コラボヘルスが従業員の健康を変える
健康経営で生産性向上に取り組むコニカミノルタ スペシャル対談 後編

2018.05.16 
370

コニカミノルタ株式会社
常務執行役 人事部長 兼 総務部担当 若島 司 氏

コニカミノルタ株式会社
人事部 健康管理グループリーダー 兼 コニカミノルタ健康保険組合 常務理事 鈴田 朗 氏

カシオヒューマンシステムズ株式会社
取締役 陣内 孝之 氏

ProFuture 株式会社
ファシリテーター 代表取締役社長寺澤康介

企業の健康経営は、従業員の活力や生産性を向上させ、結果的に業績や企業価値の向上にも繋がると期待されています。
コニカミノルタ株式会社では、独自の施策により従業員の健康維持増進を推進し、多くの成果をもたらしました。そんな同社の取り組みにおいて、キーワードとなるのが、「コラボヘルス」と「見える化」です。

そこで今回は、同社の健康経営を牽引する若島氏と鈴田氏にインタビュー。
人事統合システムを提供するカシオヒューマンシステムズ株式会社の陣内氏と共に、健康経営に対する考えや取り組み事例、課題などをお話いただきました。

前編はこちら
コラボヘルスが従業員の健康を変える。 健康経営で生産性向上に取り組むコニカミノルタ 前編

定量的成果と定性的成果生産性の指標づくりも模索

寺澤 「健康経営銘柄」への2年連続選定など大きな成果を上げられていますが、定量的・定性的な成果としては他にどのようなものがあるのでしょうか?

若島 定量的成果として、フィジカル面ではハイリスク者数の削減目標を前倒しで達成したのに対し、特定保健指導対象者数の削減については目標達成が微妙な状況です。
一方、メンタル面ではメンタル不調での再休務者数の削減目標を前倒しで達成しました。
定性的成果に関しては、事業部門・関係会社ごとの健康度の見える化によって、自部門あるいは自社の立ち位置を認識してもらっていますので、部門長クラスの健康に関する意識レベルは着実に向上していると感じます。
また「健康経営銘柄」への連続選定によって一般従業員の意識も向上しつつあるようです。

陣内 カシオグループでも健保が従業員に万歩計を持たせたり、食堂でヘルシーメニューを提供するなど健康管理を徹底させていますが、その成果をいかに数値化し、何をもって経営層に「健康経営は価値がある」と納得させるか。
その点が非常に難しいですよね。

鈴田 そこは我々も一番悩んでいるところです。
現在、次期の健康中期計画を作っている最中なのですが、その中にプレンゼンティーイズム(出社していてもパフォーマンスが上がらない状況)の損失額など生産性の指標になるようなものを盛り込めないか模索しています。

寺澤 そういう意味では短期的な数字ばかりを追いかけず、ファンダメンタルな面で生産性向上とは何かを考えていく必要がありますね。

鈴田 おっしゃる通りです。
健康施策は今年実施したから来年結果が出るような即効性のあるものではありません。
地道に進めて、少なくても3年もしくは5年後くらいに結果が出てくるものだと考えています。

従業員の健康が第一思いを一つに団結した

陣内 御社の健康経営においては、やはりコラボヘルスが最大の成功要因だと思いますが、それまで人事側で保有していたデータと健保側で保有していたデータは、どのように融合させ、活用したのでしょうか?

若島 センシティブなデータもあったため大変気を使いました。
システムは人事と健保がそれぞれの思いを持って投資してきたものですが、やはりバラバラでは成り立たないため、私の判断ですべて止めさせてもらい、新たなシステムを一から構築し直しました。
投資が無駄になりますが、それでもやる価値があると判断したわけです。
一方、健保はレセプトデータも持っており、これを分析することで、さまざまな課題が抽出できます。
現在その活用は、人事と健保が一緒になって考えているところです。

陣内 確かにレセプトデータの分析は、健保内だけでやるにはとても難しいでしょうね。
その部分はカシオグループでも人事と健保が協力して進めようとしています。

寺澤 コニカミノルタの健康経営への取り組みは、まさに理想的なものだと思います。
しかし、このように絵になれば理想的ですが、そこに至るまでにはお互いに反発し合うなど、苦労することも多かったはずです。
さまざまなハードルを乗り越えて、なぜ御社は成し遂げられたのか、その原動力は何だったのでしょうか?

若島 会社も健保もそれぞれの論理の中で仕事をしているため、やりたいこと、やるべきことが合致しないときもあります。
それはシステムも同様です。
しかし従業員の健康度を向上させたいという目的は一緒ですから、紆余曲折はありながらも、同じ目標に向かって一緒に頑張ってこれました。
我々はすべての従業員が在職中だけでなく、定年後もずっと元気であり続けてほしいと願っています。
その想いこそが一番の原動力でしょう。

寺澤 では最後に今後取り組むべき中長期な課題と、チャレンジしてみたいビジョンなどをお聞かせください。

若島 今後はヘルスリテラシーの低い従業員をいかに自律的な生活習慣の改善につなげていけるかが課題となるでしょう。
そのためには家族も巻き込むこと、さらには個人の健康度や将来の疾病リスクを見える化することが、何より有効だと考えています。
そしてもう一つの課題は、中国における健康対策強化です。
弊社は中国に最大のマザー工場を持っており、そこで大勢の従業員が働いています。
これまで日本人駐在者に対しては、産業保健スタッフによる個別面談等を行ってきましたが、現在は健康増進に向けた働き掛けの対象を現地従業員にまで拡大中です。

寺澤 本日は貴重なお話をお伺いしましてありがとうございました。

 

若島 司 氏
コニカミノルタ株式会社
常務執行役 人事部長 兼 総務部担当
1981 年、小西六写真工業(現コニカミノルタ)入社。複写機・カラーフイルムの国内営業、イギリス駐在、人事部労政グループリーダー等を経て、2017 年4 月より現職。海外も含めたグループ全体の人事・総務機能を統括するとともに、人事部長・健康保険組合理事長として、「健康経営」にも幅広く関わっている。

 

鈴田 朗 氏
コニカミノルタ株式会社
人事部 健康管理グループリーダー兼 コニカミノルタ健康保険組合 常務理事
1986 年、小西六写真工業(現コニカミノルタ)入社。カラーフイルムの国内営業、人事労務担当等を経て、2015 年8 月より現職。コラボヘルス体制における「健康経営」の実務上の責任者として、産業保健スタッフや関連部門と連携して、従業員の健康度向上に向けた様々な施策展開を行っている。

 

陣内 孝之 氏
カシオヒューマンシステムズ株式会社
取締役
1992 年カシオ計算機(株)入社。人事ソリューションの営業担当としてこれまで1,000 社以上のお客様への提案、導入に関わる。その後、企画室マネージャーとして企業の人事・給与ソリューションから人財マネジメントに関するシステム企画・サービス企画に従事。常に人事部を取り巻く環境の変化に合わせた柔軟なソリューションを提供している。

参考リンク

関連記事

close
資料ダウンロード 健康経営に関する意識調査レポート 2018-2019 「働きがい」の源泉とは何か? 無料 資料ダウンロードする