D16

受付終了

オンライン時代における人材評価・人材開発のあり方とは〜AIとデータ活用による新たな方法〜AI活用・データ化による「能力の可視化」でオンライン時代の評価・人材開発を実現する

  • 人事全般
  • 適性検査
  • システム
  • HRテクノロジー
  • この講座で解決できる課題
  • リモートワークの人事管理を可能にする
  • AIによる人材評価により人事を可視化する
  • デジタル人事を実現する
オンラインで働くことが常態になっている現在、いかに人事評価・能力評価を適切に行うかが課題となっています。
従来の職場で一緒に働くことで無意識に見えていたことが、オンラインになると見えにくくなる、共有できにくくなるということが起こり始めています。
お互いに見えにくくなるオンライン環境の中では、どのような能力を発揮したのか・しているのかの「可視化」、「データ化」が不可欠となります。
この可視化、データ化を可能にするAIの活用について、本セミナーではお話をさせて頂きます。

提供:株式会社ヒトラボジェイピー

村上 朋也

村上 朋也氏

ヒトラボジェイピー 執行役員

京都大学農学部生産環境科学学科卒業。IBMビジネスコンサルティングサービス、ウイリス・タワーズワトソン出身。 リーダーシップ開発、マネージャー研修、後継者計画、人材アセスメント、エグゼクティブ・コーチング、組織変革支援、エンゲージメントサーベイ、360度調査、コーポレートガバナンス(取締役会評価、経営者指名)、人事制度設計などの領域を中心にコンサルティングサービスを提供。 一企業の変革・進化のみならず、社会システムや基盤全体のバージョンアップを通じてさらなる組織・人材の開発に貢献すべく、ソーシャル・アーキテクトとしてヒトラボジェイピーに2016年10月に参画。