10/6(木)13:50 - 14:55
Coming Soon
A8

採用、育成、ダイバーシティを革新する人事がなすべきこと 〜生産性向上につながるオンライン動画活用事例紹介〜

この講座のカテゴリ

HR総研の最新調査によると、これから人事部門に期待される役割は「ビジネスへの貢献」が圧倒的に高くなっており、
今後、人事に対して生産性向上による経営への貢献がより強く求められてくることでしょう。

本トークセッションでは、日産自動車でグローバル人事、人員・人件費マネジメント、人事制度改定、リーダー育成、
新卒およびキャリア採用の部長職を歴任された経営人事パートナーズの山極 毅氏をお迎えし、生産性向上に向けて
人事がどう取り組むべきかについてお話を伺うとともに、社内のあらゆる領域で急速に広がり、生産性向上につながる
オンライン動画活用事例をNTTドコモ ライフサポートビジネス推進部担当部長の山本 哲史氏にご紹介いただきながら、
採用、育成、ダイバーシティ等の変革を推進するために人事がなすべきことはなにか、そこでオンライン動画活用が
いかに活用できるかについて、話し合います。

【協賛】 株式会社NTTドコモ

提供:ProFuture株式会社

講師

  • 山極 毅 氏

    株式会社経営人事パートナーズ 最高経営責任者(CEO)

    前職の日産自動車株式会社では、技術開発、商品企画、グローバル人事の3部門を経験。 27 年間勤務し、自動車ビジネスのほぼ全部署、全行程での実務経験を有する。 人事部では、人的資源管理プロセス(Strategic Workforce Planning)の導入とグローバル 関係会社への展開と定着、評価報酬制度の実力主義強化改良、新卒と中途採用等の責任者を経験。 2015 年度に担当した若手育成と採用プロセスの革新は社外多方面から評価され、 第4回 日本HR チャレンジ大賞人材育成部門優秀賞を受賞。 2016 年 4 月に株式会社経営人事パートナーズを設立し、最高経営責任者に就任。 現在、人事戦略デザイナーTMとして幅広い人事戦略立案のサポートを行っている。

  • 山本 哲史 氏

    株式会社NTTドコモ ライフサポートビジネス推進部担当部長 / 株式会社ドコモgacco取締役

    1994年 エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社(現NTTドコモ)入社。 iモードや金融関連サービスの新サービス開発に従事。その後、法人営業部門 にて新サービスの販売責任者としてBtoB販売を手掛ける。現在は日本初の大規模 オンラインオープン講座(MOOC)サービス"gacco(ガッコ)")を活用したBtoBビジネスを担当。

  • 寺澤 康介

    ProFuture株式会社 代表取締役社長 / 中央大学大学院 戦略経営研究科 客員教授

    1986年慶應義塾大学文学部卒業。同年文化放送ブレーン入社。2001年文化放送キャリアパートナーズを共同設立。常務取締役等を経て、07年採用プロドットコム株式会社(10年にHRプロ株式会社、2015年4月ProFuture株式会社に社名変更)設立、代表取締役社長に就任。約6 万人以上の会員を持つ日本最大級の人事ポータルサイト「HRプロ」、約1万5千人が参加する日本最大級の人事フォーラム「HRサミット」を運営する。 約25年間、大企業から中堅中小企業まで幅広く採用、人事関連のコンサルティングを行う。週刊東洋経済、労政時報、企業と人材、NHK、朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、アエラ、文春などに執筆、出演、取材記事掲載多数。企業、大学等での講演を年間数十回行っている。

詳細を見る
閉じる