9/19 (火)9:30 - 10:50
受付終了
B1

アナリティクス・RPAによる人事変革 2大HR Techの実践 ピープルアナリティクス・ロボティクス 日本企業の実践

  • 人事戦略
  • システム
  • 採用
  • HRテクノロジー
  • 働き方改革

デジタル時代において、人事部門がその競争力を維持していくためにはHRテクノロジーの活用は、もはや不可欠となってきています。本講演では、ピープルアナリティクス(人材データ活用による意思決定の高度化)、ロボティクス(人事定型業務の自動化)という、近年日本企業が取り組む2大HRテクノロジーについて、日本企業での実例を交えながら、その効果と進め方の要諦について解説します。

・ピープルアナリティクスの事例:(ハイパフォーマー要因分析・採用プロセスの自動判定/最適化分析・配置のミスマッチ防止、働き方の有効性分析等)
・ロボティクスの事例:(RPAによる、申請/確認業務などの人事定型業務の自動化)

提供:PwCコンサルティング合同会社

講師

  • 佐々木 亮輔

    佐々木 亮輔氏

    PwCコンサルティング合同会社 People & Organization パートナー

    PwCコンサルティングにおいて組織人事・チェンジマネジメントプラクティスのリーダーを務める。国連機関、大手監査法人、外資系コンサルティング会社を経て現職。国連機関での政策立案や政府機関での政策事業評価のほか、これまで約20年にわたり、多国籍組織の組織変革コンサルティングを専門に活動。組織再編と業務改革、働き方改革、チェンジマネジメント、タレントマネジメント、リーダーシップ開発など国内外の様々な変革プロジェクトの経験を豊富に持つ。アメリカとシンガポールにおける海外駐在経験が長く、日本だけでなく、アジアや欧米のベストプラクティスに精通。専門分野の講演や寄稿など多数。 早稲田大学卒、米国コロンビア大学修士課程修了。

  • 北崎 茂

    北崎 茂氏

    PwCコンサルティング合同会社 People & Organization ディレクター

    慶応義塾大学理工学部卒業。外資系IT会社を経て現職。人事コンサルティング領域に関して15年以上の経験を持つ。組織設計、中期人事戦略策定、人事制度設計から人事システム構築まで、組織/人事領域に関して広範なプロジェクト経験を有する。ピープルアナリティクスの領域においては、国内の第一人者として日系から外資系にいたるまで様々なプロジェクト導入・セミナー講演・寄稿を含め、国内でも有数の実績を誇る。現在は、人事部門構造改革(HR Transformation)、人事情報分析サービス(People Analytics)におけるPwCアジア地域の日本責任者に従事している。 HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)理事。

詳細を見る
閉じる