A13
ライブ配信時間

10/6(火)11:00 - 12:00

受付終了

富士通が挑む、DXをドライブする人事制度のフルモデルチェンジ〜Work Life ShiftとJob型人事〜

  • 人事全般
  • 人事戦略
  • HRテクノロジー
  • 働き方改革
  • この講座で解決できる課題
  • 人事制度を見直したい
  • 人事戦略を再構築したい
  • 組織を活性化したい
VUCAの時代、そしてニューノーマルの時代に、企業が社会に貢献し成長を続けるためには、多様な人材が俊敏につながることによってイノベーションを起こすような組織風土、人事制度が求められます。それを実現するためにはテクノロジーを活用したDXの実践と、一貫性のある組織風土改革・人事制度改革を全社的にスピード感を持って実行する必要があります。
富士通では、Job型人事制度とWork Life Shiftのコンセプトのもと、報酬、キャリア自律、働き方改革、オフィス環境など、トータルな改革に取り組まれています。同社執行役員常務の平松浩樹氏をゲストに迎え、HRエグゼテクイブコンソーシアム代表の楠田祐氏が、その狙いや取り組み、課題を伺います。

【ファシリテーター】HRエグゼクティブコンソーシアム 代表 楠田 祐氏

提供:ProFuture株式会社

平松 浩樹 氏

平松 浩樹 氏

富士通株式会社 執行役員常務 総務・人事本部長

1989年 富士通株式会社に入社、主に営業部門やプロダクト部門などのビジネスパートナー人事を担当。2009年より、役員人事の担当部長として、指名報酬委員会の立上げに参画。2015年より営業部門の人事部長として、営業部門の働き方改革を推進。2018年より人事本部人事部長、2019年より現職。Job型人事制度、ニューノーマル時代の働き方・オフィス改革に取り組んでいる。

楠田 祐 氏

楠田 祐 氏

HRエグゼクティブコンソーシアム 代表

NECなどエレクトロニクス関連企業3社を経験した後、ベンチャー企業を10年間社長として経営。中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)客員教授を7年経験した後、2017年4月より現職。2009年より年間数百社の人事部門を毎年訪問。人事部門の役割と人事のキャリアについて研究している。2016年より、毎週、Podcast『楠田祐の人事放送局〜有名企業の人事部長にズバリ聞く!』(ProFuture)のパーソナリティを務める。主な著書:『破壊と創造の人事』(Discover 21)、『内定力 2017 〜就活生が知っておきたい企業の「採用基準」』(マイナビ)。