受付終了
F10

9/19(木)

14:10 - 15:20

世界のプロスポーツに学ぶ 中堅が開花する”強み開発型トレーニング”「強み」の解釈をパラダイムシフトせよ

  • 人事戦略
  • 人材開発
この講演の「聴きどころ」を教えてください。
・頑張っているのに成果が出ない。
・そもそも頑張る気持ちすら出てこなくなってしまった。
・頑張ってないわけじゃないけどもっと貪欲になって成果を出してほしい。

そんな中堅社員は多いのではないでしょうか。

働き方改革により生産性向上が必須となった昨今、
一部の人だけでなく、組織の全員が活き活きと
主体性を発揮してパフォーマンスを高める必要があります。

本講演では、プロスポーツ界・ビジネス界の具体例を元に
パフォーマンスが上がらない人の構造を解き明かし

・なぜ強みに立脚させることが重要なのか
・そもそもどうやって強みを見つけるのか
・どのように強みを活かして成果を高めるのか

ミドル・ローパフォーマーの人たちが
飛躍的に開花するための具体的な開発手法をお伝えします。

【自社の燻ってしまっている社員をどうにか開花させたい】

そんな想いを持ってらっしゃる方はぜひご参加ください。
貴社の強みや、サービスの特徴をお聞かせください。
人は感情の生き物と言われます。

人や組織に渦巻く感情・心理を紐解かなければ本質的な変化を促すことはできません。シンプルですが難解且つ重要な点です。
弊社では、行動心理学、組織心理学をベースとして、「楽しみながら変化する」をモットーに、感情と体感覚を紐解き、訴えかけ、本質的な変化を引き起こすコンサルテーションで変革のご支援をしています。
ご参加の皆様へメッセージをお願いします。
私自身、成果が上がらず燻っていた時期と開花した経験をテニス・ビジネスの両方で体験しました。その実体験と世界を肌で感じたことを統合し確信を持って「強み」が飛躍のコアとなるとお伝えできます。
さあ、一緒に強みで駆け抜けましょう!

講師紹介

  • 赤羽毅朗

    赤羽毅朗氏

    元プロテニスプレーヤー  チェンジエージェント

    大学在学時、全日本学生テニス選手権で準優勝をおさめ、プロ転向。国内・海外を転戦し、国内最高峰大会での優勝経験を持つ。選手として活動する傍ら、指導や講演活動を全国各地で精力的に行なう。 現役を引退後、ワークハピネスが掲げる「自身のミッション発見を支援する」に共感し、参画。 プロテニスプレイヤーとしての経験を元に、「人のパフォーマンスを上げるためには?」を独自の観点で研究を続ける。人を惹きつけ変化を与えるファシリテーションが最大の強み。

提供会社

提供
住所
資本金
売上高
従業員数
事業概要
問合せ先

お申込みにはHRプロサイトへのログインが必要です

ログイン
メディアパートナー
企業と人材
人事実務
人事マネジメント
労政時報
月刊総務
経済界