C02

受付終了

言語習得プロフェッショナルの本音対談!「なぜ、日本人の英語力は伸びないのか?」〜専門家が語る、AI・グローバル時代のコミュニケーション〜

  • 人事戦略
  • 人材開発
  • グローバル
  • この講座で解決できる課題
  • 効果的な研修のために、日本の英語教育の背景知識を理解したい
  • 英語人材の育成戦略における課題が明確化できていない
  • 今後、従業員の英語力強化が必要であるのかを検討したい
従業員へ提供する英語研修について、今、多くの企業が見直しを進めています。

グローバル化へ向けた研修の在り方を考える際に、人事担当者として知っておくべき3つの背景や知識を、数十年にわたり言語習得に携わってきたプロフェッショナルが活発に議論いたしました。

●TORAIZ語学研究所 フェロー対談●
トピック1.なぜ日本人の英語力は伸びないのか? 
トピック2.日本人の英語教育はどのように変わるべきか? 
トピック3.AI時代のコミュニケーションの必要性(Google翻訳でも十分か?)

提供:トライオン株式会社

新崎 隆子

新崎 隆子氏

博士(国際コミュニケーション) / 会議・放送通訳者

TORAIZ語学研究所フェロー 神戸大学文学部卒業。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科博士課程修了(国際コミュニケーション)。公立高校の英語教員を務めたのち、国際会議や NHK 放送で通訳者として活躍。東京外国語大学や青山学院大学でも教鞭を執る。『通訳席から世界が見える』(自著)など著書多数。

門田 修平

門田 修平氏

関西学院大学法学部教授 / 関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科教授

TORAIZ語学研究所フェロー 専門分野は心理言語学、応用言語学、第二言語習得など。特に第二言語としての英語の知覚・処理そして記憶・学習の心的メカニズムについて研究しており、その成果を英語の学習・教育に応用した著書をこれまでも数多く出版している。『決定版英語シャドーイング(共著)』や近著『音読で外国語が話せるようになる科学』など。