健康経営は個と組織に何をもたらすのか――。第3回

2018.05.31 
556

慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏

近年、従業員の健康増進への取り組みを強化し、「健康経営銘柄」や「健康経営優良法人(ホワイト500)」の看板を取得する企業が増えている。

しかし一方で、健康経営自体が目的化し、業績に繋げられていない企業も少なくない。
多くの企業にとって、次なる課題は、健康増進をいかに生産性の向上や組織パフォーマンスの向上に繋げていけるかだ。

そこで本ページでは、「健康×経営ラボ」の監修者である、慶應義塾大学大学院 経営管理研究科・岩本隆特任教授へのインタビューを実施。

【第3回目】となる今回は、健康経営や働き方改革にいかにして取り組むべきか、健康経営と業績の相関や、成功させるためのヒントを伺った。

個と組織の関係性を見直しエンゲージメントを高める

――今後、企業は健康経営や働き方改革にどのように取り組むべきでしょうか。成功するためのヒントやアドバイスがあれば教えてください。

岩本 健康経営と業績とを直接的に結び付けるのは、やはり難しいことです。
そこで私がお勧めしたいのは、健康経営と業績との間にエンゲージメントという手法を入れること。

健康とエンゲージメントとの相関関係や、エンゲージメントと業績との相関関係は研究が進んでいるので、間接的に健康経営と業績を結び付けることができます。

――そもそもエンゲージメントとはどのようなものなのでしょうか?

岩本 エンゲージメントとは、社員の会社に対する「愛着心」を表すものですが、「婚約」という意味もあります。

つまり結婚前の男女の関係です。
婚約した両者は、お互いに対等な関係を築きコミットし合います。

これを企業と従業員に置き換えれば、企業は従業員が生き生きと働けるようにコミットし、従業員は企業の業績に貢献することをコミットする。
これが理想的なエンゲージメントの形です。しかし日本の場合、従業員は企業の言いなりになっており、対等な関係でなく、親子の関係になっています。これはエンゲージメントではありません。

――確かに日本企業は、エンゲージメントスコアが非常に低い傾向にありますよね。

岩本 採用氷河期を迎え、欲しい人材がなかなか採れなくなった昨今、企業はもっと危機感を持たなければなりません。

特に争奪戦となっている新卒者は、近年ますますエンゲージメントを重視する傾向になっており、企業は健康経営や働き方改革などにより注力していかなければならないと思います。

――エンゲージメントが高まると、組織のパフォーマンスや業績にどのような影響があるのでしょうか?

岩本 エンゲージメントは企業のカルチャーや風土と表裏一体です。
そして組織パフォーマンスは、個の強化、組織力の強化、風土改革(働き方改革)の3つをうまく回していくことで、最大化されます。

――単に健康経営という範囲にとどまっていると、おそらくそこだけの部分最適になってしまうので、もっと高次元に考える必要があるということですね。
個と組織の関係性を見直し、社員が日々生き生きと働いて、パフォーマンスを発揮できるようにすることが何より重要ですね。

岩本 世の中は企業の業績が上がることと労働者が幸せになることを対立概念にしたがるのですが、本当はイコールなのです。

理想は企業が儲かり、労働者もハッピーになること。
それをしっかり追い求めていかないといけないですよね。

これは私の個人的な考えですが、重要なのは残業や長時間労働の是正ではなく、仕事が楽しくなるような経営をすることではないでしょうか。

ワークライフインテグレーションという言葉がありますが、ワークが楽しくなって、ワークとライフが一体化する――。
企業は今後そういう経営を目指さなくてはなりません。

そして今、HRテクノロジーやRPAなどを活用すれば、そういう経営が実現できる時代になってきています。
そうした取り組みこそが、健康経営のベースになるはずです。

参考リンク

関連記事

close
資料ダウンロード 健康経営に関する意識調査レポート 2018-2019 「働きがい」の源泉とは何か? 無料 資料ダウンロードする