コラボヘルスが従業員の健康を変える
健康経営で生産性向上に取り組むコニカミノルタ スペシャル対談
後編

2018.05.16 
927
コラボヘルスが従業員の健康を変える<br>健康経営で生産性向上に取り組むコニカミノルタ スペシャル対談  後編

コニカミノルタ株式会社
常務執行役 人事部長 兼 総務部担当 若島 司 氏

コニカミノルタ株式会社
人事部 健康管理グループリーダー 兼 コニカミノルタ健康保険組合 常務理事 鈴田 朗 氏

カシオヒューマンシステムズ株式会社
取締役 陣内 孝之 氏

ProFuture 株式会社
ファシリテーター 代表取締役社長寺澤康介

企業の健康経営は、従業員の活力や生産性を向上させ、結果的に業績や企業価値の向上にも繋がると期待されています。
コニカミノルタ株式会社では、独自の施策により従業員の健康維持増進を推進し、多くの成果をもたらしました。そんな同社の取り組みにおいて、キーワードとなるのが、「コラボヘルス」と「見える化」です。

そこで今回は、同社の健康経営を牽引する若島氏と鈴田氏にインタビュー。
人事統合システムを提供するカシオヒューマンシステムズ株式会社の陣内氏と共に、健康経営に対する考えや取り組み事例、課題などをお話いただきました。

前編はこちら
コラボヘルスが従業員の健康を変える。 健康経営で生産性向上に取り組むコニカミノルタ 前編

目次

定量的成果と定性的成果生産性の指標づくりも模索

寺澤 「健康経営銘柄」への2年連続選定など大きな成果を上げられていますが、定量的・定性的な成果としては他にどのようなものがあるのでしょうか?

若島 定量的成果として、フィジカル面ではハイリスク者数の削減目標を前倒しで達成したのに対し、特定保健指導対象者数の削減については目標達成が微妙な状況です。
一方、メンタル面ではメンタル不調での再休務者数の削減目標を前倒しで達成しました。
定性的成果に関しては…この記事の続きはダウンロード資料にてご覧いただけます。

「健康×経営ラボ」は健康経営と生産性向上について考える、
カシオヒューマンシステムズ株式会社が運営するメディアです。
経営や人事に携わる方はもちろん、マネジメントに携わる方にも役立つ情報を更新しています。

参考リンク

関連記事

close