C01

受付終了

企業価値をあげる社内風土の作り方ーコミュニケーション分析で定着率UPー

  • 人材開発
  • HRテクノロジー
  • 働き方改革
  • この講座で解決できる課題
  • モチベーションアップ
  • 定着率の向上
  • エンゲージメントの向上
従業員の定着率向上させるためには、改善提案が社員から出る風土を作ることが必要です。良い社内風土の醸成には、社員のコミュニケーションを可視化し、問題や改善点を明らかにしていく必要があります。本講演では、「チームワークアプリRECOG」のコミュニケーション分析機能の活用から分かる、社内コミュニケーションの現状と改善、企業価値をあげる社内風土の作り方についてお話しします。

提供:株式会社シンクスマイル

新子 明希

新子 明希氏

株式会社シンクスマイル 代表取締役

1972年大阪府生まれ。17歳の時にアメリカ大陸を一周した際に、「経営者は幸せの専門家である」という言葉に出会い、起業家を目指す。2007年に当社設立。現在に至る。現在は、「したことない。をへらす」という経営理念のもと、社員が社員を褒め合う社内モチベーションSNS「ホメログ」、「RECOG(レコグ)」を社内開発、販売している。「ホメログ」は2014年11月からASP版の販売を開始し、現在までに1000社以上が.導入するサービスとなっている。「RECOG(レコグ)」は、2017年3月に運営を開始。2018年5月より本格稼働。「称賛文化の形成」や「従業員エンゲージメントの向上」を促進させるチームワークアプリの開発販売を通じて、毎日の「働く」が楽しくなる世の中の形成を目指している。