働き方改革と健康経営で生産性向上!人手不足を改善する施策とは?

2020.09.01 
117
働き方改革と健康経営で生産性向上!人手不足を改善する施策とは?

近年、「健康経営」に関する社会の注目が高まっている。
健康経営とは、従業員の健康維持・増進を経営的な視点で考え、戦略的に実践することだ。
健康経営が注目される背景には、2019年4月より順次施行されている「働き方改革関連法案」の存在がある。

働き方改革と健康経営には「生産性向上」という共通の目標があるため、同時に取り組むことでより一層の効果が期待できる。
従業員が心身ともに健康であればモチベーションを高く持って仕事に取り組め、労働生産性が上がると考えられるからだ。

本記事では、働き方改革と健康経営のミッションである「生産性向上」について考えるとともに、人材不足の改善につながる施策を紹介する。

目次

政府、企業視点ともに「働き方改革」「健康経営」を通じた生産性向上がミッション

政府の成長戦略の中で「生産性をいかに上げるか」ということが重要な課題となっている。
そのために働き方改革が推進されている。

また、生産性の向上を目指すためには、従業員の健康状態は大前提の条件だ。
従業員の健康を管理し心身ともに良好な状態を保つことで、仕事に対するモチベーションが上がり、生産性を向上させ、ひいては企業全体の業績を向上させていくのである。従業員の健康維持・増進を実践する健康経営は生産性向上のカギとなる。

そのため政府は健康経営の推進に力を入れており、健康経営に積極的な姿勢で取り組む企業を評価・認定する制度「健康経営優良法人(ホワイト500)」と「健康経営銘柄」を経済産業省で実施している。
こうした認定制度によって健康経営に取り組む企業を「見える化」し、社会的な信頼や評価を受けられる環境を整備しているのである。

企業にとっては、働き方改革や健康経営による生産性向上に向けた取り組みは、企業イメージや企業価値を高めるメリットもある。
従業員の健康に配慮しているという姿勢は、外部企業や世間からの社会的な信頼を得られるからだ。

従業員の生産性や企業価値を向上させることは、企業が日頃から取り組んでいるミッションのひとつである。
政府が推進する働き方改革や健康経営の目的と一致しており、政府・企業ともに同じ方向を向いていると言えそうだ。

「働き方改革」「健康経営」で従業員の待遇改善が人材不足の改善につながる

少子高齢化が進む日本において、企業の人材不足は深刻な問題だ。
優秀な人材をなかなか確保できない、確保してもすぐに職場を離れてしまうといった現状がある。

企業の経営者が採用市場において優秀な人材を確保するには、従業員の待遇改善に向けた取り組みを進めていく必要がある。
また、優秀な従業員を自社につなぎとめるためにも、待遇改善は必要な措置だといえるだろう。

従業員の待遇を改善する方法としては、長時間労働の見直しや在宅勤務、テレワークの導入などがある。
従業員の労働負担を減らし魅力的な職場環境を整備すれば、入社希望者の増加や離職率の低下につながり、企業の人材不足を解消できるだろう。
なぜなら、現在は多様な働き方を求める労働者が増えており、柔軟な働き方を認める企業には人が集まりやすいからだ。

育児や介護など家庭の事情を理由に長時間労働ができないといった、働く意思はあっても働けていない優秀な人材は多い。
多様な働き方に対応できる柔軟な労働環境が整っている企業であれば、人材の確保やつなぎとめに困ることはないだろう。

さらに、採用市場において企業が人材を確保するためには、自社の魅力を求職者へしっかりと伝える必要がある。
人手不足感が強いといわれている中小企業は知名度の面で不利になりがちだが、自社の働き方改革や健康経営への取り組みをアピールできれば、人材獲得の大きなチャンスになるだろう。
そのためにも、従業員の待遇改善には積極的に取り組むべきなのだ。

まとめ

政府の成長戦略の中で「生産性をいかに上げるか」ということが重要な課題となっている。そのために働き方改革が推進されている。

生産性の向上を目指すためには、従業員の健康状態は大前提の条件だ。
そのため政府は健康経営の推進に力を入れており、健康経営に積極的な姿勢で取り組む企業を評価・認定する制度を設け、企業の生産性向上を後押ししている。

働き方改革や健康経営に積極的に取り組む企業は社会的な評価を得やすく、企業価値を向上させることができる。

「働き方改革」「健康経営」の取り組みとして、長時間労働の改善や在宅勤務、テレワークの導入などに取り組むことで、従業員にとって魅力的な労働環境を整備できる。
そうすれば、採用市場において優秀な人材を確保できるうえ、今いる従業員の離職率低下にもつながっていく。

また、人手不足感が強いといわれている中小企業は知名度がなく求人の面では不利になりがちだが、自社の働きやすい労働環境をアピールしていき他社との差別化ができれば、人材確保の大きなチャンスになるだろう。

「健康×経営ラボ」は健康経営と生産性向上について考える、
カシオヒューマンシステムズ株式会社が運営するメディアです。
経営や人事に携わる方はもちろん、マネジメントに携わる方にも役立つ情報を更新しています。

参考リンク

関連記事

close