A10
ライブ配信時間

9/18(金)14:00 - 15:10

受付終了

採用学から見た、オンライン面接と採用市場の変革〜ニューノーマル時代の採用戦略を考える〜

  • 人事戦略
  • 採用
  • HRテクノロジー
  • この講座で解決できる課題
  • 効率的な採用システムを構築したい
  • 面接官のスキルを高めたい
  • 新しい採用ツールを検討したい
新型コロナウイルス感染の収束見通しが立たない中で、Withコロナの新しい常態、「ニューノーマル」の時代に
なったと言われる現在。採用市場においても、企業は非接触での採用活動を余儀なくされ、かつてない大きな
変革の波が訪れています。
なかでも大きな変化の一つが、オンライン面接の普及。日本有数のオンライン面接システム「インタビューメーカー」を提供する株式会社スタジアムによると、この半年ほどで利用回数は約40倍にも増え、2700社を超える企業の利用にいたっているとのことです。
オンライン面接システムは、企業、学生双方の利便性を高め、場所を選ばない、面接時間の短縮、データを活用した
科学的解析など様々な利点があり、一層の普及が予測されていますが、その一方で面接力の優劣の差がつきやすく、
企業の採用力自体に大きな影響を与えます。

本パネルディスカッションでは、採用学の権威である神戸大学大学院 准教授 服部泰宏氏、テクノロジーを駆使した
オンライン面接で定評のある株式会社スタジアムの執行役員 熊本 康孝氏、ファシリテーターにProFuture代表
HR総研所長 寺澤康介が登壇し、このオンライン面接と採用市場の変革をどうとらえ、採用戦略に組み込むべきかを
議論したいと思います。

【ファシリテーター】ProFuture株式会社 代表取締役社長/HR総研 所長 寺澤康介
【協賛】株式会社スタジアム

提供:ProFuture株式会社

服部 泰宏 氏

服部 泰宏 氏

神戸大学大学院経営学研究科 准教授

神戸大学大学院経営学研究科准教授。神奈川県生まれ。 国立大学法人滋賀大学専任講師、同准教授、国立大学法人横浜国立大学准教授を経て、 2018年4月より現職。 日本企業における組織と個人の関わりあいや、ビジネスパーソンの学びと知識の普及に 関する研究、人材の採用や評価、育成に関する研究に従事。 2010年に第26回組織学会高宮賞、 2014年に人材育成学会論文賞などを受賞。

熊本 康孝 氏

熊本 康孝 氏

株式会社スタジアム 執行役員

大学卒業後、株式会社リクルートに入社。主にホットペッパーグルメの法人企画・営業に7年間従事する。その後、経験を生かし2015年5月から現職。現在は事業責任者としてインタビューメーカーの普及に努めており、クライアントの人事・採用の課題解決の提案、WEB・スマホ面接の新たな価値を世の中に創出している。現在は年間1,000名以上の採用担当者様にインタビューメーカーの提案を行う。

寺澤 康介

寺澤 康介

ProFuture株式会社 代表取締役社長/HR総研 所長

1986年慶應義塾大学文学部卒業。同年文化放送ブレーン入社。2001年文化放送キャリアパートナーズを共同設立。常務取締役等を経て、07年採用プロドットコム株式会社(10年にHRプロ株式会社、2015年4月ProFuture株式会社に社名変更)設立、代表取締役社長に就任。8万人以上の会員を持つ日本最大級の人事ポータルサイト「HRプロ」、約1万5千人が参加する日本最大級の人事フォーラム「HRサミット」を運営する。