健康経営

2019.12.25 
52

健康経営とは

健康経営とは、企業が従業員等の健康管理を経営的な観点で考え、戦略的に実践することをいいます。

健康経営に関心が高まっている背景として、
1.生産年齢人口の減少と従業員の高齢化
2.深刻な人手不足
3.国民医療費の増加
が挙げられます。

日本の構造的な課題の背景以外にも、高度経済成長期からの長時間労働の常態化や、多くの従業員が職場にストレスを感じていることも問題となっており、先進国内でも日本の生産性の低さは以前から指摘をされていました。

長時間労働やストレス環境によって生み出される、うつ病などのメンタルヘルスの対象者が増えるといった状況は、企業にとっては大きな問題になっています。
その中で、継続した企業活動には、優秀な人材を確保し元気にいきいきと働いてもらうための環境づくりが不可欠と考える経営者が増え、健康経営への関心が高まっているのです。

健康経営の取り組み

健康経営による企業を挙げた従業員の健康改善対策や取り組みは
・従業員の活力やモチベーションの向上
・労働生産性の向上
・離職率の低下
・採用に対する好影響
などにつながると考えられ、結果として業績や企業価値といった企業評価向上はもちろん、昨今においては投資家や株主の投資材料の1つとしても有用です。

具体的な取り組み事例として
・健康診断・人間ドック受診制度
・労働時間の適正化
・産業医・保健 スタッフによる面談
・ストレスチェックの実施
・従業員向けの健康セミナー・プログラムの開催
などがあります。

また、経済産業省では健康経営に係る各種顕彰制度である「健康経営銘柄」や「健康経営優良法人認定制度」を推進することで、優良な健康経営に取り組む法人を支援している。

この用語が使われているコラム

> 健康経営が生み出す企業価値の向上と従業員満足度(ES)について

健康経営とはストレスチェック・対策に代表されるように、従業員の健康保持・増進の取組みが将来的に収益性を高めるという考えの中で、健康管理による社員の維持・増進を目的としたものである。 健康管理によ...

> 中小企業でも実現可能な健康経営の施策と具体的な事例について

健康経営の目的 健康経営とは、従業員の健康づくりを経営的な視点でとらえ、実践する経営手法のことである。 従業員の健康を企業の重要な資産と捉え、従業員個人の健康管理に取り組み、さらに組織の活性化・企...

> 健康経営は個と組織に何をもたらすのか――。第1回

慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏 近年、従業員の健康増進への取り組みを強化し、「健康経営銘柄」や「健康経営優良法人(ホワイト500)」の看板を取得する企業が増えて...

関連記事

close
資料ダウンロード 健康経営に関する意識調査レポート 2018-2019 「働きがい」の源泉とは何か? 無料 資料ダウンロードする