【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.39 急速な働き方の変化に対応し従業員体験(EX)を向上させる、HRテクノロジー最新事例

Carol Patton | February 5, 2021
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
オンラインで仕事をしながら他の人とつながるために使用しているテクノロジーの質と実用性が、仕事の満足度に大きく影響することは間違いありません。 ニューノーマルの時代、どのようなツールやテクノロジーが従業員体験の向上に役立つでしょうか?

Here’s a look at today’s fast-changing employee experience technology

Since the pandemic has forced many employees to work remotely, some employers are turning to technology to tackle the employee engagement and experience challenges that shift has brought to workplaces.

According to a survey last year by the International Data Corp. of more than 500 company executives, 45% of U.S. respondents said they anticipate demand for enhanced employee engagement software in the wake of the pandemic.

And tech providers are delivering. Beyond such giants as Workday, which recently bought engagement platform Peakon, and Microsoft, which this week announced its employee experience-focused platform Microsoft Viva, other companies are paying attention too.

Here’s a look at a few.

Global technology firm WalkMe, for example, has created a digital adoption platform that acts like the GPS on your car or phone. By providing step-by-step instructions for navigating applications or software programs, it aims to help employees avoid frustration, confusion or software abandonment. “This platform sits between users and underlying applications,” says Rafael Sweary, president and co-founder of WalkMe. “It’s doing very unique things for employee engagement.”

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員