受付終了
E1

9/18(水)

9:30 - 10:40

生き方・働き方多様化の時代に適した人事施策と人材マネジメント〜働きがいを高める組織風土改革〜

  • 人事全般
  • 人事戦略
  • 人材開発
  • 働き方改革
  • この講演で解決できる課題
  • 従業員のモチベーション向上、リテンション
  • ミドルマネジメントの活性化(新しい役割の創出)
  • 適正な人材配置(勘と経験による異動の回避)

産業のサービス化・ソフト化へのシフトが進み人手不足の環境が継続する中、優秀な人材を採用し離職を防ぐには自社の企業価値を高める必要があり、従業員と会社がお互いに貢献し成長できる関係に変わる必要があります。一方で、働く人の価値観が多様化する今日では画一的な人事制度とマネジメントは限界にきています。これからの人事部門の最大のミッションは、従業員のエンゲージメント(会社に対する共感度・貢献したいと思う意欲)を高め、会社目線だけでなく従業員目線での人事施策の創造です。当セミナーでは、従業員が多様な生き方や働き方を求める時代において、従業員の会社に対する愛着や信頼を可視化・数値化し、働きがいを維持し向上させ続けられるステップとポイントについて事例を交えて解説します。

講師紹介

  • 油布 顕史

    油布 顕史氏

    KPMGコンサルティング株式会社 ディレクター

    ・組織/人材マネジメント領域で20年の経験を有し、企業の人事改革を多数従事。 ・働き方改革、タレントマネジメント、人事制度改革支援をはじめ、人材開発、サクセッションプラン、組織風土改革などのプロジェクト支援等に従事。 ・制度構築のみならず、実行支援として、役員層や管理職層の合意形成に向けたコミュニケーション施策および実施にも多数の実績がある。

提供会社

提供
住所
資本金
売上高
従業員数
事業概要
問合せ先

お申込みにはHRプロサイトへのログインが必要です

ログイン
メディアパートナー
企業と人材
人事実務
人事マネジメント
労政時報
月刊総務
経済界