【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.36 HRテクノロジー導入をスマートかつ倫理的に進めるための5つのコツ

Jen Colletta | October 13, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
HRテクノロジーの選定を担う企業のリーダーは、組織のために新しいソリューションを導入する際には、全てのステークホルダーに対して有益性を確保する必要があります。「賢明で倫理的」なHRテクノロジーを選ぶためには、どうすればいいのでしょうか?

5 tips for making smart, ethical HR tech decisions

Health, safety and ethics are the new trifecta of HR’s mandate, says HR thought leader John Sumser. But, unlike many other aspects of the HR role—in which leaders are encouraged to take quick and decisive action—these are issues that can’t be rushed.

As workplaces around the world are in varying stages of reopening, and many are turning to long-term remote work, safety should remain a top priority, says Sumser, founder and principal analyst of HRExaminer.com. But, it’s important to take a holistic view of safety—one that encompasses physical, as well as mental, emotional and financial, as well as machine safety, or the impact of intelligent tools on the employee and organization.

That’s a tall order, especially given the still-unfolding pandemic. Sumser points to recent research that COVID-19 can set off conditions like diabetes in formerly healthy patients.

“We are going to be sifting through a whole generation of disability types and ideas in the wake of the pandemic,” he says. “We really don’t understand the consequences just yet.”

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員