【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.52 バーチャルリアリティを研修に活用したウォルマートの事例

Kathryn Mayer | July 2, 2021
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
新型コロナウイルスの流行で、オンライントレーニングが常態化しました。オンライン革命の次のステップは「バーチャルリアリティ」です。ウォルマートが導入した「VR研修」の事例は、あなたの会社にも参考になるのではないでしょうか。

Walmart’s solution to teaching workers kindness: virtual reality

It’s no secret that the past year has been a balancing act of emotions. COVID-19, a contentious election and civil unrest have made empathy and hard discussions imperative, often while emotions and polarization are running high. It also has been a difficult year for employees who work at brick-and-mortar locations like Walmart and interact with customers—whether those conversations are good or bad.

“With the pandemic, you think, how do workers engage with and interact with customers? You think about empathy; do all of our associates take time to think about how [the pandemic has]impacted our customers? How do they deal with difficult conversations that could occur?” Heather Durtschi, senior director of learning, content design and development at Walmart, said last week during an HRE webinar.

To help its workers have hard conversations, Walmart has relied on virtual reality training that enables employees to prepare for these incidents and practice kindness during stressful and challenging times.
◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員