受付終了
9/19(水)

15:35 - 16:35

最新AI活用事例〜サービスオペレーションに活かせるAIの使い道〜

  • 人事全般
  • 人事戦略
  • 人材開発
  • グローバル
  • 働き方改革
  • この講演で解決できる課題
  • 離職率の増加による慢性的な人材不足を改善したい
  • OJT力を高めたい
  • 人材育成の体系を見直したい

【AI化や無人化ではサービス業の労働力不足は補えない】
昨今話題の「Amazon Go」や「変なホテル」。他にも労働力不足の解決や人件費の削減、生産性向上の為にAI化・ロボット化に踏み切る企業が出てきました。しかしAIやロボットへの投資は莫大なコストが掛かり、その仕組みづくりにも相当な労働力を要します。
無人化で人材不足や人件費削減を目指すのではなく、(AIで)人を育てる仕組みを作ることで生産性を上げることが柔軟で強い組織経営に繋がると考え、実行している企業の事例を紹介しながらサービス業が実践できる人材不足の課題解決方法をお話します。

講師紹介

  • 高橋勇人

    高橋勇人氏

    ClipLine株式会社 代表取締役

    京都大学理学部、同大学院理学研究科卒業後、アクセンチュア株式会社、株式会社ジェネックスパートナーズにおいてコンサルタントとして多数の多店舗展開企業の経営改革を主導。 回転寿司チェーン「あきんどスシロー」を始め、売上数百億〜1千億円規模の企業の業績向上と組織変革を完遂。 2013年に独立しClipLine株式会社を創業。同社の代表取締役として経営をリードしながら、コンサルティングノウハウを活かしてClipLineを開発。 AIなど先端技術の応用可能性を検証する一方で、サービス業の価値の源泉である人材の育成こそが真の生産性向上につながるという思想を持つ。

提供会社

提供
住所
資本金
売上高
従業員数
事業概要
問合せ先

お申込みにはHRプロサイトへのログインが必要です

ログイン
メディアパートナー
企業と人材
人事実務
人事マネジメント
労政時報
月刊総務
経済界