会社への帰属意識がないのはどうして問題なのか?社員のモチベーションをあげる方法とは?

2019.09.19 
372

近年、企業における人材の流出が以前よりも激化している。その原因のひとつが会社への帰属意識の低下だ。人材がなかなか定着しない企業では、社員の帰属意識を高められていない可能性が高い。
今回の記事では、帰属意識の定義やその重要性について解説する。帰属意識の高め方についても紹介しているため、人材の流出を防ぎたい人事担当者の方はぜひ参考にしてほしい。

帰属意識とは?

会社への帰属意識とは、その会社の一員であるという自覚のこと。「自分はこの会社に不可欠な存在だ」と考えられるのであれば、帰属意識は高いということになる。最近では組織としての成果より、個人の成果を重視する企業も増えており、この意識は下がりつつある。

帰属意識が注目される理由

帰属意識が高くなると、集団意識が高くなり、組織力も強まる。また自分の仕事に誇りを持ち、生き生きと業務に取り組むようになるため、生産性の向上も期待出来る。その結果、離職率の低下も期待できるだろう。これらの理由から、帰属意識を高めることは、企業の成長には非常に重要だ。

帰属意識が低い会社の特徴

では、社員の帰属意識が低い会社にはどんな特徴があるのだろうか。まず一番には、社員がその会社自体の魅力を感じられていないということだ。会社のビジョンや部署の目標が明確でない場合は、社員が会社の理念に共感できず、帰属意識が生まれにくい。ビジョンや目標を明確に示すことは非常に重要なポイントであり、社員が団結して同じ目標を目指すことで集団意識は高まっていく。その他にも、組織内での自分の役割が明確になっていない人や、反対に、自分ひとりにだけ仕事の負担がのしかかっていると感じる人にも帰属意識は生まれにくいだろう。

社員の帰属意識を高めるには、まずは社員に対しての自社のブランディングからしっかりと行うことが大切だ。

会社への帰属意識を高めるには

社員の帰属意識は下記のような方法で高めることが出来る。

1. インナーブランディング
会社が社員と会社のビジョンを共有出来れば、社員は会社や自分の仕事にやりがいを見出し、誇りを持って働くようになる。

2. 社員の役割の明確化
社員に業務の指示をする際には、その背景や重要性を理解させる。人事評価時には、その人に期待していることをしっかりと伝える。

3. 社内報
社員へのインタビューなどが掲載された社内報を発行するのも帰属意識を高めることにつながる。仲間がどんな想いで仕事に取り組んでいるのかを知るよい機会となる。

4. 福利厚生の充実
社員が働きやすい環境を整えることも重要だ。企業によって、無料のドリンクや軽食、社員食堂、定期的な懇親会の開催や社内部活動といったさまざまな福利厚生の形がある。

5. 社員同士のコミュニケーションの活性化
異なる部署や役職の社員同士でコミュニケーションを取れるような場の提供も有効である。

社員のモチベーション向上の取り組みも重要

他にも、社員のモチベーションも帰属意識の大きなカギを握る。「この会社で働きたい!」という会社への貢献欲求を引き出すための具体的な施策も必要だと言える。

モチベーションアップのためには、具体的に以下のような施策がある。

1. 人事制度の充実
社員の役割を明確にし、評価が給与に反映されるような制度を整えて、社員が納得するような評価・フィードバックを行う。

2. 人間関係をスムーズにする
社内のコミュニケーションが少なく風通しが悪いと人間関係は悪化していく。これは社員のモチベーションを下げる大きな要因となる。それを防ぐためには、社員に満足度の調査を行ったり、相談窓口を設けたりすることが必要だ。また従来から人事の取り組むテーマであった、社内全体でのコミュニケーションの活性化やそのような意識を持った現場の管理者の育成も引き続き意識したい。

3. 表彰制度などの金銭以外のインセンティブ
高い成果を出した社員には、高い賞与を与えるだけでなく、表彰などの機会を通してその頑張りを認めていることを示す。

4. 社員が挑戦しやすい環境作り
最近では社内公募制度や新規事業コンテスト、社内ベンチャー制度などのある企業も増えている。このように社員が自ら挑戦出来るような環境を整えることで、モチベーションアップが期待できる。

まとめ

企業の成長に欠かせない、社員の帰属意識。
企業のビジョンや事業そのものに魅力があれば帰属意識は自然に生まれ、社員は会社のために一生懸命働くようになる。社員の帰属意識を高めたいのであれば、まずは社員に対しての自社のブランディングを見なおすことから始めてみてはいかがだろうか。

参考リンク

関連記事

close
資料ダウンロード 健康経営に関する意識調査レポート 2018-2019 「働きがい」の源泉とは何か? 無料 資料ダウンロードする