなさんこんにちは。このコラムでは「健康経営」というキーワードを中心に、人事関連の様々なトピックについて考えていきます。

第1回から「健康経営」という言葉について私が考えるツッコミどころをお話ししています。
前編では、「従業員の健康への取り組みは組織が当然やるべき『あたりまえ』のことなのに、どうして表彰制度なんてつくる必要があるのだろう?」という素朴な疑問と、それについての私の解釈を述べました。
この中編では、2つ目について述べていきたいと思います。

さて、一般的によく見かけるロジックとしてこんなものがあります。

「従業員が健康になると生産性が向上し、組織の業績も向上する」

ツッコミどころ②:この「従業員が健康になると生産性が向上し、組織の業績も向上する」というロジックは本当に正しいでしょうか?

現時点での私の答えは、ズルいようで恐縮ですが「わからない」です。
より正確に表現すると、「正しいと信じてはいるけれども、まだ誰もそれを明確に実証できていないではないか」という感覚です。

例えば組織の努力によって、ある社員が健康になったとします。
そしてもちろん、健康になった社員が自分の24時間をどう使うかは本人の自由です。
この社員は健康で自由に使える時間を何に配分するでしょうか。
所属する企業での仕事にもっと精を出す?スポーツ?飲み会?あるいは副業?

勘の良い方はお分かりになったかもしれませんが…この記事の続きはダウンロード資料にてご覧いただけます。

「健康×経営ラボ」は健康経営と生産性向上について考える、
カシオヒューマンシステムズ株式会社が運営するメディアです。
経営や人事に携わる方はもちろん、マネジメントに携わる方にも役立つ情報を更新しています。

参考リンク

関連記事

close