受付終了
E10

9/19(木)

14:10 - 15:20

「エンゲージメント」と「逆境力」の高い職場のつくり方〜レジリエンス資源を増やしてウェルビーイングを高める〜

この講座の特典 ●組織レジリエンス診断(オンラインアンケート)の実施と簡易レポートのご提供
  • この講演で解決できる課題
  • エンゲージメント調査をやりっぱなし
  • ぶら下がり社員が多く職場に活気が無い
  • 社員の離職やメンタルヘルスの不調

「利益率」「生産性」「定着率」などの重要な経営指標に相関している”エンゲージメント”に多くの企業が注目をしています。
ただ、その先に目指している姿はどんなものでしょうか?
そこで出てくる1つのキーワードはウェルビーイングです。身体的・精神的・社会的に良好な状態で幸福とも訳されます。ウェルビーイングを高めることは、エンゲージメントをさらに高めることに繋がり、業績も良くなるという高循環が生まれます。この高循環を生み出すのに必要な、個人と組織のレジリエンスに注目し、ホラクラシー組織に移行したザッポスやLEGOなどの事例にも触れながら、他ではあまり聞けないエンゲージメントの高め方を共有します。

講師紹介

  • 佐々木 拓哉

    佐々木 拓哉氏

    株式会社ヒューマンブリッジ 代表取締役

    一般社団法人日本エンゲージメント協会 代表理事 米Gallup認定ストレングスコーチ/組織レジリエンス認定トレーナー/ポジティブ心理学プラクティショナー ●経営・人事戦略・組織開発などのコンサルティング会社数社で、企業のコンサルティングや営業基盤構築などを経験 ●2009年にエンゲージメントやウェルビーイングを高める株式会社ヒューマンブリッジを設立し、採用・教育・人事評価制度等のコンサルティングに従事 ●2011年にJPPA(日本ポジティブ心理学協会)の立ち上げに参画、事務局長・法人普及リーダーを務め、レジリエンスやポジティブ心理学の組織応用を促進 ●2018年にJEA(日本エンゲージメント協会)を立ち上げ代表理事に就任

提供会社

提供
住所
資本金
売上高
従業員数
事業概要
問合せ先

お申込みにはHRプロサイトへのログインが必要です

ログイン
メディアパートナー
企業と人材
人事実務
人事マネジメント
労政時報
月刊総務
経済界