9/21 (木)12:55 - 13:55
受付終了
D15

人事ビッグデータ時代の360度評価活用 〜論点と新しい実践例〜

  • 人事全般
  • 人事戦略
  • 調査
  • 人材開発
  • HRテクノロジー

講演紹介インタビューを見る

360度評価というと管理職研修のためのツールという認識がまだまだ一般的ですが、360度評価データは様々な分析に耐えうるもので、それを用いて、業績を上げる人や組織を予測する、いわゆる”HRテック”を実践することができます。その実践のイメージを事例とともにお話したいと思います。また、360度評価は多くの人を巻き込む人手を要するもので、前時代的な印象もあります。しかし、多くの人を巻き込むものであるからこそ重要なメッセージが得られ、組織文化の変革にそのままつながっていく、という側面もあります。そのような視点から、360度評価を本質的な組織開発ツールとして普及させ、定着させていく展望をお話します。

提供:株式会社トランストラクチャ

講師

  • 南雲道朋

    南雲道朋氏

    株式会社トランストラクチャ パートナー

    東京大学法学部卒業。電機・通信メーカーにてシステム開発向けメソドロジーの開発、日系及び外資系コンサルティング会社において、現場改善及び生産性向上コンサルティングに関与。その後、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング株式会社(現マーサージャパン)他において人事・組織コンサルティング、人材マネジメントへのIT活用のコンサルティングに従事。株式会社HRアドバンテージにおいて人材マネジメントを支援するウェブソリューション開発と普及を行い、現職。

詳細を見る
閉じる