9/22 (金)11:05 - 12:05
受付終了
E20

働き方改革 長時間労働削減は「残業体質」の改善から 日本HRチャレンジ大賞 奨励賞 受賞 残業体質診断

  • 人事全般
  • 人事戦略
  • 労務
  • システム
  • HRテクノロジー

残業体質とは、従来のような労働時間に厳しい制限がなかった時代に染み付いたマネジメントスタイルや社員の方個々人の働きかたを指します。
これからの時代には、今までのスタイル「残業体質」を改め、生産性の高い職場づくりが必要になります。
そのためには、現在、会社全体や各職場がどのような「残業体質」になっているのかを包括的に把握することが第一歩となります。
どの職場が残業体質にあるのかを把握することで、残業リスクや社員の健康リスクの事前管理が可能となり、各職場の課題も浮き彫りになります。それらの課題を経営トップ、人事、各職場が一体となって解決してゆくことが生産性の高い職場、会社づくりにつながると考えます。

提供:株式会社ヒトラボジェイピー

講師

  • 永田 稔

    永田 稔氏

    株式会社ヒトラボジェイピー 代表取締役社長

    一橋大学社会学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にてMBAを取得。松下電器産業(現パナソニック)、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てウイリス・タワーズワトソンに入社。20年近く、ビジネスモデル、組織モデル、人材マネジメントモデルを一体としたコンサルティングに従事。2016年6月にウイリス・タワーズワトソンを退社し、ヒトラボジェイピー(HitoLab.jp)を立ち上げる。 著書に「不機嫌な職場(共著)」講談社、「リーダーシップの名著を読む(共著)」日本経済新聞社、「非合理な職場」(日本経済新聞出版社)。 早稲田大学MBAプログラム非常勤講師

  • 村上朋也

    村上朋也氏

    ソーシャルアーキテクト

    京都大学農学部生産環境科学学科卒業。IBMビジネスコンサルティングサービス、ウイリス・タワーズワトソン出身。 リーダーシップ開発、マネージャー研修、後継者計画、人材アセスメント、エグゼクティブ・コーチング、組織変革支援、エンゲージメントサーベイ、360度調査、コーポレートガバナンス(取締役会評価、経営者指名)、人事制度設計などの領域を中心にコンサルティングサービスを提供。 一企業の変革・進化のみならず、社会システムや基盤全体のバージョンアップを通じてさらなる組織・人材の開発に貢献すべく、ソーシャル・アーキテクトとしてヒトラボジェイピーに2016年10月に参画。

詳細を見る
閉じる