第1回「健康経営」で本当に何かが変わるのか?【前編】

2018.08.06 
1,775
第1回「健康経営」で本当に何かが変わるのか?【前編】

みなさんこんにちは。このコラムでは「健康経営」というキーワードを中心に、人事関連の様々なトピックについて考えていきます。

いきなりで恐縮ですが、私は人事の専門家ではありません。
専門で研究しているのは「マネジメント・コントロール」、誤解を恐れずにわかりやすく言うと「計数情報を中心とした組織マネジメント」です。

そのようなバックグラウンドから、「HRテクノロジー」や「健康経営」といったバズワードについては、これまである程度客観的に観察してきました。

一方で、会社勤めのときには経営企画メンバーとして人事的な経営課題に数多く取り組みましたし、採用も担当していました。
そして研究の道に入ってからは、慶應義塾大学の岩本隆先生と一緒に、様々な企業さまの人事データやサーベイ結果をお預かりして統計的に分析するといったことも数多く実施してきました。
そのため、統計学をベースとしつつ、人事のこともデータやシステムのこともある程度分かるという、絶妙な(微妙な?)立ち位置に現時点では立っていると思っています。

このようなバックグラウンドから、逆に人事でもベンダーでもない、ちょっと違った観点からお話ができるのではないかと考えています。
また、学術的な厳密性にはこだわらずに、実務の観点からお話をしていきたいと思っています。

しばしの間、お付き合いのほどをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、第1回のテーマはズバリ「健康経営」です。書いているうちに長くなったので、前編・中編・後編の3部作でお送りします。今回は前編です。

みなさんは当然、この「健康経営」という言葉にご興味があるからこのサイトをご覧になっておられると思いますが、実際のところどのようなご印象をお持ちでしょうか。
私の個人的な印象は…この記事の続きはダウンロード資料にてご覧いただけます。

「健康×経営ラボ」は健康経営と生産性向上について考える、
カシオヒューマンシステムズ株式会社が運営するメディアです。
経営や人事に携わる方はもちろん、マネジメントに携わる方にも役立つ情報を更新しています。

参考リンク

関連記事

close