10/6(木)13:50 - 14:55
Coming Soon
C10

デジタル時代の新たな人材マネジメント「採用・退職はデータで予測される」 〜組織と人事を覚醒させる「HRアナリティクス」の最前線を大手コンサルファームの専門家が解説〜

この講座のカテゴリ

注目

ビックデータは、その世界を人事の領域にものばしつつある。PwCが実施した市場調査によれば54%の企業が人事・人材におけるデータ活用に高い関心を示しており、その勢いは日系・外資を問わず拡大しつつある。本セミナーでは、2016年度に実施した国内235社への市場調査の結果をもとに、日本と海外における人事データ活用(HRアナリティクス)の違いや、採用パフォーマンス予測・ハイパフォーマンス要因分析・退職リスク予測・ワークスタイル分析といった国内での先進事例の紹介、さらには日系企業が抱える課題と、その処方箋について解説する。

提供:PwCコンサルティング合同会社

講師

  • 作佐部 孝哉氏

    PwCコンサルティング合同会社 人事・チェンジマネジメント パートナー

    組織・人事のエキスパートとして、20年に渡り、大手企業のCHOや人事部長の方と経営観点での人事課題の解決や主要テーマの実行に取り組む。特に優秀人材の発掘、育成においては、大手自動車メーカーや消費財メーカーをはじめ国内外で数多くのプロジェクト責任者を務めている。また寄稿・出版やセミナー講演も多く、日経ヒューマンキャピタル2014ではステアリングコミッティメンバーとして、より経営に貢献できる人事となるためにアナリティクス活用の重要性を提言するなど、将来の人事やCHOのあり方についても数多くの知見を有している。

  • 北崎 茂氏

    PwCコンサルティング合同会社 人事・チェンジマネジメント ディレクター

    外資系IT会社を経て現職。人事コンサルティング領域に関して15年以上の経験を持つ。組織設計、中期人事戦略策定、人事制度設計から人事システム構築まで、組織/人事領域に関して広範なプロジェクト経験を有する。HRアナリティクスの領域においては、国内の第一人者として日系から外資系にいたるまで様々なプロジェクト導入・セミナー講演・寄稿を含め、国内でも有数の実績を誇る。現在は、人事部門構造改革(HR Transformation)・人事情報分析サービス(HR Analytics)におけるPwCアジア地域の日本責任者に従事している。

詳細を見る
閉じる