9/19 (火)16:50 - 18:00
受付終了
B6

変革する人事

  • 人事全般
  • 人事戦略
  • 人材開発

近年、人事の役割は事業環境に対応する形で、大きく変化することが求められています。
人事が変革するために必要なことは何か、この先人事はどう変革していくべきか。
ジョンソン・エンド・ジョンソンHR Directorの黒川氏とスリーエム ジャパン執行役員の野川氏にこれまでの自身の経験や実績を踏まえ意見を伺い議論していきます。

【モデレーター】楠田 祐氏

提供:ProFuture株式会社

講師

  • 黒川 華恵氏

    黒川 華恵氏

    ジョンソン・エンド・ジョンソン メディカルカンパニー HR Director

    国内ITベンダーにて業務管理システム(財務管理、販売管理、人事管理)の技術営業、教育、導入管理業務を経験後、日本オラクル株式会社にて人事ERPシステムの国内企業向け技術営業、システム導入コンサルタント、教育コンサルタントを担当する。その後英国留学を経てキャリアチェンジをし、GE Corporate Japanにて組織人材開発マネージャー、GE Healthcareにて日本及びアジア・パシフィックの部門担当人事マネージャーとして複数事業部、部門の組織、人材戦略策定及び実行に携わる。2015年3月より現職Johnson & Johnson Medical Company JapanのHR Director。

  • 野川 真木子氏

    野川 真木子氏

    スリーエム ジャパン 執行役員 人事担当

    一橋大学卒業後、花王株式会社にて営業、人事企画、国際人事を担当後、人事コンサルティングファームを経て、2001年ゼネラル・エレクトリック(GE)に入社。人事リーダーシッププログラムを卒業後、日本、アジア・パシフィック、中欧・東欧地区においてコーポレート部門、金融部門、電力部門の部門人事を担当。2012年日本IBMに入社、IBM米国本社出向、GBS事業担当 人事執行役員を経て、2016年8月より現職。

  • 楠田 祐氏

    楠田 祐氏

    HRエグゼクティブコンソーシアム 代表(元 中央大学大学院 客員教授)

    NEC日本電気など東証一部エレクトロニクス関連企業3社の社員を経験した後にベンチャー企業社長を10年経験。中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)客員教授を7年経験した後2017年4月よりHRエグゼクティブコンソーシアム代表に就任。2009年より年間500社の人事部門を6年連続訪問。人事部門の役割と人事の人たちのキャリアについて研究。多数の企業で顧問なども担う。年間50回以上のセミナーに登壇。2014年は日本テレビNEWS ZEROのコメンテーターも担った。シンガーソングライターとしてもプロ活動している ◇主な著書 「破壊と創造の人事」(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)2011年は、Amazonのランキング会社経営部門4位(2011年6月21日)を獲得した。最新の著書は「内定力2017〜就活生が知っておきたい企業の『採用基準』」(出版:マイナビ)

詳細を見る
閉じる