9/21 (木)12:55 - 14:25
受付終了
H15

同一労働同一賃金の衝撃 〜働き方のカギを握る新ルール〜

  • 人事全般
  • 労務
  • 働き方改革

【エグゼクティブ専用セッション】
政府が進める働き方改革の大きな柱のひとつでもある「同一労働同一賃金」。
このルールを基礎から理解するため、「なぜ、今政府が本制度の実現を目指すのか」「欧米と日本の違い」はどういう点か等、解説いただき議論していきます。

【モデレーター】楠田 祐氏

※対象:経営者、人事役員、部長クラスの方々限定

提供:ProFuture株式会社

講師

  • 山田 久氏

    山田 久氏

    株式会社日本総合研究所 理事 兼 主席研究員

    【研究・専門分野】 マクロ経済、経済政策、労働経済 【経歴】 1987年 京都大学経済学部卒業 1987年 (株)住友銀行(現三井住友銀行)入行 1991年 (社)日本経済研究センター出向 1993年 (株)日本総合研究所調査部出向 1998年 同 主任研究員 2003年 法政大学大学院修士課程(経済学)修了 2003年 日本総合研究所 経済研究センター所長 2005年 同 マクロ経済研究センター所長 2007年 同 ビジネス戦略研究センター所長 2011年 同 調査部長/チーフエコノミスト 2015年 京都大学 博士(経済学) 2017年 日本総合研究所 理事、現在に至る

  • 楠田 祐氏

    楠田 祐氏

    HRエグゼクティブコンソーシアム 代表(元 中央大学大学院 客員教授)

    NEC日本電気など東証一部エレクトロニクス関連企業3社の社員を経験した後にベンチャー企業社長を10年経験。中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)客員教授を7年経験した後2017年4月よりHRエグゼクティブコンソーシアム代表に就任。2009年より年間500社の人事部門を6年連続訪問。人事部門の役割と人事の人たちのキャリアについて研究。多数の企業で顧問なども担う。年間50回以上のセミナーに登壇。2014年は日本テレビNEWS ZEROのコメンテーターも担った。シンガーソングライターとしてもプロ活動している ◇主な著書 「破壊と創造の人事」(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)2011年は、Amazonのランキング会社経営部門4位(2011年6月21日)を獲得した。最新の著書は「内定力2017〜就活生が知っておきたい企業の『採用基準』」(出版:マイナビ)

詳細を見る
閉じる