Coming Soon
9/19(水)

16:50 - 18:00

この講演の「聴きどころ」を教えてください。
「ウチの社員は社内のことならいいけど、世の中のことを知らなさすぎる。今後リーダーを任せたい人材としては視野が狭い」。
そんな声を社内で聞くことはありませんか?
中堅社員や次期リーダー候補者の視野拡大、そのひとつの解決策として昨今注目されているのが異業種交流研修です。
特に、不特定多数の人が集まる「オープン型」の異業種交流研修ではなく、「交流してみたい特定の企業と」「複数名同士で」行う”マッチング型異業種交流研修”の効果はうまく行うと計り知れないものがあります。
一方で、その企画にはさまざまな障壁があります。ノウハウも必要です。
「結局、他社との方向性が合わなくて自然消滅してしまった・・」「刺激にはなるけど行動変容にはつながらなくて・・・」「いい相手がみつからないんだけど・・・」などなど、現実にはうまくいかなくなってしまったケースもちらほら見聞きします。
そこで、本講演では、「異業種交流研修を企画するポイント」「お相手を見つけるには」「異業種交流ならではの効果を生み出すプログラムの設計方法」「気づきに留まらず、行動変容までつなげる方法」「せっかくの人脈を長続きさせるためのポイント」など、すべてを文字通り”出し惜しみせずに”お伝えします。
また、お時間があれば、個別のお悩み相談にもできる限りお答えしたいと思います。
貴社の強みや、サービスの特徴をお聞かせください。
当社では「異業種交流研修」のほか「アクションラーニング」や「企業内研修」「各種アセスメント」等の事業を展開しております。

その中での私たちのこだわり、それは研修業界では珍しい「フルライン&オーダーメイド」スタイルです。
「フルライン」とは階層別研修から経営課題解決にむけた目的別研修、営業や開発、生産といった職種別研修等、「何かご相談いただければ何らかの形ではお答えすることができる」という意味です。
そして、「オーダーメイド」とは、100%企業様ごとに異なる問題解決、課題実現のプランをご提案する、という意味合いです。もちろん、最近ではどの研修会社も「カスタマイズ」は謳うかと思いますが、当社ではそのレベルが違います。
「100の企業には100の解決策がある」を信念として、お客様に寄り添ったご提案をさせていただきます。

また昨今では特に研修の成果を「受講者の反応(満足度)」ではなく、
「行動への転移」としてみる企業様が増えているかと思います。
当社では「研修プログラム」の提案よりも「研修プログラムを活用した」
「学び方/行動の変容」を提案させていただきます。
研修事前と事後の活用、上司や周囲の巻き込み方、アクションラーニングの設計、社内の人事制度との関連付け等、単なる研修プログラム以外のご提案を強みとしています。
ご参加の皆様へメッセージをお願いします。
「異業種交流研修を過去にやったけれど、なんとなくうまくいかなかった」という方、「これから立ち上げたいけど、どうやったらうまくいくか、そのポイントを知りたい」という方、大歓迎です。
また「異業種交流研修?どんなもの?何かいいことあるの?」という方、もちろん大歓迎です。
はたまた「人事担当者同士で異業種交流、情報交換したいんだけど」という方も大歓迎です。場合によっては他企業をご紹介できることもあるかもしれません。

ふるってご参加ください!!

講師紹介

  • 大竹圭

    大竹圭氏

    株式会社コンサルティングアソシエイツ 異業種交流研修 プロジェクトリーダー

    慶應義塾大学卒業後、潟tァーストリテイリングに入社、店舗運営を通じて人材育成の面白さに目覚める。その後、飲食業界のコンサルティングファームを経て、潟Rンサルティングアソシエイツ入社。以来、大手企業を中心としたHRコンサル、集合研修の企画に従事。近年はイノベーションを皮切りとした、さまざまなテーマの異業種交流研修を立ち上げ続けている。これまで立ち上げた異業種交流研修はすべて受講者アンケート4.5〜5.0点(5点満点)。

提供会社

提供
住所
資本金
売上高
従業員数
事業概要
問合せ先

お申込みにはHRプロサイトへのログインが必要です

ログイン
メディアパートナー
企業と人材
人事実務
人事マネジメント
労政時報
月刊総務
経済界