D18

受付終了

休職者がメンタル不調を再発しないための企業の仕組み作りとは!?〜休職をなぜ繰り返すのか?復職失敗のメカニズムを徹底解説〜

  • 人事全般
  • 労務
  • この講座で解決できる課題
  • 休職の再発を防止したい
  • 従業員のメンタルヘルス対策をしたい
  • 社員の健康を改善したい
<このようなお悩み・ご希望をお持ちの企業様におすすめのセミナーです。>
・休職後に復帰した社員の、うつ病の再発が多く対応に困っている。
・休職後の社員の適性な配置や対応方法がわからない。
・休職中の社員の、復帰のタイミングを知りたい。
・従業員のメンタルヘルスケアのポイントを知りたい。

社員のメンタル不調による休職・復職には、構造的な要因があります。

メンタル不調は、休職が長くなりやすいことを、ご存じでしょうか?
うつ病患者が完治までに必要な期間は平均して2年間というデータがある一方、企業が病気療養のための休職を認める期間は、最大で1年6か月というところが大半です。

部下が1年間休職すると、企業の損失は約1500万円ともいわれています。

うつ病を発症する人は本来、真面目で責任感が強い傾向があり、本人が早い時期の復職を希望してくることも多々あります。
完治までに2年間かかるはずの人を、主治医が患者の意思だけで1年半程度で復職可能と判定してしまうと、回復が不十分なままの職場復帰となり、うつ病の再発が起こりやすくなります。

本セミナーでは、休職者がメンタル不調を再発しないための企業の仕組みづくりについて、多くの休職者と企業を見てきた産業医の三宅先生と弊社代表の刀禰が、対談形式で徹底解説します!

※セミナーの内容は一部変更になる可能性がございます。

提供:株式会社Avenir

三宅 琢

三宅 琢氏

株式会社Studio Gift Hands 代表取締役 /株式会社Avenir 顧問産業医

1979年愛知県・名古屋市生まれ。眼科専門医と医学博士取得後、産業医・社会起業家として起業。産業保健・健康経営担当として、ヤフー株式会社やビズリーチなど数十社の産業医やヘルスケア顧問を兼任。東京大学研究室所属の研究員。

刀禰 真之介

刀禰 真之介氏

株式会社Avenir/株式会社メンタルヘルステクノロジーズ代表取締役社長

デロイトトーマツコンサルティング、三菱UFJ証券、環境エネルギー投資などを経て、2011年、株式会社Miewを設立(2018年8月株式会社メンタルヘルステクノロジーズに社名変更)し、代表取締役に就任。その後、株式会社Miewの100%子会社としてAvenirを発足し、同社の代表取締役就任。