連結経営視点による「健康経営」と「働き方改革」
スペシャル対談 後編

2018.05.17 
387
連結経営視点による「健康経営」と「働き方改革」<br>スペシャル対談 後編

東京急行電鉄株式会社
人材戦略室 労務厚生部 統括部長 下田 雄一郎 氏 健康経営アドバイザー

カシオヒューマンシステムズ株式会社
取締役 陣内 孝之 氏

ProFuture株式会社
ファリシリテーター 代表取締役社長 寺澤 康介

昨今、多くの企業にとって、今後の成長戦略に関わる重要なテーマになってきているのが、「健康経営」や「働き方改革」。東京急行電鉄株式会社では、CHO(最高健康責任者)の設置や「健康宣言」の明文化などの取り組みで「健康経営銘柄」にも3年連続で選定され、このテーマで一歩先を行く取り組みを推進されています。

今回は、同社の人材戦略を統括されている下田雄一郎氏にインタビュー。
人事統合システムを提供するカシオヒューマンシステムズ株式会社の陣内孝之氏とともに、経営層のコミットメントやグループでの横串展開などを特徴とする同社の取り組み内容や、生産性向上に向けた今後の取り組み課題などについてお聞きしました。

前編はこちら
経営層のコミットを得て全社的取り組みを推進し、 今後はさらなる人事データの活用も視野に。 連結経営視点による「健康経営」と「働き方改革」。前編

目次

「制度・風土・マインド」の観点から進める「働き方改革」

陣内 「働き方改革」においても、データをきちんと取り、それを分析して、生産性向上につなげていくという観点はきわめて大事だと思います。
ただ、生産性の基準は何かというと、そこがまだ明確になっていない企業が多いようですね。

下田 日本では、これまで、労働生産性というと、1人あたりがどれだけ付加価値を生み出したかを見るというものが多く、結局、長時間労働に頼っている部分があったと思います。
しかし、これからは時間あたりの効率性を見ていかないと、真の労働生産性にはつながらないのではないでしょうか。

寺澤 同感です。御社は「働き方改革」にも早くから取り組まれていますが、内容をご説明いただけますか?

下田 当社の現行の中期経営計画では4つの重点施策を定めています。
そのうちの1つが「ライフスタイル&ワークスタイル・イノベーションの推進」で…この記事の続きはダウンロード資料にてご覧いただけます。

「健康×経営ラボ」は健康経営と生産性向上について考える、
カシオヒューマンシステムズ株式会社が運営するメディアです。
経営や人事に携わる方はもちろん、マネジメントに携わる方にも役立つ情報を更新しています。

参考リンク

関連記事

close