受付終了
F7

9/19(木)

9:30 - 10:40

コーポレートガバナンスを強化する後継者計画と役員報酬の在り方

  • 人事全般
  • 人事戦略
  • 人材開発
この講演の「聴きどころ」を教えてください。
2018年のコーポレートガバナンスコードの改訂に伴い、CEOの選解任および後継者計画の整備による取締役会の役割・責務の拡大が求められるようになりました。また2019年の企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令による役員報酬の情報開示の範囲の拡大など、役員報酬の決定方法を開示するよう義務づける。報酬の透明性を高め、企業統治の強化が図られています。
本セクションでは、コーポレートガバナンス強化及び企業経営の側面から見たあるべき経営人材の後継者育成計画及び役員報酬の在り方について実例を交えて解説していきます。特に経営人材の後継者育成に関しては、中長期的に
優秀な人材を早期に選別、プールしていく中で、どのような育成機会を与えることが可能がキーにっていきます。
本講演を通して、経営人材の在り方、育成方法などを自社に当てはめながら聴いていただければと思います。
貴社の強みや、サービスの特徴をお聞かせください。
KPMGコンサルティングは組織・人材の潜在価値を最大限に引き出すとともに、変革課題を多角的視点から支援するマネジメントサービスを提供してきました。
従来の人事制度設計、人事業務プロセスの高度化支援、組織風土変革等に加え、近年はとりわけ人事業務全般へのデジタル活用を推進し、AIを活用したタレントマネジメントシステムの構築に強みを発揮しています。AIの自然言語処理を活用することで、企業の中に蓄積されたあらゆる自然言語をそのまま分析し、人手では不可能なビッグデータの活用により人事業務の高度化を支援します。
登壇される方についてお聞かせください。
4人家族に譲り受けた愛犬等で4匹おり、犬が心の拠り所で仕事の活力となっています。
大阪生まれで奈良在住のため、ところどころイントネーションが関西弁が混じっていることをご了承ください。
 また関西人だからと言って講演内容ではお笑い要素は含まれていませんのでお気を付けください。
ご参加の皆様へメッセージをお願いします。
昨今話題のテーマの役員制度関連についてお話します。
役員報酬の在り方はより議論が活発になることが予想されるテーマと考えます。また経営人材の後継者育成は
非常に難しいテーマかと考えますが、他社の事例等を踏まえたヒントを掴んでいただければと思います。

講師紹介

  • 飯干 悟

    飯干 悟氏

    KPMGコンサルティング株式会社 ディレクター

    ・事業会社の人事部門、会計系コンサルティングファーム等を経て現職 ・製造業・商社・金融・通信・ヘルスケア・官公庁等幅広い業界において人事制度設計支援(等級・評価・報酬)、人事制度運用支援(評価者研修等)企業再編にかかるHRデューデリジェンス、人事制度PMI支援のプロジェクトマネジメントの経験を有する ・社会保険労務士

提供会社

提供 KPMGコンサルティング株式会社
住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-7
大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
代表者 代表取締役社長兼CEO 宮原 正弘
資本金 非公開
売上高 非公開
従業員数 非公開
事業概要 テクノロジー、リスクコンサルティング、ビジネストランスフォーメーションの3分野を軸としたコンサルティング事業
問合せ先 マーケティング&コミュニケーション
kc@jp.kpmg.com
03-3548-5307
URL https://home.kpmg.com/jp/ja/home/about/kc.html

お申込みにはHRプロサイトへのログインが必要です

ログイン
メディアパートナー
企業と人材
人事実務
人事マネジメント
労政時報
月刊総務
経済界