10/6(木)10:50 - 11:50
Coming Soon
E11

『営業人材育成プロジェクトの進め方・立て直し方』 〜成果に繋がる取組みと、徒労に終わる取組みの分岐点とは?〜

この講座のカテゴリ

※本内容は、下記のような方向けの内容です。
□ 営業人材育成プロジェクトを社内で推進しているが、課題が山積みで何から手をつけたらよいか分からない。
□ 投資や時間に対して成果が得られていない。等

近年、多くの市場では競争が激化、
生き残りをかけて、多くの企業では「営業力・営業人材の強化」に力を入れています。

・「ヒアリング力強化」 ・「プレゼン力向上」 ・「魔法のクロージング力習得」 ・「コミュニケーション力向上」

同じように投資し、時間をかけて取り組んでいるにも関わらず、
取り組みが成果に繋がっている企業と、期待するほどの成果を出せていない企業があります。

両者を分ける分岐点とは何でしょうか?

4500社以上のソフトブレーングループの営業分析データから
成果につながる営業人材育成プロジェクトに必要な4要素についてお話します。
また、営業人材育成プロジェクトが進まなかった企業が、
4要素を取り入れることで、1年で売上目標165%を達成したケースをご紹介いたします。

2016年度目標達成に向け軌道修正がきく今だからこそ、
人材育成への投資や時間を無駄にしないためにも、是非、本セミナーをご受講ください。

提供:ソフトブレーン・サービス株式会社

講師

  • 野部 剛氏

    ソフトブレーン・サービス株式会社 代表取締役社長 一般財団法人 プロセスマネジメント財団 代表理事

    早稲田大学卒業後、野村證券へ入社。本店勤務。4年間一貫して、リテール営業。トップ営業マンとして活躍。2005年5月ソフトブレーン・サービス株式会社入社。執行役員を経て2010年7月に代表取締役社長に就任。(著書)『営業は準備力: トップセールスマンが大切にしている営業の基本』『90日間でトップセールスマンになれる最強の営業術』(ともに東洋経済新報社)、『成果にこだわる営業マネージャーは「目標」から逆算する!』(同文舘出版)等がある。

詳細を見る
閉じる