9/21 (木)14:10 - 15:20
受付終了
E16

成果を問われる「管理者教育」のあり方 〜「定番」プログラムが「変化」した理由〜

  • 人事全般
  • 人材開発

さまざまな動機づけをしても、最終的に実践するか否かは、学習者にゆだねられます。また、実践するだけでなく、その経験から何を学び、どのように活かすかが成長を左右します。学び(知識)が経験を通じて知恵となり、成長し続けていくために研修でできることは何でしょうか。
今、研修にしかない価値を高めることが求められています。

JMAMでは、「定番」の管理者研修を2016年よりリニューアルしました。「知識学習」から「職場での実践や成果」につなげるため、「学び方」を一新しています。

本セミナーでは、「定番」プログラム改訂の背景とプログラムの概要をご紹介します。

提供:株式会社日本能率協会マネジメントセンター

講師

  • 宮田 克美

    宮田 克美氏

    株式会社日本能率協会マネジメントセンター シニアHRMコンサルタント

    1989年 大学院修士課程(応用物理学専攻)修了後、精密機器メーカーにて、開発担当として従事。問題解決・意思決定に関する教育コンサルティング会社にて、研修講師を務める。その後、株式会社日本能率協会マネジメントセンターに入社。新入社員〜管理職までの幅広い階層別研修やコンセプチュアルスキル研修の開発・講師を担当。

詳細を見る
閉じる