【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.53 コロナ禍がZoomにもたらした3つの変化

Jen Colletta | July 1, 2021
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
Zoomは、オンラインでのコミュニケーションは勿論、採用から業務管理まで、従業員のライフサイクルを管理するための世界共通のツールとなりました。 では、Zoom社自身は、社内の人事業務をどのように管理しているのでしょうか?

3 remote work lessons Zoom is building into its post-pandemic plans

On March 4, 2020, Zoom Chief People Officer Lynne Oldham was driving on Route 101, heading to a meeting in San Francisco, when she got “the call.” Company leaders were brainstorming how to keep employees safe amid the growing coronavirus crisis. At the time, 85% of “Zoomies” worked in the office, and Oldham started strategizing for how to get them home safely and effectively over the coming week or so—but the leaders on the other end of the call suggested they make the move that day.

By the time she did a U-turn and looped back to San Jose, Oldham was met with a “brigade” of employees walking out of the building carrying office chairs and equipment.

Now, she recalls that seminal day in a larger, symbolic context: as the moment HR leaders were given the opportunity to press pause, make a big U-turn and reconsider everything they had been doing—primarily when it comes to remote work.

Nearly a year-and-a-half into the pandemic, employers are at a “tipping point” on that front. Oldham, a more than 20-year HR veteran, says previous on-site mandates “proved archaic” during the pandemic, and employers are finally recognizing that flexible work situations are the key to future organizational success.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員